このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

【メインストーリー第58話】謎の機械

投稿者:
【運営】担当

———————————————————-

 

エリシアはまた夢を見ていた。

 

 

エリシア

(…また…夢…。)

 

 

夢の中に断片的な光景が浮かんでくる。

以前夢で見た研究室のような部屋だが、

前より部屋は暗く、明かりは少ない。

 

 

父親?

「ッ!全く…どいつもこいつも…。」

 

 

エリシア

(…お父さん…?)

 

 

 

目の前にいる父親のような男は

何かにすごくイラ立っている様子だった。

 

それに以前見た姿とは別人のように

髪はボサボサで無精髭を生やしていた。

 

 

ふと下を見ると眠っている自分の姿があった。

 

エリシア

(また…私がいる…。)

 

 

 

自分と同じ姿の少女に触れると、

体温を失ったように冷たくなっていた。

 

 

 

エリシア

(…氷のように…、冷たい…。)

 

 

 

ふと、前を見直すと父親と思われる男は、前の夢でもみた

マイクロチップのような小型の機械に

金属を何度も接合する作業を繰り返していた。

 

 

 

エリシア

(前に夢で見た機械だ…。お父さん何をしているの…?)

 

 

 

父親?

「私を狂気の科学者なんて呼びやがって…。

もしこれが成功したら、科学の常識を覆せるんだぞ!!」

 

 

 

父親?

「エリシア待ってろよ…。必ずお前を…。」

 

 

 

目の前が真っ暗になり、目を開くと

目の前に父親が覗きこんでいた。

これは私の記憶…?

 

 

 

エリシア?

「ぅ…ぅ…ん…。」

 

 

 

父親?

「…エリシア…!目を覚ましたか…!!」

 

 

 

エリシア?

「ここは…どこ…?私は…?」

 

 

自分が誰なのかここが何処なのか全くわからない。

 

 

父親?

「記憶が欠落しているのか…無理もないか…。」

 

 

 

エリシア?

「記憶…?何も…わからない…。」

 

 

思い出そうとすると頭に激痛が走る…痛い…。

 

 

父親?

「身体はどうだ?違和感とかはないか?」

 

 

 

エリシア?

「身体…、たぶん…大丈夫…。」

 

 

 

父親?

「そうかそうか…!

立てるか…?ほら、こっちへ。」

 

 

 

父親に言われるがままベッドから起きようとした瞬間

目の前がまた真っ暗になった。

 

 

 

○ラボ

 

 

???

「… … シア ちゃん!!…」

 

 

 

暗闇の中でまた誰かの声が響く。

 

 

 

???

「…エリシアちゃん!!」

 

 

エリシア

「うぅ…ん…。」

 

 

目を開けると、目の前には

フェローが心配そうに覗きこんでいた。

どこかで見た光景だ。

 

 

 

フェロー

「エリシアちゃん!!大丈夫!?」

 

 

 

エリシア

「んっ…。

わ…たし…、眠っていたのでしょうか…。」

 

 

ドクター

「皆がパンドラに駆け付けた時には、

レッドフォックスと一緒に倒れていたそうよ。」

 

 

 

エリシア

「レッドフォックスさんが…?」

 

 

 

レッドフォックス

「あー……。うん。

何か嫌な匂いがしたから、

覗きに行ったんだけど…、情けないねぇ……。」

 

 

 

エリシア

「そういえば!!

アラドはッ…!!」

 

 

 

レッドフォックス

「映像が消えたみたいに、いなくなっていた…。

ほん、と…よくわからないヤツだねぇ。」

 

 

 

エリシア

「…そうですか…。」

 

 

 

フェロー

「そう言えばエリシアちゃん。

アラドとは何か話したの?」

 

 

 

エリシア

「はい…。

アラドがこんな事を言っていました…。

 

 

扉を開ける為には私の”本来の力”を発揮してもらう必要がある。

だがお前のその力は、まだ自分で

コントロールすることができない。と…。」

 

 

 

マスター

「エリシアの”本来の力”か…。

他にアラドは何か言っていたか?」

 

 

 

エリシア

「その後は…。よく覚えてないんです…。

目の前が急に真っ暗になって…。

ごめんなさい…。」

 

 

 

フェロー

「いやいやいや!

エリシアちゃんは謝らなくていいんだよ!」

 

 

 

ドクター

「そう言えば、エリシアちゃんがいない間に

お父さんの事が少しわかったのよ。」

 

 

 

エリシア

「…え?本当ですか…!」

 

 

 

フェロー

「ちょっ…、

ちょっと!ドクター!」

 

 

 

ドクターはフェローの訴えに対し

「わかっているわ。」と言っているように

無言でうなずいた。

 

 

ドクター

「エリシアちゃんにも知る権利はあるわ。

あのね、エリシアちゃん。

 

この船、ランドシップはね、

あなたのお父さんが開発していたものなのよ。」

 

 

 

エリシア

「えっ…。

ランドシップを…お父さんが…?」

 

 

 

ドクター

「そうよ。フェローちゃん達が

この船の貨物倉を探っていた時に

ランドシップの設計図を見つけたの。」

 

 

 

フェロー

「…。うん…。」

 

 

 

エリシア

「そうなんですか…。

でもなぜお父さんが作ったんだって

わかったのでしょうか…。」

 

 

 

ドクター

「REVIVE SYSTEM(リバイブ・システム)

お父さんが研究していた『キャンサー』を無効化する

ワクチンの技術がこのランドシップに活かされていたの。」

 

 

 

エリシア

「お父さんは…あの後にちゃんと

研究を成功させていたのですね…。」

 

 

 

ドクター

「そうみたい。だからお父さんは何処かにまだいるかもしれない。

諦めずに探しましょう。」

 

 

 

エリシア

「…はい!!

少し元気が出ました…。

皆さん、本当にありがとうございます…。」

 

 

 

ドクター

「うふふ、いいのよ。

早く元気になってまたお父さんを探しましょう。」

 

 

 

マスター

…。

 

 

エリシア

「あっ…、そういえば…。

私、さっき変な夢を見ました…。」

 

 

 

フェロー

「どんな夢を見たの?」

 

 

 

エリシア

「夢の中にお父さんがいました…。

 

そして、そのすぐ近くに

氷のように冷たくなった私が寝ていました…。」

 

 

 

フェロー

「ミトラの中にいたのかな…?」

 

 

 

エリシア

「いえ…前にも夢で見たんですけど、

検査台のようなところに寝ていました…。

 

寝ている私にお父さんは小型の機械のようなものを

私の身体に…付け…、いや、埋め込もうとしていたみたいです…。

 

急に目の前が真っ暗になって…

そこから目を覚ますと記憶が無くなっている自分がいました…。」

 

 

 

フェロー

「なんか…、すごくリアルな夢だね…。」

 

 

 

エリシア

「はい…。何がなんだか自分でも

よくわからなくて…。」

 

 

 

ドクター

「小型の…機械…。なるほど…。

えーっとね、エリシアちゃん。」

 

 

 

エリシア

「はい?」

 

 

 

ドクター

「あなたには黙っていたけれど…。

 

エリシアちゃんの体には夢で見たように

何かの機械が埋め込まれてるわ。

あなたがここに来て検査していた時にそれが判ったの。

 

ただ…色々調べてはみたけど

その機械が未だに何なのか判らないの。」

 

 

 

エリシア

「…あれは夢じゃ…なかったんですね…。

では、やっぱり…お母さんも…。」

 

 

 

フェロー

「その機械ってエリシアちゃんの身体に

どんな影響を及ぼしているんだろ…。

 

あっ!もしかしてエリシアちゃんが

力を使えるのはその機械の力…?!」

 

 

 

ドクター

「それは無いと思うわ。

 

身体に影響してるというよりは、

“共存”してるという方が正しいかもしれないわね。」

 

 

 

エリシア

…。

 

 

マスター

「まぁ、俺もフォックスも半分以上人間では無いし、

サイバーウェアも機械みたいなもんだから気にするな。」

 

 

 

レッドフォックス

「あはは、ま、そうだね。メンテナンスが面倒だけど、

割と機械の身体も悪くない、よ?壊れたら直せるしね。」

 

 

 

エリシア

「マスターさん…。レッドフォックスさん…。」

 

 

 

マスター

「そうだ。あれから何も食ってないだろ。

お腹空いたんじゃないのか?」

 

 

 

エリシア

「…はい、お腹がすきました…。」

 

 

 

フェロー

「じゃ!エリシアちゃん!

酒場に行こうよ!!立てる?」

 

 

 

エリシア

「はい!だ、大丈夫です…!」

 

 

 

マスター

「じゃ、行こう。

俺達も腹が減ったしな。」

 

 

 

○酒場

 

 

マスターがいない酒場は

いつもと少し客足が少ないが賑わっており、

ロウがマスターの代わりに皆に料理をふるまってくれていた。

 

 

 

フェロー

「おお~。ロウの酒場も大盛況だね!」

 

 

 

マスター

「…俺の酒場だ。」

 

 

 

バーカウンターの中にいたロウは

自分達に気付くと声を掛けてきた。

 

 

ロウ

「お~う。もう平気なのか?」

 

 

 

エリシア

「まだちょっとフラフラしますけど…、大丈夫です…!」

 

 

 

ロウ

「お~、そうかそうかァ。」

 

 

 

マスター

「ロウ、俺がいない間、手伝ってもらって

本当にすまない。」

 

 

 

ロウ

「ん?別にいいってことよ。

俺も料理すんのが好きだしなァ!

 

腹減ってんだろォ?

よし、何か作ってやるよ。」

 

 

─ 十数分後…

 

 

ロウ

「よ~し。出来たぞォ!食え食え!」

 

 

 

「目の前に出されたのはアツアツの

『大盛マルデケバブ』と『特盛マッチョポテト』だった。

 

 

 

フェロー

「…んっ!美味しい!!」

 

 

 

マスター

「モグモグ…(…やはり…うまい。)」

 

 

 

ロウ

「お~、そうかそうかァ。そいつは良かった。」

 

 

 

フェロー

「あれ?レッドフォックスは食べないの?」

 

 

レッドフォックス

「ん…?ああ。アタシはいいよ。」

 

 

 

ロウ

「食わないのか?相変わらず不思議なネェちゃんだなァ。

んじャ、何か飲むかァ?」

 

 

 

レッドフォックス

「そうだね。じゃ、強めの酒を一杯くれないか?」

 

 

 

ロウ

「おう。んじゃ「スチームエンジン」のロックなんかどうだ?」

 

 

 

レッドフォックス

「いいね。もらうよ。」

 

 

 

ふと横を見ると、いつもなら真っ先に

「美味しい!!」と言うエリシアが無言で

食べ物を口に運んでいる。

 

 

 

フェロー

「…エリシアちゃんどうしたの?

美味しくなかった?」

 

 

 

ロウ

「…おいおい…。それは俺に失礼ってもんだぜ。」

 

 

 

エリシア

「いえ…。」

 

 

 

マスター

「ん?どうした?様子が変だぞ。」

 

 

エリシア

「…味がしないんです…。」

 

 

 

フェロー

「え?味がしないの?

こんなに美味しいのに…?」

 

 

 

マスター

「また、体調が悪くなってきたのか?」

 

 

 

エリシア

「…わかりません…。でも何も感じ無くて…。」

 

 

 

ロウ

「う~ん…。

ショックで味覚障害でも起こしてるのかなァ…。

 

 

 

まァでも、とにかく食べないと元気でないぞ!

ほら、食った食った!」

 

 

 

エリシア

「は…、はい…。」

 

 

 

モグモグ…(…なぜ味がしないんだろう…。)

 

 

 

To Be Continued…


【メインストーリー第57話】鍵の秘密

投稿者:
【運営】担当

○司令室

 

数時間後、フェロー達がパンドラより

ランドシップに戻ってきた。

 

 

オフィサー

「ご苦労。よく無事に戻ってきてくれた。」

 

 

 

フェロー

「たっ…ただいま…。」

 

 

 

白百合

「戻りました…。」

 

 

オフィサー

「い…、一体どうしたのかね。

そういえば、エリシア君は無事か…?!」

 

 

 

紅葉

「はい。ぐっすり眠っていますわ。

フォックスさんも一緒に。」

 

 

 

フェロー

「さっきラボに寄って二人を預けて来たよ。」

 

 

 

オフィサー

「ホッ…それは良かった…。」

 

 

フェローは戻る途中、

謎の飛行物体『チェイサー』に

襲われた事を船長に話した。

 

 

オフィサー

「なるほど…。そんな事があったのか。

『チェイサー』に関しては調べる必要があるな…。

パンドラ自体の機能なのか、それとも誰かが仕向けたのか…。」

 

 

 

白百合

「『チェイサー』は以前にもエルピス作戦中に

パンドラの中から突然現れたのですよね。」

 

 

 

紅葉

「たぶん、情報が外に漏れないよう

対象を抹殺する為の追撃システムだと思いますけども…。」

 

 

 

オフィサー

「ふむ…。」

 

 

エンジニア

「ふぅ~…。」

 

 

 

フェロー

「あ、エンジニア!どうだった?」

 

 

 

エンジニア

「『どうだった?』じゃないよ…ほんとに。

すごい数で攻撃されたんだね。

戦車の車体がボコボコだよ…。」

 

 

 

フェロー

「わざとじゃないんだよ~…。」

 

 

 

エンジニア

「それにロウさんの戦車…せっかく

頑張って作った新しい戦車なのに…。

もう廃車同然だよ…。はぁ…。」

 

 

 

ロウ

「エンジニアちゃん、本当にすまねェ…。」

 

 

 

エンジニア

「ちょっと修理に時間が掛るから

しばらく出撃は控えてね。」

 

 

 

オフィサー

「すまない。エンジニア。

苦労をかけるな…。」

 

 

 

エンジニア

「ま、これがボクの仕事だからね。

じゃ、修理してくるね~。」

 

 

 

紅葉

「エンジニアさんも大変な仕事ですわよね。

ほぼ1人でランドシップを切り盛りしていて…。」

 

 

 

ドクター

「この前の爆発の時みたいにランドシップを

修理する際はアルバイトを雇ってるみたいよ。

一人じゃさすがに無理だからね。」

 

 

 

フェロー

「バイト雇ってるの!?

時給はいくらなんだろう…。」

 

 

 

紅葉

「絶対フェローさんは雇ってもらえない気がしますわ…。」

 

 

 

ロウ

「ドクターさん、二人の具合はどうだァ?」

 

 

ドクター

「大丈夫よ。応急処置をして

今は二人とも休んでいるわ。

マスターも徐々に回復しているから

心配無いわ。」

 

 

 

フェロー

「ふぅ。とりあえず安心だね。」

 

 

 

オフィサー

「そういえば、アラドはどうした?」

 

 

 

紅葉

「フォックスさんの話では

交戦中にホログラムのように消えたみたいですわね。」

 

 

 

オフィサー

「そうか…。取り逃したか…。」

 

 

 

白百合

「感触はあったようなのですが、

実体では無いのでしょうか…?」

 

 

 

オフィサー

「元々『亡霊部隊』はレッドフォックスから聞いたように

『精神を完全データ化し、身体を義体化した兵士たちの部隊』とも言われていた。

もしかするとアラドの肉体はすでにこの世には無い可能性もある。」

 

 

 

フェロー

「義体という事は倒せないじゃん…。

倒す為にはデータを破壊するしか無いってこと?」

 

 

 

オフィサー

「もしそうなら、そういう事だ。

データの所在やどう破壊するのかは

全くわからないが…。」

 

 

 

フェロー

「そういえばパンドラ内部で

あった事話するね。」

 

 

フェローは船長に扉の事、

鍵の事を説明した。

 

 

オフィサー

「なるほど…。7本の鍵か…。

ちょっとその鍵を見せてくれるかね。」

 

 

 

フェロー

「ちょっと待ってね。

え~と…あれ?どこいったっけ…?」

 

 

フェローは突然ポケットをゴソゴソし始めた。

 

 

紅葉

「落としたんじゃありませんわよね…。」

 

 

 

フェロー

「大丈夫、大丈夫!

あ…!あった!」

 

フェローは頭の部分に目のレリーフが入った

橙色の筒状の鍵を見せた。

 

 

オフィサー

「ふむ。珍しい形をしているな。」

 

 

 

ドクター

「見たこともない鍵ね。

フェローちゃん、ちょっとこれ借りれるかしら?

私の方で解析してみるわ。」

 

 

 

フェロー

「うん、いいよ!

ドクター、よろしくね~。」

 

 

 

ドクター

「じゃ、私も解析をするためにラボに戻るわ。

まだ寝てるかもしれないけど、

エリシアちゃんの様子見に来る?」

 

 

 

フェロー

「うん!行く行く!」

 

 

 

○ラボ

 

 

フェロー

「エリシアちゃーん!起きてるー!?」

 

 

 

ドクター

「フェローちゃん…。

お注射好きかしら…?ふふふ。」

 

フェロー

「いや…。好きじゃないです…。」

 

 

エリシア

… …。

 

 

 

白百合

「ぐっすり眠ってますね。」

 

 

 

ドクター

「少し弱ってはいるけど、命の危険性は無いわ。

しばらくしたら目が覚めるでしょ。」

 

 

 

紅葉

「良かったですわ。」

 

 

 

ドクター

「マスターも徐々に回復しているわ。

フォックスも処置が早かったから

そこまでの大事にはならなかったわ。」

 

 

 

フェロー

「さすがマスターとフォックスだね…。」

 

 

 

ドクター

「二人は隣の部屋にいるわ。」

 

 

 

○ラボ別室

 

マスター

「ん…。戻ってたのか。」

 

 

 

白百合

「来て頂いて助かりました。

その節はありがとうござました。」

 

 

 

マスター

「いやいや、かしこまらなくていいよ。

俺はやるべきことをやっただけだ。」

 

 

 

フェロー

「最近のマスター…。

なんかかっこいいよね。

どうしたの?」

 

 

 

マスター

「ん?俺は別にいつもと変わらんが…。」

 

 

レッドフォックス

「ん…うるさいと思ったら……

お前たちか。」

 

 

 

ロウ

「お~う。そっちのネェちゃんは大丈夫か?」

 

 

 

フェロー

「あの…。エリシアちゃんを助けてくれたんだよね。

さっきはなんでここにいるの?って言っちゃって…

その…ごめんなさい。」

 

 

 

マスター

「…なんか変な物でも食ったか…?」

 

 

 

レッドフォックス

「…アーッハッハッハ!大丈夫だよ。

もう気にしてないさ。」

 

 

 

フェロー

「…良かった~。

あ、そうだ!二人にちょっと聞きたいことがあって…。」

 

 

 

マスター

「ん?なんだ?」

 

 

 

フェロー

「これ…なんだけど…。見覚えある?」

 

 

 

フェローは頭の部分に目のレリーフが入った

橙色の筒状の鍵を見せた。

 

 

 

マスター

「鍵…?か?」

 

 

 

フェロー

「うん。これなんだけど…。」

 

 

 

フェローはマスター達に

扉の事、鍵の事を説明した。

 

 

 

マスター

「なるほど…。俺はわからないな…。

フォックス知ってるか?」

 

 

レッドフォックス

「ん……?

その鍵の話は聞いたことがあるな。

 

昔アタシがヴリトラベースを警備してた頃、

バックアップ施設の話を聞いた時に

軍の人達が鍵の話をしていた記憶があるね。」

 

 

 

フェロー

「予想通り!やっぱり旧統合軍が

関連している可能性があるね。」

 

 

 

白百合

「という事は、旧統合軍関連の施設に

もしかすると鍵があるかもしれませんね。」

 

 

 

紅葉

「では、お二人が回復したら

鍵探しに向かいましょうか。」

 

 

 

フェロー

「えーっと…それ私のセリフ~…。」

 

 

 

To Be Continued…