このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

【メインストーリー第67話】かつての戦友

投稿者:
【プロデューサー】KAZ

〇転送装置

 

 

一方その頃、準備を終えたスターフォール組は

転送装置で現地に向かおうとしていた。

 

エリシア

「すみません。検診に時間が掛かってしまって

遅くなっちゃいましたね…。」

 

 

 

シュン

「大丈夫だ。こっちも戦力に心配があったから

入念に準備を行っていたので問題はない。」

 

 

 

エリシア

「あ、ありがとうございます…!

あの…シュンさんって優しいですね。」

 

 

 

シュン

「…優しくはない…。

俺はただ事実を言っただけだ…。」

 

 

 

スプーキー

「ン ナンダ?

イイカンジ ッテヤツカ?」

 

 

 

エリシア

「イイカンジ…?」

 

 

スプーキー

「イヤイヤ ナンデモ ナイ

テンソウ スルノカ?」

 

 

 

シュン

「スターフォールのキャンプDに飛ばしてほしい。

沈んだ廃ビルの近くにあるトレーダーキャンプだ。」

 

 

 

スプーキー

「ソコデ イインダナ!

ジャ トバス…」

 

 

 

???

「ちょ~~~っとっ!待った~~~っ!!」

 

 

 

スプーキー

「ナンダ ナンダ」

 

 

 

エリシア

「あっ!フェローさん!」

 

 

フェロー

「ま、間に合った~…。

借りたティーガーにドッグシステムを

搭載しておいて…よ、よかった…。」

 

 

 

エリシア

「どこに行ってたんですか?」

 

 

 

フェロー

「ちょ、ちょっとね…。」

 

 

 

シュン

「マスターさんから連絡は受けていた。

これで全員揃ったようだな。」

 

 

 

フェロー

「…さすがマスター…。」

 

 

 

スプーキー

「ジャ キヲトリナオシテ…

トバスゼー!」

 

 

 

スプーキーが装置のスイッチを押すと

フェロー達は白い光に包まれた。

 

 

〇スターフォール SFキャンプD

 

シュン

「着いたな。」

 

 

 

フェロー

「ふぅ。スターフォールもなんか久しぶりだね~。」

 

 

 

エリシア

「はい!実家のような安心感ですねっ!」

 

 

 

フェロー

「スターフォールと言えばキミと初めて探索したのもここだったよね。

アマモ跡地で解除キーを見つけて…

ミトラからエリシアちゃんを取り出したんだよね~。」

 

 

 

エリシア

「と、取り出したって…。」

 

 

 

バルドゥール

「ヴァウ!」

 

 

 

フェロー

「ってうわぁ!!

い、犬も一緒なの忘れてたぁぁぁぁ!!」

 

 

 

エリシア

「バルドゥールさん、とっても可愛いですよ。

よしよし、よしよし。」

 

 

 

バルドゥール

「ヴァウ!ヴァウ!」

 

 

 

フェロー

「ひぃぃぃぃっ!!」

 

 

 

シュン

「さて、目的の場所は『BG研究所』だな。」

 

 

フェロー

「あ、はいはい~。えーっと、

 

BG研究所の正式名称は生物遺伝子工学研究所。

一時期GORO’sさん達も利用していたこともあるみたいで、

クローン体の技術を用いて、何か実験を行っていたみたい。

 

…なんか旧統合軍と関係なさそうだよね…。」

 

 

 

シュン

「聞いた話によると、GORO’s達は旧統合軍が

この施設を何かしらの理由で破棄し

廃墟になってたところを再利用していたみたいだ。」

 

 

 

フェロー

「なるほど~。

施設の名前から察するに、もしかすると

『アンチノア・チルドレン』のような人体実験が

行われていた施設かもしれないね…。」

 

 

 

エリシア

… …。

 

 

 

フェロー

「ん?エリシアちゃんどうしたの?

すごい顔してるけど…。」

 

 

 

エリシア

「…え?あぁ、いえ!

何でも無いです!」

 

 

 

フェロー

「ううん…そう?うん?」

 

 

 

シュン

「じゃ、BG研究所に向かうするか。」

 

 

 

フェロー

「あたしはキミのパンターに乗るとして…

バルドゥールはシュンさんのストリッツヴァグンに乗る感じかな?

 

さ、さすがに歩きは可哀そうだし…

ほ、ほら一緒に乗るの嫌だし…。(ボソ)」

 

 

 

シュン

「ああ、それで構わない。」

 

 

 

バルドゥール

「ヴァウ!」

 

 

 

フェロー

「でも、BG研究所って

河童の森の近くだからだいぶ遠いね…。

SFキャンプEからの方が良かったんじゃ…。」

 

 

 

シュン

「確かに近いが、キャンプE周辺の砂漠地帯には

『戦車の亡霊』とも噂されているイエロバスタードが

広範囲で出現するらしいからあえて避けたんだ。

 

俺も実際に見た事は無いが…。」

 

 

 

フェロー

「もし見つかったら終わりだね…。

でもここからでも途中危険な賞金首もたくさんいるし…。

日が明るいうちに何処か安全に泊れる場所を探さないと…。」

 

 

エリシア

「『戦車の亡霊』で思い出したんですけど…。

 

この前酒場でご飯を食べている時に戦車の墓場という場所で

戦車の亡霊を見たという話を耳にしました。」

 

 

 

フェロー

「戦車の…、亡霊…?」

 

 

 

エリシア

「はい…。なんでも骸骨の主砲で禍々しい色をした

戦車が現れるとか…。」

 

 

 

シュン

「…!! その戦車はクローズの戦車だ…。」

 

 

 

フェロー

「クローズ…?

シュンさんはその戦車の所有者と知り合いなの?」

 

 

シュン

「ああ…。クローズは新統合軍『黒鴉(レイヴン)』の隊長で

『死神』『魂を狩る者』と恐れられていた男だ。」

 

 

 

フェロー

「という事はシュンさんも、その『れいぶん』にいたって事?」

 

 

 

シュン

「そうだ。色々あって今は賞金稼ぎをやっているが

俺もかつて軍に所属していた。

クローズとは何度か戦場を共にした仲だ。」

 

 

 

エリシア

「あっ!思い出しました!

その人、船長さんの親友だったってこの前本人からお話を聞きました!

 

エルピス作戦で消息不明になったと言っていました…。」

 

 

 

シュン

「消息不明…。本当か!?」

 

 

 

エリシア

「はい…。今は生きているか死んでいるのかさえも

わからないと言っていました…。」

 

 

 

フェロー

「という事はその戦車の亡霊は

本当の亡霊なんじゃ…。ひぃぃっ!!」

 

 

 

エリシア

「とにかく船長さんに連絡してみませんか?

クローズさんの事気にかけていましたし…。」

 

 

 

フェロー

「わ、わかった!連絡してくる!

シュンさん、ちょっと戦車の無線貸して~!」

 

 

 

シュン

「あ、ああ…。

 

しかし…、本当にその亡霊とやらがクローズの戦車だとしたら

消息不明になった後、生きていた可能性はある…。」

 

 

 

エリシア

「そうですね!

亡霊のわけないですよね!」

 

 

 

フェロー

「ふぅ~。船長さんに連絡してきた~。

これから準備して向かうって。

SFキャンプAで落ち合う事になったよ。」

 

 

 

エリシア

「SFキャンプA?また転送ですか?」

 

 

 

シュン

「確か『戦車の墓場』は砂漠にあるサメの巣の上だったな。

ここからじゃ遠いし、道中にハゲタカヤーボが飛んでいるから

転送で向かった方が良さそうだな。」

 

 

 

フェロー

「よし、じゃ時間も掛かるだろうし

あたしたちは先にSFキャンプAに向かおう。」

 

 

─ 1時間後…

 

 

〇スターフォール SFキャンプA

 

 

先にキャンプAに着いたフェロー達は待っていると

しばらくして黒い戦車が近づいてきた。船長の戦車だ。

 

 

オフィサー

「すまない、遅くなってしまった。」

 

 

 

フェロー

「もう遅いよ~、船長さん!

おこだよ!ぷんぷん!」

 

 

 

シュン

「お前、キャラ変わってないか…?」

 

 

 

エリシア

「この戦車が前にお話しした

『しゅばるつれーべ』ですか?

とってもかっこいいです!」

 

 

 

オフィサー

「うむ。私が現役時代使っていたIV号戦車H型だ。

 

正直もう動かないかと思ったが、

エンジニアがしっかりとメンテナンスしてくれていたおかげで

現役の頃とほとんど感覚が変わらないよ。

さすがエンジニアだな。」

 

 

 

エリシア

「エンジニアさんすごいです!」

 

 

 

オフィサー

「うむ。エンジニアに聞いたら『そんな事もあろうかと、バッチリ整備しておいたよ!』と言われたよ。ハッハッハ。」

 

 

 

フェロー

「エンジニアって本当にマメだよね~。

 

そういえば、待っている間に『戦車の墓場』について

色々調べてみたんだけど…。

元は壊れたり破棄された戦車の残骸を捨てる

いわゆる”廃棄場”だったみたい。」

 

 

 

シュン

「だから、戦車の”墓場”なんだな…。」

 

 

 

フェロー

「うん。ただ、今はナノパンデミックの影響や

エルピス作戦で亡くなった人達が多くなった影響で

今は戦死者が眠る墓場にもなってるって…。

 

そこら中に人が埋葬されていて十字架が立っているみたい…。」

 

 

 

バルドゥール

「クゥーン…。」

 

 

 

オフィサー

「あまりにも多くの人を失ったとはいえ、残骸と同じように

廃棄場に埋葬されているとはいたたまれない…。

何とかしてあげたいところだが…。」

 

 

 

エリシア

「そうだ!私たちで新しいお墓作ってあげませんか!

眺めの良い…うん、海の見える丘の上とか!」

 

 

 

オフィサー

「はは、そうだな。

この件が片付いたらランドシップ総出で

取り掛かるとしよう。」

 

 

 

エリシア

「はい!きっとみんな喜ぶと思います!」

 

 

 

フェロー

「エリシアちゃん…。うぅ…こんなに優しい子に育って…。」

 

 

 

シュン

「よし。じゃ、戦車の墓場に向かうか。」

 

 

 

オフィサー

(クローズ…。本当にお前なのか…?)

 

 

To Be Continued…


【メインストーリー第66話】クルーウティダンス

投稿者:
【プロデューサー】KAZ

○司令室

 

一方その頃ランドシップでは…

 

 

オペレーター(あつサバ)

「船長、マスターより通信が入っています。」

 

 

 

オフィサー

「うむ、繋いでくれ。」

 

 

マスター

「こちらレイクランド組、水色の鍵を回収した。

少し休憩を取ったらランドシップに戻る。」

 

 

 

オフィサー

「おお、そうか。ご苦労だった。」

 

 

 

マスター

「あ、あとフェローが大急ぎでそっちに戻ってる。

着いたらスプーキーにスターフォールに即飛ばしてくれと伝えてくれ。」

 

 

 

売店の店員

「あっ!フェローさんなら先程ドッグシステムで戻ってきました。

すごく慌てた様子で、転送装置の方に向かいましたよ。」

 

 

 

マスター

「早いな…。了解した。

じゃ、通信を切るぞ。」

 

 

 

オフィサー

「う、うむ。引き続き、よろしく頼んだぞ。」

 

 

 

オペレーター(無責任)

「え?マジ?

ちゃんとスターフォール組って伝えたんだどなぁ~。」

 

 

 

オペレーター(子犬)

「ははは、フェローさんらしいですね…。」

 

 

 

オフィサー

「ううむ…。

そういえば、例の結果は出たかね。」

 

 

オペレーター(ゆるふわ)

「はい。エリシアさんを診断した結果、

まだ本人には伝えていませんが、

特殊な感覚障害に陥ってる事がわかりました。」

 

 

 

売店の店員

「感覚障害…ですか?」

 

 

 

オペレーター(ゆるふわ)

「はい。現状は味覚のみに影響を確認しています。

 

エリシアさんが食事をした際、味がわからなかったのも

この感覚障害によるものです。」

 

 

 

オペレーター(天真爛漫)

「えっ!?現状はって事は…

他にも影響が出るの!?」

 

 

 

オペレーター(ゆるふわ)

「はい…。診断結果によると、

さらに進行すると触覚、痛覚、温度覚のみならず、

聴覚、視覚にまで将来的に影響が出る可能性がある、との事でした…。」

 

 

 

オペレーター(イケメン女子力)

「聴覚、視覚って…。

耳が聞こえなくなったり、目が見えくなったりするって事よね?

ただ事じゃないわ。」

 

 

 

オフィサー

「…やはり”あの力”の副作用なのか?」

 

 

オペレーター(ゆるふわ)

「いえ。エリシアさんが首に付けている

装置の影響だと思われます。」

 

 

 

オフィサー

「首の装置…。」

 

 

 

メタルショップ店員

「あの…珍しいデザインのやつ…?」

 

 

 

オペレーター(ゆるふわ)

「首の装置については、エリシアさんがここに来てから

ずっと研究室で解析を進めていました。

 

解析は困難を極めていましたが、最近あの装置には

『ミトラのような副作用』が存在している事が判明しました。」

 

 

 

オフィサー

「確か…ミトラは時間が経つにつれ

全身の細胞が蝕まれていき、

最悪植物人間になるという話だったな…。」

 

 

 

オペレーター(ゆるふわ)

「はい。首の装置はエリシアさんの力を制御しています。

 

装置を付け続けると、力を制御する代償として

今回のように特殊な感覚障害に陥るという事がわかったんです。」

 

 

 

オフィサー

「力を制御する代償…。

本当に代償はそれだけなのか…?」

 

 

 

オペレーター(ゆるふわ)

「現在も尚解析を進めていますので

断言はできません…。

 

何しろ”大破壊前のロストテクノロジー”に

よって作られた『オーパーツ』の可能性がありますから…。

 

しかも、誰かにより手が加えられた形跡もあり

未知数な部分が多いんです。」

 

 

 

メタルショップ店員

「やっぱり…オーパーツ…。」

 

 

オフィサー

「ううむ、予想より深刻な事態だ。

しかし、あの装置を外すとまた暴走してしまう恐れがある…。

 

一体どうすればいいのだ…。」

 

 

 

○湾岸ビルC棟 内部

 

一方その頃グレートウォール組は…

 

???

「ん~?あら…。

どこかで聞いた声かと思ったら

白百合じゃない…♡

 

お~ひ~し~ぶ~り♡ アハハッ♡」

 

 

 

白百合

「闇桜(やみざくら)…!」

 

 

 

闇桜

「あら…覚えててくれて嬉しい♡

まぁ、覚えてなければその綺麗な顔を

グチャグチャにしてやるところだったけど♡」

 

 

 

ニーナ

「なんかヤバイヤツだな…。

こいつ…、白百合の知り合いか?」

 

 

白百合

「ええ…。わたくしと同じ『櫻花』の精鋭部隊に

所属していたNO.3です。

 

彼女はエルピス作戦で行方不明になり、

『戦死した』とされていたのですが…。」

 

 

 

ニーナ

「なるほど。元同僚ってワケね。

しかし、鎌使いか…。厄介だねぇ。」

 

 

 

ドクター

「それじゃ…、この子は電撃か何かで蘇ったという事?

私は蘇生した覚えがないけれど…。」

 

 

 

闇桜

「失礼ねぇ。ちゃんと生きてるわよ。」

 

 

 

白百合

「…生きているなら、何故あの時戻らなかったのだ!」

 

 

 

闇桜

… …。

 

 

 

白百合

「わたくしも…紅葉も…

皆お前の事を心配していたのだぞ!!」

 

 

 

闇桜

「チッ…うるさいわねぇ…。」

 

 

 

白百合

「闇桜!聞いているのか!

しかも、ここで一体何をしているのだ!」

 

 

闇桜

「ハァ…、あのさ…少し黙ったら?

それとも黙らせてあげようかしら?」

 

 

白百合の問いにも答えず、

襲いかかる闇桜。

 

ガキンッ!!

 

闇桜の大鎌の大きな振りを

刀で受け止めるも攻撃が重く、

耐え続けられるのも時間の問題だ。

 

 

白百合

「くッ…!」

 

 

 

闇桜

「アハっ…♡

あたしの気持ち受け止めてくれたかしら?♡」

 

 

 

ニーナ

「これでもくらいな!」

 

 

ニーナは闇桜にクイックチェンジ(3回攻撃)を

繰り出したが、闇桜の華麗なる体さばきに

全て避けられる。

 

 

 

闇桜

「わおっ。」

 

 

 

ニーナ

「くっ!! …上等だ!」

 

 

 

闇桜

「危ないオバさんねぇ。

あたしの綺麗な服が汚れるところだったわぁ。」

 

 

 

ニーナ

「お、オバ…!」

 

 

 

闇桜

「お返しよ♡オ・バ・サ・ン♡

 

鎌鼬(かまいたち)!!」

 

 

ザシュザシュザシュザシュザシュッ!

 

闇桜は5回の連続斬撃を繰り出し、

ニーナの体にヒットさせた。

 

 

ニーナ

「ぐぁッ…!!」

 

 

 

闇桜

「あたしの『残花(ざんか)』の切れ味はどうかしら♡

 

ネぇ…痛い…?

そりゃ痛いわよねぇ。アハハハハッ!」

 

 

闇桜の長身を活かしたリーチと、

柔らかい体を活かした、しなやかな動きに翻弄される

白百合とニーナ。

 

 

ニーナ

「こいつ、強い…!

本当に…、No.3なのか?!」

 

 

 

白百合

「…以前手合わせをした事は何度かありますが、

その時に比べ格段に強くなっていますね…。」

 

 

 

闇桜

「No.3、No.3うるさいわねぇ…。

誰がそんな序列なんて決めたのよ!!

 

黙らせてあげるわ。鎌切(カマキリ)!!」

 

 

闇桜は回転しながら連続斬撃を繰り出し、

ニーナの体に複数回ヒットさせた。

 

 

ニーナ

「ぐはぁッ…!!」

 

 

 

ドクター

「…ニーナさん!!」

 

 

 

闇桜

「アハっ…♡ 全部当たった♡」

 

 

ニーナ

「くっ…!コイツの踊ってるような動きが

トリッキー過ぎてアタシの速さでも避けれない…!」

 

 

 

白百合

「軍にいた当時から彼女の動きは、

『まるで踊っているようだ』と言われており、

その事から『クルーウティダンス(残酷な踊り)』という

肩書が付けられていました…。」

 

 

 

ニーナ

「ふんっ…。クルーウティダンスねぇ。

たいそうな肩書が付けれられていたじゃないか。」

 

 

 

白百合

「しかし、引っかかるのですよね…。」

 

 

 

ニーナ

「ん…?、どうした?」

 

 

 

白百合

「軍にいた頃の闇桜は今のような残虐的な性格では無く、

どちらかというと存在感のないもっと暗い子だった記憶が…。」

 

 

 

闇桜

「あはは、昔は昔よ。今のあたしは前のあたしとは違うの♡」

 

 

白百合に斬りかかる闇桜。

 

ガキンッ!!

 

かろうじて刀で攻撃をはじくが、

やはり攻撃が重く、膝をつく白百合。

 

 

白百合

「ぐッ…!」

 

 

 

闇桜

「アハハハハッ!

膝まづいた姿がお似合いよ、白百合♡

 

フンッ…。無様ね。」

 

 

 

ニーナ

「ちゃんと後ろにも目を付けときなッ!」

 

 

闇桜に一瞬隙が出来た瞬間、

ニーナが背後にまわり、斬ろうとするが…

 

ダンッ!!

 

闇桜の腰に付けた電動火縄銃を撃たれ、

疾風のニーナの名の如く瞬時に避けるが、

肩に弾丸を受けてしまう。

 

 

ニーナ

「ぐッ…!クソッ…、駄目か…!」

 

 

 

闇桜

「鏡花水月(きょうかすいげつ)の威力はどうかしら♡

アハっ…血の匂いがするわ…♡」

 

 

 

ドクター

「くッ…。

ん?あれ?!白百合ちゃん!

マンイーターの死体がないわ!」

 

 

 

白百合

「何!?…死んでいなかった?!」

 

 

闇桜に光学迷彩で姿を消し、

突如襲い掛かるマンイーター。

 

マンイーター

「グルルルッ…!!」

 

 

 

闇桜

「キャッ!!」

 

 

 

白百合

「危ないッ!」

 

 

ガシュッ

 

 

闇桜をかばい、

マンイーターの攻撃を喰らう白百合。

 

白百合

「…ぐっ!!」

 

 

 

闇桜

「あはっ…かばってくれたのね♡

 

フンッ…。バカなやつ。」

 

 

そう言い放ち、闇桜は白百合に

鎌を振り下ろした。

 

ズシャ…!!

 

闇桜

「ばいばい♡」

 

 

 

To Be Continued…