このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

【メインストーリー第61話】死の湖

投稿者:
【運営】担当

ランドシップは

レイクランドを目指し、荒地地帯を走っていた。

 

 

〇司令室

 

フェロー

「あ゛~ゆ゛う゛れ゛え゛え゛る゛う゛う゛う゛う゛う゛~。」

 

 

 

マスター

「お前わざとだろ…。」

 

 

 

フェロー

「いやぁ~、お約束かと思って…。

 

そういや妹さんの話では『れいくぶりっじ』って

橋が有名?らしいけど、実際レイクランドってどんなとこなの?」

 

 

 

オフィサー

「『レイクランド』は巨大な湖の周辺に栄えていた地方だ。

周辺には比較的大型の賞金首が棲息していたのもあり、

多くのカンパニーが拠点として利用していた。

 

私も現役のハンターだった頃は、

フロータシティを拠点として賞金首を倒しに行っていたものだ。」

 

 

 

フェロー

「確かその時にエンジニアと出会ったんだよね。」

 

 

 

オフィサー

「うむ、そうだな。懐かしい話だ。」

 

 

エンジニア

「… …そうだね。」

 

 

 

フェロー

「そ、そう言えばさ!

レイクランドって何かここがオススメ~みたいなの無い?!

ほ、ほら!ここでしか食べられない!!みたいなやつ!」

 

 

エンジニア

「…オススメってわけではないけど、

レイクランドの水は他の地方より水が綺麗で

少し処理するだけで飲み水として使えたって有名だったよ。」

 

 

 

ドクター

「ランドシップには浄水施設があるから

ある程度綺麗な水は供給されているけれど、

このご時世、天然の綺麗な水は貴重だわ。」

 

 

 

ロウ

「トコナツも水は綺麗だが海水だからなァ。

飲み水に出来なくもねェが、高温処理しないとまず飲めねェ。」

 

 

 

マスター

「綺麗な水か。うまい酒が作れそうだな。」

 

 

 

フェロー

「す、すごいマスターの目が輝いている…。」

 

 

 

エンジニア

「あとは…、湖で獲れる魚も美味しいって評判だったね。

酒場で提供されていた『押し寿司』がハンター達に人気だったかな。」

 

 

 

紅葉

「押し寿司…聞いたことがありますわ!

何でも生の魚を使ったお寿司だとか…。」

 

 

 

白百合

「センゲンにも焼いた魚を酢飯に乗せた

寿司のようなものはありましたが、

非常に興味がありますね。」

 

 

 

マスター

「そう言えば、レイクランドはウイスキーも有名じゃなかったか?」

 

 

 

エンジニア

「ボクはお酒が飲めないから味はわからないけど…

『シングルモルト』が有名だったね。」

 

 

 

マスター

「『シングルモルト』っていうのは、

大麦麦芽のみを使用し、1つの蒸留所で作られたウィスキーの事だな。

蒸留所ごとに味わいが違うのが魅力だ。」

 

 

 

レッドフォックス

「へぇ… …。うまそうな酒だねぇ。

リザードと一杯やりたいもんだ。」

 

 

 

マスター

「…ふん。この作戦が終わったらな。」

 

 

オペレーター(ゆるふわ)

「皆さん、前方に大きな湖が見えてきました。

もうすぐレイクランド地方に入ります。」

 

 

 

フェロー

「よーしっ!着いたらまずは

フロータシティで情報を集めようよ!

 

確かそこにはエンジニアの育った孤児院や

働いていたガレージもあるんだよね。」

 

 

 

エンジニア

「うん…。久しぶりにみんなと会えるかな…。」

 

 

 

オフィサー

「うむ。今までの事など色々話を聞いてみるとしよう。」

 

 

─ 数時間後…

 

 

〇フロータシティ

 

 

フローターシティに降り立つ

ランドシップクルー達。

 

 

エンジニア

「…そ、そんな…。」

 

 

 

フェロー

「…なに…、これ…。」

 

 

 

ここにも町が”確かに”存在した。

 

ガレキに埋もれた町は、復興の兆しを見せてはいたが、

あまりにも無残な町の姿に船長達は言葉を失う。

 

 

 

オフィサー

… …。

 

 

困惑しているクルー達に

通りかかった町の住人と思われる男が話かけてきた。

 

町の住人

「ん?人が来るのは珍しいな。

 

残念ながら…ここには何もあんた達が

探しているようなものはないぜ。

 

まぁ、この町の姿を見ればわかると思うが…。」

 

 

 

マスター

「一体何があったんだ?」

 

 

 

町の住人

「…まさに地獄だよ。

こうなったのも全部軍隊野郎のせいだ…!」

 

 

 

白百合

「…詳しくお話をお聞かせ頂けますか?」

 

 

 

町の住人

「少し昔の話にはなるが…。

ここは湖による水資源が多く、

周辺に大きな拠点やダンジョンもあまり無い事から、

軍の施設を作るには最適だったらしい。」

 

 

 

白百合

「軍の施設…ですか?」

 

 

 

町の住人

「そうだ。ここから南の方に

新統合軍の野営基地が作られていたんだよ。」

 

 

 

白百合

「新統合軍…。」

 

 

 

紅葉

… …。

 

 

 

ロウ

「レイクランドに基地があったとは初耳だなァ。」

 

 

 

町の住人

「なんでもそこから噂じゃ『爆心地』をはじめ

各地に部隊が派遣されていたみたいだな。」

 

 

 

白百合

「爆心地…、グラウンド・ゼロの事ですね。」

 

 

 

町の住人

「うーん、詳しいことはわからねぇが

何かその『爆心地』で軍による

大規模な作戦が行われていたみたいだな。」

 

 

 

マスター

「エルピス作戦の事だ…。

そこにはどんな部隊がいたかわかるか?」

 

 

町の住人

「いや、軍はレイクランドの中央にある

『レイクブリッジ』にゲートを作り、

北部からの侵入に制限を設けたんだ。

 

だから俺達一般人は近づく事さえできなかった。」

 

 

 

マスター

「なぜ検問を作り侵入に制限を設けていたんだ?」

 

 

 

町の住人

「わからないね。

よっぽど基地に何か秘密があったのかもしれないな。」

 

 

 

フェロー

「さっき『軍隊野郎のせいだ』って言ってたけど

何があったの?」

 

 

 

町の住人

「その作戦から戻った兵士達がたまたま

フロータシティの酒場に来てたんだよ。

 

そしたら突然銃声が鳴り、

兵士達は銃でお互い撃ち始めたんだ。」

 

 

 

フェロー

「…え?!仲間同士で?!」

 

 

 

町の住人

「最初は酔っぱらった兵士同士が

喧嘩でもおっぱじめたのかと思った。

…が、事態はもっと深刻だった。

 

機械の暴走だよ。」

 

 

 

レッドフォックス

「機械の暴走…だと… …。」

 

 

町の住人

「そして銃声が合図になったかのように

突然周りにあった無人戦車、無人重機、

ロボットが暴走し町の中で暴れ始めた…。

 

それだけならまだマシだったんだが…、

その暴動に反応したのか機械のモンスター共までが

町の外からなだれ込んできたんだ。

 

結果、フローターシティは崩壊。

 

そして、この有様ってわけさ…。」

 

 

 

マスター

「…『キャンサー』だ。

兵士達はキャンサーに感染していたんだ。

という事は俺と同じ強化兵士の部隊だな…。」

 

 

 

町の住人

「そして、湖も暴走した機械から放射された放射線物質によって水が汚染され

飲み水はおろか、今は体を洗い流すこともできない。

魚も生き物も全て死んだ。」

 

 

 

フェロー

… …。

 

 

エンジニア

「ま、町にあった孤児院や!!

…ガレージは!?」

 

 

 

町の住人

「残念ながらもう無いよ。

町の多くの人々は湖を渡って逃げたと思う。

 

ただ、あれから連絡もないし

今は生きてるかどうかはわからないね。」

 

 

 

エンジニア

… …。

 

 

 

オフィサー

「… そうか…。」

 

 

 

町の住人

「こんな町にいても仕方がないのに

残ってるのは、ここから離れたがらない変わった人間だけだ。

 

所詮人間は水が無いと生きていけないのさ。」

 

 

 

マスター

「その新統合軍の野営基地は今でもあるのか?」

 

 

 

町の住人

「もう人はいないと思うが、

基地跡は残されてるんじゃないか。

まぁ、行くなら気を付けて行きな。」

 

 

 

白百合

「旧統合軍では無いですが…。

 

同じ統合軍関連の施設となると、

何か鍵の手がかりになるものがあるかもしれませんね。」

 

 

 

フェロー

「うん、調べる為にも南へ渡ろう。」

 

 

 

オフィサー

「うむ…。そうだな。

マスター、エンジニア、マリーくんの3名、

それにセンゲン組の紅葉くん、レッドフォックス、

マヤくんの3名も一緒に向かってくれ。」

 

 

 

マヤ

「はい!了解です。」

 

 

 

紅葉

「わかりましたわ。」

 

 

 

レッドフォックス

「ま、わかったよ。

リザードだけだと心配だし、ね。

……プッ、ハッハッハ!」

 

 

 

マスター

「おい…、こんな状況でやめろよ。」

 

 

 

レッドフォックス

「あはは、冗談だよ、冗談。」

 

 

 

オフィサー

「それでは準備が整い次第、グレートウォール組、トコナツ組、

スターフォール組の3組は転送装置で向かってくれ。

 

私達も一度ランドシップへ戻り、

こちらのバックアップを行う。」

 

 

 

エンジニア

… …。

 

 

 

フェロー

「…エンジニア、大丈夫?」

 

 

 

エンジニア

「うん…、大丈夫…。」

 

 

マリー

「よーし!いくぞ~!

モンスターバギーのお通りだーっ!」

 

 

 

フェロー

「…お姉ちゃん…。空気読もう…?」

 

 

マスター

「…お前もな。」

 

 

 

To Be Continued…


【メインストーリー第60話】鍵をめぐって

投稿者:
【運営】担当

———————————————————-

 

 

意識を失ったエリシアは夢を見ていた。

 

 

エリシア

(私…また眠ってるのかな…?)

 

 

 

夢の中に断片的な記憶が浮かんでくる。

いつもの研究室のような部屋だ。

 

 

 

???

「人類を滅ぼすのだ…。」

 

 

 

エリシア

「…うぁっ!!」

 

 

 

???

「我を解放しなさい…。」

 

 

 

エリシア

「うっ…ぐっ…うぁっ!!」

 

 

 

父親

「エリシア!?どうした!?

だ、大丈夫かッ!?」

 

 

 

エリシア

「うっうぁぁぁぁっ!!

ひ、左手が…ッ!!熱いッ!!!

ぐっ…う、うあっ!!」

 

 

 

父親

「左手だと!?痛いのか!?

よし…見せてみろ!!」

 

左手に紋章のようなものが浮かび上がっていた。

いつも自分の左手に刻印ある紋章だ。

 

 

エリシア

「ぐっ…うっ…あっ、熱い…ッ!!」

 

 

 

父親

「…この目…。ノアの意志表示か…。」

 

 

 

エリシア

「ノ…ノア!?…何そ…ぐっ…うぁっ!!」

 

 

 

父親

「くそ!!呪いの刻印か…!!」

 

 

 

エリシア

「ひ、左手が熱いよッ!

お父…さ…、うあっ!!」

 

 

 

父親

「大丈夫かエリシア!!

 

…仕方がない…。

これは付けたくなかったが…。」

 

 

父親の手には禍々しい首輪というより

装置のようなものを持っていた。

 

その装置は見覚えがある。

私の首にいつも付いているあの装置だ。

 

父親

「エリシア!!首をこちらに向けろ!!

さぁ、早く!!」

 

父親の方に首を向けると

「『ガシャッ』という音とともに

その装置が私の首に取り付けられた。

 

 

エリシア

「うっ…!っぐゥッ…!… …。」

 

 

 

父親

「しばらく苦しいだろうが…、

これでノアの力をなんとか制御できるだろう…。」

 

 

 

『… …ノア…。』

 

 

 

エリシアは夢の中で再び意識を失った。

 

 

 

○司令室

 

 

オフィサー

「マスターの報告によると、やはり鍵がある

可能性がある場所は各地に散らばっているようだ。

 

そこで、今回の作戦は全員で動くのではなく、

各自チームを結成し各地の探索を行ってもらう。」

 

 

 

エンジニア

「さっきも話したけど、サロンとハンターオフィスに協力してもらって

協力者が集まってくれたよっ!」

 

 

 

オフィサー

「うむ。非常に頼もしい。

それではサルーンガール、紹介してもらえるかな?」

 

 

サルーンガール

「何人か名の知れた腕ききのハンター達もいるわぁ。

それじゃ紹介するわねぇ。

 

そうね…まずは、ニーナちゃんから!」

 

 

ニーナ

「…ちゃん付けはやめておくれ…。

 

…ゴホン。疾風のニーナだ、よろしく。」

 

 

 

サルーンガール

「ニーナちゃんは、逃げるカミカゼファイヤー!に追い付き、

切り刻んだという伝説を持ってるわぁ。

素早いトリッキーな動きで戦うのが得意な熟練のソルジャーよぉ。」

 

 

 

フェロー

「カミカゼに追い付くって恐ろしい速さだね…。」

 

 

 

白百合

「ニーナさんは私と同じで刀使いなのですね。」

 

 

 

ニーナ

「あぁ、これか?これは『風神刀』って言うんだ。

アタシの愛刀さ。」

 

 

 

紅葉

「風神刀…!その刀…、

珍しい「裂」属性を持つ刀ですわ!!」

 

 

 

ニーナ

「アンタよく知ってるねぇ。

この刀はこの世に1本しかないからねぇ。」

 

 

 

サルーンガール

「じゃ、次はマリーちゃんね。

 

マリーちゃんは大型のモンスターバギーを操る

『じゃじゃ馬』の異名で有名なハンターよぉ。

モンスタートラックを使用した

オフロードレースの元レーサーでもあるわぁ。」

 

 

マリー

「やっほー!あたいの名前はマリー!

みんな、よろしくぅ~!」

 

 

 

フェロー

「…えっ!?…ええっ!?

お、お姉ちゃん…!?」

 

 

マリー

「…わお!

なんで妹が…こんなところに…?」

 

 

 

フェロー

「『なんで?』じゃないよ~!

この前メールで今はランドシップで働いてるって

説明したでしょ!見てないの?!」

 

 

 

マリー

「ん~…。ごめん。

この前BSコントローラーを

間違えてバギーで踏んじゃってさ…。

今修理中なんだよ~…。」

 

 

 

フェロー

「えぇ~…。本当にお姉ちゃんは

相変わらず『ドジ』なんだから…。」

 

 

 

マスター

「うぅ…頭痛がしてきた…。

まるでフェローが二人いるみたいだな…。」

 

 

 

サルーンガール

「それじゃ、どんどんいくわよぉ!

次はボブさん。

 

ボブさんは大型レンチを武器にしている

肉体派のメカニックよぉ。

ランドシップの修理の手伝いもしてくれているわ。」

 

 

 

フェロー

「えっ?例のバイトってボブさんだったの…?」

 

 

 

エンジニア

「そうだよ。修理の腕も抜群に良いからね。

たまにお願いしてるんだよ。」

 

 

ボブ

「俺はボブ。鉄腕のボブと呼ばれている。

よろしく頼んだぜ。」

 

 

 

エンジニア

「ボブさんがいると心強いや。

協力してくれてありがとう!」

 

 

 

ボブ

「いつもお世話になってるからね。

さて、お仕事お仕事。」

 

 

 

サルーンガール

「じゃ、次入ってもらうね!シュン君よろしく~!」

 

 

シュン

「…よろしく頼む。」

 

 

 

サルーンガール

「シュン君は『壊し屋』の異名を持つ

ランドシップの中でも名の知れたハンターよぉ。

女性からも人気があるのよぉ。」

 

 

 

シュン

「…やめてくれ、興味がない…。」

 

 

 

サルーンガール

「んもぅっ、つれないわねぇ。

男前なのに勿体ないわぁ。」

 

 

 

シュン

… …。

 

 

 

サルーンガール

「じゃ、最後はジェシィちゃんね!」

 

 

 

フェロー

「あっ!トレーダーキャンプBの人!!」

 

 

ジェシィ

「あはぁ、いらっしゃぁい。

…じゃないわぁ、よろしくぅ。」

 

 

 

サルーンガール

「ジェシィちゃんは戦闘は参加できないけど、

交渉術や情報を聞き出すのが上手いのよぉ。

情報を集めるためにはきっと役立つわぁ。」

 

 

 

ジェシィ

「情報が欲しかったら言ってねぇ。」

 

 

 

マスター

「ギーガンとマヤとバルドゥールを加えると7人と1匹。

戦力としては十分だな。」

 

 

 

─ 数分後…

 

 

オフィサー

「チーム構成はこちらで決めさせて頂いた。

オペレーター、皆に報告してくれ。」

 

 

 

オペレーター(無責任)

「へいへい。んじゃ、報告するねー。

 

えっと、スターフォール組は、

フェローちゃんとキミのペア。そしてエリシアちゃん。

あとはー。シュンさんとバルドゥールかなー。」

 

 

 

オフィサー

「エリシアはこの件の重要な鍵を握っている。

ただ、まだ体調が不安定だ。

もしもの時は君とフェロー君で守ってあげてくれ。」

 

 

 

エリシア

「お二人がいるなら…、心強いです!」

 

 

 

フェロー

「エリシアちゃんの面倒は任せてよ!」

 

 

 

エリシア

「はい!ご迷惑にならないよう頑張ります…!」

 

 

 

フェロー

「しっかし、また君と一緒か~!

もうあたし達、立派な”相棒”だね!

 

ってえっ!?い、犬も一緒…!?

いやだぁぁぁぁぁぁ!!!」

 

 

 

マスター

「1人漫才かよ。」

 

 

 

ギーガン

「ブワッハッハッハ!バルドゥール!

このねーちゃんをよろしく頼んだぞ!」

 

 

 

マヤ

「よろしくね、バルドゥール。」

 

 

 

バルドゥール

「ヴァウ!ヴァウ!」

 

 

 

フェロー

「ひ、ひぃぃぃぃっ!!」

 

 

 

シュン

「先が思いやられるな…。」

 

 

 

オペレーター(ふんわり子犬)

「はい、次はグレートウォール組ですね。

 

白百合さん、ドクターさん、

ニーナさん、ジェシィさんの4名です。」

 

 

 

白百合

「ハンターはいないようですが…。

白兵戦なら申し分ない構成ですね。」

 

 

 

ドクター

「ハンターがいないなら、私はメディック担当ね。」

 

 

 

紅葉

「お姉様とご一緒がよかったのですが…

仕方ありませんわね…。」

 

 

 

白百合

「紅葉、他の人達を頼みましたよ。」

 

 

 

紅葉

「はい、お任せくださいお姉様。」

 

 

 

オペレーター(天真爛漫)

「どんどんいっちゃおう!

はい、次!レイクランド組ね!

 

マスター、エンジニアちゃん、

マリーさんの3名だね!」

 

 

 

マスター

「おいおい…。さすがに戦力として

少なすぎるんじゃないか…?

 

エンジニアは非戦闘員だし、

俺とマリーの2人じゃさすがに…。」

 

 

 

マリー

「大丈夫、大丈夫!

いける、いけるよーっ!」

 

 

 

マスター

「また頭が痛くなってきた…。」

 

 

 

オフィサー

「うむ。少し戦力の差は気にはなる。

そこは状況によってフォローを考えるとしよう。」

 

 

 

オペレーター(あつサバ)

「次はセンゲン組です。

紅葉さん、マヤさん、レッドフォックスの3名です。」

 

 

レッドフォックス

「……なんで、アタシだけ呼び捨てなんだ…。

ま、いいけどさ。」

 

 

 

紅葉

「こちらも3人ですわね…。大丈夫でしょうか?」

 

 

 

マスター

「まぁ、フォックスがいれば大丈夫だろ。

コイツ1人で2人分以上の戦闘力があるからな。」

 

 

 

レッドフォックス

「……プッ、アッハッハッハ!

間違いないかもねぇ。

まぁ、よろしくやってるよ。」

 

 

 

マヤ

「私も後方支援で頑張ります!」

 

 

 

オペレーター(イケメン女子力)

「はぁい、じゃ最後ね。次はトコナツ組よ。

ロウさん、ギーガンさん、カワイコちゃん、ボビーの4名ね。

気を付けて行ってくるのよ!」

 

 

 

ロウ

「お~う。任せとけやァ!

トコナツは俺の庭みたいなもんだからなァ!」

 

 

 

ボブ

「…ボ、ボビー…。」

 

 

 

ギーガン

「ブワッハッハッハ!

良いあだ名じゃねぇか!!」

 

 

 

サルーンガール

「カワイコちゃんだなんて、もう~。」

 

 

 

マスター

「カワイコちゃんってサロンのあいつだったのか…。」

 

 

 

オフィサー

「よし、全員終わったようだな。

 

私とオペレーター、そして

ショップ姉妹はランドシップで

君たちのバックアップを行う。」

 

 

売店の店員

「補給物資などはお任せください!

頑張ってくださいね!」

 

 

 

メタルショップ店員

「えい、えい、お~……。」

 

 

 

オフィサー

「今回の作戦について簡単に説明を頼む。」

 

 

オペレーター(ゆるふわ)

「はい。今回の作戦経路としては、まずランドシップで

レイクランドに向かった後、センゲンに向かいます。

 

一度行った場所は、各チーム転送装置を利用し

各地へ向かってください。

 

なお、グラウンド・ゼロについては、大変危険な為、

全員合流後、一番最後に向かう事になります。」

 

 

 

オフィサー

「今回の作戦はランドシップをあげた大規模な作戦となる。

作戦名は『テラス作戦』だ。

皆、心して任務に掛かってくれ。」

 

 

 

フェロー

「テラス…?外でお茶とか飲んだり

ドーナツ食べたりするところだよね…?」

 

 

 

マスター

「ドーナツはお前が食いたいだけだろ。」

 

 

 

オフィサー

「フェロー君の言う通り『テラス』はそういった意味もあるが、

今回は『奇跡』という解釈を込めている。

しかし、一方では『怪物』という解釈もあるようだ。」

 

 

 

フェロー

「奇跡…?怪物…?

なんだかよくわからないけど…。」

 

 

オフィサー

「作戦の目的は『パンドラの扉』を開ける

残り6つの鍵を見つける事だ。

 

そして扉の中にはマスターコードがあり、

それを利用しノアのプログラムを無効化することができれば、

人類の脅威は大いに減り『奇跡』が起こるかもしれない。

 

ただし、我々もマスターコードを実際に確認したことが無い為、

もしかすると扉の先には第2のノア…、すなわち『怪物』が潜んでいるかもしれない。

 

この事から『テラス作戦』と呼称している。」

 

 

 

フェロー

「ふ~ん…。なんだか難しい話だね…。」

 

 

 

サルーンガール

「要するに『生か死か』…。

スリルがあってゾクゾクしちゃうわぁ。」

 

 

 

マスター

「おいおい…。遊びじゃないんだぞ。」

 

 

 

サルーンガール

「んもうっ!違うわよぉ!

最近あまり現場に出動する事が無かったから

ウズウズしてるだけよぉ。」

 

 

 

マスター

「それならいいが…。あんまり派手に暴れるなよ。」

 

 

 

エンジニア

… …。

 

 

 

マスター

「…ん?エンジニア、どうした?

具合でも悪いのか?」

 

 

エンジニア

「…ううん。レイクランドに帰るのは

久しぶりだなって。」

 

フェロー

「そういえば、レイクランドって

エンジニアの故郷だったね。」

 

 

 

エンジニア

「うん… … …。」

 

 

 

オフィサー

「… …。ゴホン。

それではレイクランドに向けて移動を始める。」

 

 

 

オフィサー

「船舶付近に異常、

燃料、弾薬の補充は大丈夫かね?」

 

 

 

オペレーター(ゆるふわ)

「はい、特に異常はありません。

補充等も問題無く、今すぐ出航出来ます。」

 

 

 

オフィサー

「よし、それでは出航しよう。」

 

 

 

エンジニア

… …。

 

 

 

To Be Continued…