このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

【メインストーリー第49話】中心部を目指して

投稿者:
【運営】鶏太朗

  • いいね (48)

○グラウンド・ゼロ

 

ランドシップ一行はグラウンド・ゼロ西部に到着し、
出撃する準備をしていた。

オペレーター(子犬)
「グラウンド・ゼロ西部に到着しました。
ランドシップが入れる場所はここまででとなります。」

 

オペレーター(あつサバ)
「ランドシップ周辺は特にレーダーに異常ありません。」

 

オフィサー
「この周辺は比較的安全そうだな。
ここに停泊するとしよう。」

 

紅葉
「想像してたよりひどい状況ですわね…。」

 

フェロー
「さっき通った市街地もガレキの山だったけど…
ここは容赦無く破壊し尽くされてる感じ…。」

 

ドクター
「死の街って感じね…。」

 

マスター
「エルピス作戦の際に訪れた時より、
目も当てられないほどの惨状だな…。

ナノパンデミックの影響もあると思うが、
人類掃討の為に兵器が仕向けられ、
破壊の限り暴れたという可能性もある。」

 

オフィサー
「我々が訪れた際、人々はシェルターで細々と生活していたが、
エルピス作戦失敗後、シェルターからも人が撤退した影響もあり
ひと気が無く、あるのはガレキと凶悪なモンスターだけになったようだな…。」

 

フェロー
「とりあえず準備して、中心部に向かおうよ。」

オフィサー
「先程も言ったが、ここに居るモンスターの殆どが
ノアが人類駆逐用に作り出したという説が有力らしい。

地形の影響も大きく、モンスターも凶悪なものが多い。
可能な限り戦闘は避けた方が良いだろう。」

 

マスター
「俺もエルピス作戦の際、ここのモンスターと交戦した事があるが、
他の地方のモンスターと比べ段違いに強い。

何と言うか…人類抹殺を目的に鼓動しているような感じだ。
見かけたら出来るだけ退避しろ。」

 

白百合
「敵前逃亡はあまりしたくないのですが…
体力を温存する意味でも仕方ありませんね。」

 

マスター
「道中シェルターが幾つか存在する。
立ち寄って休みながら行くといい。」

 

紅葉
「こちらは準備出来ましたわ。」

 

白百合
「少しばかりですが、
食糧も携帯しておきました。」

 

オフィサー
「無事帰還してくれたまえ。
何かあったらすぐに連絡を。」

 

フェロー
「よし!じゃ~出発しよう!」

 

○シェルターK03付近

白百合
「本当にどこを見渡しても
ガレキの山ですね…。」

 

紅葉
「逆にビルが崩壊している事もあって
見通しが良いですわね。
敵が来たらすぐにわかりますわ。」

 

フェロー
「確かにね~…。
私とキミは戦車に乗ってるからいいけど、
二人とも平気?」

 

白百合
「問題ありませんわ。
こういうのは慣れています。」

 

フェロー
「そかそか~。
疲れたら交代するから行ってね~。」

 

白百合
「ありがとうございます。
しかし、砂埃もすごいですが電波障害がすごいですね。
耳鳴りが…。」

 

フェロー
「『キャンセルくん』を取りつけてるけど、
予想以上みたいだね…。壊れなきゃいいけど…。」

紅葉
「情報によるとこの近くにシェルターがあるみたいですね。
『シェルターK03』と呼ばれていたようです。」

フェロー
「あ、あそこじゃない?
入口みたいなのがあるよ!」

 

白百合
「戦車も入れそうですね。行ってみましょう。」

 

○シェルターK03

フェロー
「中はすごく暗いね…。
やっぱりこのシェルターに人はいないのかな。」

 

白百合
「懐中電灯では、万が一戦闘の時に
明かりを照らせないのでランタンを付けますね。」

 

紅葉
「さすがお姐様。準備が良いですわね。
さすがですわ。」

白百合はランタンに火を灯した。
周りが明るくなりシェルターの様子が浮かび上がる。

 

フェロー
「う~ん…。やっぱりもぬけの殻だね。
物も散乱してるし。というか酒瓶ばっかり転がってるね…。」

 

白百合
「このシェルターでは水や食料を作る装置があったそうです。
酒とオツマミを主に作っていたみたいですね。」

 

フェロー
「シロちゃん何で知ってるの?」

 

白百合
「ここに装置がありますわ。
もう動いてませんけれど…。」

 

紅葉
「こっちに記録が残された端末がありますわ。
故障はしていないみたいなので、動くかもしれませんわ。」

 

フェロー
「どれどれ…。ほんとだ。
住民の記録かな?ちょっと読んでみようよ。」

 

———————————————————-

記録
207X年1月XX日

軍とハンターオフィスによる作戦は
失敗に終わり、撤退したらしい。
…なんて無責任な奴らだ。

あいつらがあの作戦を行わなければ
事態はここまで深刻にならなかった。

機械や兵器の暴走、そしてハンター達も暴走を始め
街はさらに荒廃し、ガレキの下へと崩れ去った。

ここももうダメかもしれない。
近いうちに私達も地下通路を使って逃げることにする。

この記録を見ている方がもし居るとしたら…
これだけは覚えておいて欲しい。

全てノアが悪いわけでは無いと思う。
人間がそもそもの原因だ。
私達は軍とハンターオフィスを憎んでいる。

何が希望の作戦だ。希望なんてあるわけがない。
…あるのは…絶望だけだ…。

———————————————————-

 

フェロー
… …。

 

紅葉
「…軍が憎い…ですって。」

 

白百合
「…仕方ないわ…。我々が敗北しなければ
こんなひどい事にはならなかった…。」

 

フェロー
「ね!もう終わったことだし悔やんでも仕方ないよ!
この悲劇を繰り返さない為にも、
何としてもアラドを止めなきゃ!」

 

紅葉
「そうですわね…。」

 

白百合
「…!! 紅葉!敵ッ!」

暗闇から突然
魚のようなフォルムの飛行型ロボットが飛び出し、
紅葉をヒレで斬った!

 

紅葉
「きゃっ!!」

 

とっさに薙刀で受け止めたものの、
衝撃が激しく紅葉は壁際まで吹き飛んだ。

 

紅葉
「かハッ…!」

 

白百合
「紅葉…!!…貴様ァッ!!」

 

白百合は魚型のロボットに向かって行くが、
防衛するように射撃を繰り出した!

バババババ!!(カンッカンッカンッカンッ!)

白百合は刀で銃弾を振り払い、
魚型のロボットに斬撃を繰り出した!

 

フェロー
「…すごい!映画みたい!」

 

白百合
「はあっ!!

ガキンッ!!
大きな音を立てロボットは一瞬ふらついたが、
体制を立て直し、ぼんやりしている。」

 

白百合
「くッ…!硬い…。」

 

紅葉
「先程の…
お返しッ…ですわッ!!!」

チュドーン!

紅葉は背中に下げた自分よりも
大きな薙刀を振りまわすと
魚型のロボットは真っ二つになり爆発した。

 

紅葉
「はぁ…はぁ…。やりました…わ…。」

 

フェロー
「今の敵はデータベースによると『キリングマンボウ』
魚のようなフォルムの飛行型無人攻撃機みたい。
危険度は★4だね。」

 

白百合
「予想通り敵がタフですね…。」

 

フェロー
「うん…。船長さんの言う通り今までより敵が強い。
ましてやこの狭い空間じゃ
キミも砲撃出来ないから屋内は実質
シロちゃんと紅葉ちゃんの2人。
厳しいかもしれないね…。」

 

紅葉
「マスターさんが居れば…。」

 

フェロー
「ん…視線を感じる…。

ん!?あれは?!」

 

フェローが見上げると
偵察用と思われる無人機がこっちを見ていた。

 

白百合
「連ね斬り!!」

 

チュドーン!

 

白百合は無人機に向かって
瞬時に飛び、連続攻撃を繰り出した。
無人機は爆発し粉々になった。

 

フェロー
「今のは…『スカウトボール』威力偵察用と
思われる無人機みたい…。なぜ偵察機が…?」

 

紅葉
「もしかすると、未だ人間が存在しているか
何者かが偵察しているのかもしれませんわね…。
声を聞いて駆けつけてきたのかもしれません。」

 

白百合
「シェルターの中にも敵がいるという事は…、
休憩をしながら行くのは厳しいかもしれませんね。」

 

紅葉
「辛い道のりになりそうですわ…。」

 

フェロー
「とりあえず、中心部を目指そう。
モタモタしていられないからね。」

 

白百合
「そうですね、行きましょう。」

 

To Be Continued…


トップページに戻る