このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

【メインストーリー第33話】謎の転送装置

投稿者:
【運営】担当

  • いいね (74)

○司令室

フェロー達は無敵鉄道組合本部で
あった出来事を船長に報告していた。

 

フェロー
「…という事があったんだよ~。」

 

オフィサー
「なるほど…。通信記録を見る限り、
民間人とカンパニーは全滅していたと思っていたが、
転送装置を使い、他の場所へ避難した可能性があるという事か…。」

 

マスター
「鉄道警備隊の死体しか無かったところを見ると、
その可能性は高いだろうな。」

 

オフィサー
「しかし、なぜ鉄道組合本部に転送装置が…。
彼らはその転送装置を使い、
どこかと行き来していたという事になるな。」

 

フェロー
「どこにでも転送装置があるわけじゃないの?」

 

サルーンガール
「転送装置は基本、転送センターという施設にあったの。
このランドシップとかもそうだけど、最近では
割と設置されている箇所は増えているけどぉ…。」

 

エンジニア
「たまになんでこんな場所に転送装置が…。っていうのはあるね…。
そういう所にある転送装置はしっかりと
メンテナンスされてないからよく転送事故が起きるってよく聞くよね。」

 

フェロー
「転送事故って?」

エンジニア
「転送装置を使用していると、稀に発生する装置の不具合で
行きたい場所と別の場所に転送される事があるみたい。
うちの転送装置はボクがちゃんとメンテナンスしてるから大丈夫だよ!」

 

フェロー
「ほぇ~。転送されて出てきたら
ハエ男になってたりするのかな…。」

 

マスター
「SF小説の読み過ぎだ…。

しかし、鉄道組合本部にあった転送装置は
ピンク色の光に照らされたカプセルのような形状で
他の転送装置とは明らかに違っていた。」

 

フェロー
「確かにランドシップやトレーダーキャンプにある
転送装置とは全然形が違ってたね、」

スプーキー
「セカイジュウニハ イロンナカタチノ ソウチ ガ
アルトキイタコトハ アル。」

 

スプーキー
「ダガ ソンナカタチ ノ ソウチハ
キイタコトモ ミタコトモ ナイゾ。」

 

オフィサー
「うーむ…。もしかすると、
私達のような一般的な転送網ではなく、
独自の転送網を使った転送装置なのかもしれんな。」

 

フェロー
「独自の転送網?」

 

エンジニア
「転送装置は装置に乗った人間の記憶をスキャンして、
訪問した記憶があれば、人体を粒子分解して
その場所へ送る仕組みらしいんだけど、
基本は全部同じ転送網が使われてるんだ。」

 

エンジニア
「中には、組織的に保有する独自の転送網を持つシステムがあって、
その組織しか利用できない、かつその転送装置同士でしか
行けない場所があるみたい。」

 

フェロー
「へぇ~、色々あるんだね~。」

 

サルーンガール
「そういえば、転送装置の側面に
『GORO’S』って書いたマークがあったわぁ。あれは何かしら?」

 

マスター
「GORO’Sはスターフォールを中心に
昔、暴れていた「ならず者の集団」だな。」

 

マスター
「スターフォールに『ごろベース跡地』『ごろ本山跡地』があっただろ?
あそこを拠点としてカンパニーと度々抗争を繰り返していたみたいだな。」

 

サルーンガール
「そのGORO’Sが使ってた転送装置なのかしら?」

 

フェロー
「ん~。マークが入っているって事はたぶんそうだけど、
GORO’Sから鉄道組合が転送装置を買った、
もしくは譲ってもらったって可能性もあるよね。」

 

マスター
「どちらにせよ、GORO’Sと鉄道組合の関係性が気になるな。」

 

オフィサー
「エルピス作戦後は、ハンターオフィスと鉄道組合が
協力してたのを見ればわかるように、非常事態だったからな。
どこの組織も協力体制にあったように思う。

まぁ、ランドハスキーとかは別だが…。」

 

フェロー
「あの組織よくわからないしね…。
なんか一方的にハンターオフィスを恨んでるみたいな感じだし…。」

 

オフィサー
「そういえば昔、GORO’Sは独自の転送網を持つ
システムを保有していたとどこかで聞いたことがある。
本当かどうかはわからないが。」

 

フェロー
「という事はグレートウォールの民間人やカンパニーは
スターフォールにあるGORO’Sの拠点に避難したのかな?」

 

マスター
「いや、スターフォールにある
ごろの拠点は全てもぬけの殻だった。」

 

フェロー
「じゃ~みんなは何処へ行ったんだろう。
他にもGORO’Sの拠点はないの?」

 

サルーンガール
「トコナツの要塞島にある
『ごろ砦』が彼らの本拠地よぉ。
今どういう状況になっているのか
全くわからないけれど…。」

 

フェロー
「トコナツ…聞いたことあるけど
行ったことないなぁ。どんなところなの?」

 

サルーンガール
「トコナツは入り組んだ内海と火山地帯が
特徴の熱帯地帯よぉ。」

 

フェロー
「あ、暑そう…。
ところでサロンの人詳しいよね。
行ったことあるの?」

サルーンガール
「あら?言ってなかったかしら?
私生まれも育ちもトコナツよ。」

 

フェロー
「あー!だから肌が褐色なの?!」

 

サルーンガール
「え?肌?
ああ、これは日焼けマシーンで焼いたのよ~。」

 

フェロー
「人工的なのね…。」

 

エンジニア
「トコナツへは海を渡って行かなきゃいけないよね。
水上のランドシップでの移動は問題無いけど、
現地に着いてからの移動を考えないといけないよね。」

 

サルーンガール
「そうねぇ。さすがに泳ぐのも大変だし、
海には凶悪なモンスターがいるし…。
戦車も水上は走れないものねぇ。」

 

エンジニア
「ちょっと調べてみるね!」

 

サルーンガール
「私もトコナツ出身の知人に連絡を取って
色々聞いてみるわぁ。」

 

オフィサー
「うむ、すまないな。
よろしく頼む。」

 

フェロー
「じゃ、トコナツへ出発する準備をしよう!」

 

———————————————————-

 

エリシアは眠り続けていた。

 

エリシア
「また…夢…?」

 

???
「エリシア…。」

頭の中で、またあの声が響いた。

 

???
「”救世主(メシア)”の証を持つ者…。」

 

エリシア
「証…?」

 

???
「そして、世界を滅ぼす者よ…。」

 

エリシア
「私が…?世界を…?」

 

???
「はやく我を解放するのだ!!!!さぁ、はやく!!」

 

エリシア
「嫌ァァァァァァァァァ!!!!」

 

———————————————————-

エリシア
… …!!!!

 

急に目の前が真っ暗になり、
エリシアは飛び起きるように目が覚めた。
服は汗でびっしょり濡れていた。

 

エリシア
「はぁ… はぁ… はぁ…。」

 

エリシア
「はぁ…。」

 

エリシア
「…一体誰…?私は…何者なの…?」

 

To Be Continued…


トップページに戻る