このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

【メインストーリー第29話】ナノマシンの暴走

投稿者:
【運営】担当

  • いいね (9)

○ラボ

 

マスターの様子が心配になり、
エリシアを連れてラボに来ていた。

 

フェロー
「マスター!!大丈夫!?」

 

ドクター
「もう毎回注意する気も失せてくるわね…。」

 

レッドフォックス
「……。」

 

エリシア
「あ、フォックスさん!」

 

レッドフォックス
「やぁ、アンタ達。元気?
また、強くなったかい?」

 

フェロー
「レッドフォックスはどうしたの?」

 

レッドフォックス
「……どうしたの?って?
そりゃ、リザードが倒れたっていうから
来てやったのさ。」

 

マスター
「フォックス、すまない。
俺はもう大丈夫だ…。」

 

レッドフォックス
「あ、そ。
心配して損したよー。」

 

エリシア
「マスターさん…。
何かあったんですか?」

 

マスター
「いや…、ちょっと昔の事を
思い出しちまってな…。」

 

レッドフォックス
「どしたのリザード?
昔の事なんて、らしくないじゃない。」

 

マスター
「ビースト暴走事件の事さ…。」

レッドフォックス
「っ……!!」

 

マスター
「昔俺がソルジャーとして現役だった頃、
フォックスと同じ軍の部隊に所属していたって
話を前にしただろう?」

 

フェロー
「うん、この前酒場で聞いた話だよね。」

 

レッドフォックス
「……。」

 

マスター
「俺達は「ビースト」と呼ばれる統合軍…
いや、旧統合軍の部隊にいたんだ。」

 

レッドフォックス
「……ごめん。ちょっと用事を思い出した。」

 

レッドフォックス
「アタシはそろそろ行くから。じゃ。」

 

エリシア
「フォックスさんどうしたんでしょう…。
すごい顔してました…。」

マスター
「……。
フォックスの前でこの話をするべきじゃなかったな…。」

 

フェロー
「その事件で何かあったんだね…。」

 

マスター
「話を続けるぞ。
『ビースト』は戦闘用義体の試験を
主眼に置いた部隊だった。」

 

マスター
「まぁ、要はサイバーウェアとナノマシンで
身体強化された改造兵士達の部隊だな。」

 

フェロー
「マスターもサイバーウェア化されてるの?!」

 

マスター
「今はそうだが、その当時は普通の兵士だった。
全てが改造兵士というわけでは無い。」

 

マスター
「実践経験はそれなりにあったが、
そもそも入隊して浅かったから、
まだ身体強化の工程には至っていなかったんだよ。」

 

フェロー
「なるほど~。入隊していきなり
改造されるわけでは無いんだね。
なんか秘密結社的なにおいがしたんだけど。」

 

フェロー
「それで脳が改造される寸前に逃亡して、
その秘密結社と戦う…みたいな。」

 

エリシア
「わー!かっこいいです!!」

 

ドクター
「あなた達…、SF小説の読み過ぎね…。」

 

マスター
「この部隊の特徴としてメンバーは皆、
動物のコードネームで呼ばれていた。」

 

フェロー
「だからレッドフォックスも
名前にフォックス(狐)が入ってるんだね。」

 

マスター
「そうだ。必ずコードネームには動物が入っているんだ。
俺のコードネームは『コールドリザード』だった。」

 

エリシア
「色+動物とかじゃないんですね!」

 

マスター
「特に決まっては無い。
『ブラッドベア』や『ブリィーズィラット』とかも居たしな。」

 

フェロー
「でも、なんでマスターは
『コールドリザード』なの?」

 

マスター
「どれだけ傷を負おうが、表情ひとつ変えずに
敵を仕留める姿から付けられたみたいだ。
まぁ、無愛想だったのかもしれんな。」

 

フェロー
「無愛想…わかる気がする…。」

 

ドクター
「『ビースト』はハードルの高い編入試験をパスし、
特殊な養成過程をくぐり抜けた者のみが在籍していた
旧統合軍の中でもエリート集団だったみたい。」

 

ドクター
「フォックスが人間離れした強さなのも、
マスターが現役時代あんなに強かったのも、
納得出来るわね。」

 

マスター
「ふん…、昔の話だ。」

 

マスター
「で、『ビースト暴走事件』の話だが…。」

 

マスター
「俺とフォックスが入隊して
あまり月日が経たないある日、
戦車や兵器、仲間の改造兵士達が突如暴走したんだ。」

 

マスター
「戦車や兵器は、兵士達に牙を向き、
改造兵士は同士撃ちなどをはじめ、
部隊は大混乱に陥った。」

 

フェロー
「それ…「無敵鉄道組合」で起こった件と似てる…。」

 

マスター
「そうだ…。恐らく原因は同じだと思う。」

マスター
「たまたま他の場所で訓練をしていた一部の兵士と
俺とフォックスのみ生き残ったが部隊はほぼ壊滅状態になった。」

 

ドクター
「ひどい事件ね…。」

 

マスター
「もちろんそのまま部隊は解散。
色々調べたが、原因が究明できなかった為、
統合軍内では「謎の暴走事故」という形で片付いてる。」

 

マスター
「俺はその事件で、右目と右腕を大きく損傷した。
それに、他の部分も大きな傷を負ってほぼ瀕死状態だった。」

 

マスター
「それでフォックスとも顔見知りだった
グレイ博士に助けられ全身を
サイバーウェア化した事により
なんとか一命を取り留めたんだ。」

 

エリシア
「マスターさん…。」

 

フェロー
「前から気になってて聞くべきが
どうか迷ってたんだけど…
マスターの右腕って義手なの?」

 

マスター
「ああ…。右腕に関しては損傷が激しくてな。
サイバーウェア化では復元できなかったから
機械の義手で補強してある。」

 

フェロー
「そうだったんだ…。
右目もずっと眼帯付けてるけど…。」

 

マスター
「ああ、これか。この下は義眼なんだが、
どうも気に入らなくてな。どうせ見えないし、
眼帯を付けてる方がマシなだけさ。」

 

フェロー
「厨二病的なファッションかと思ってたよ。
爆ぜろ、ダークスフィア!みたいな。」

 

マスター
「そんなわけ…、うっ…!!」

 

フェロー
「右目が疼くの!?」

 

ドクター
「冗談はそれぐらいにして、
ちょっと話過ぎたようね。
安静にしてた方がいいわ。」

 

マスター
「すまない…。ちょっと眩暈が…。」

 

ドクター
「フェローちゃん。エリシアちゃん。
今手が離せないからバイオチップを持って来てほしいの。」

ドクター
「バイオチップは様々な細胞などをチップ化したものよ。
サロンに行けば手に入ると思うわ。」

 

フェロー
「わかった!エリシアちゃん行こう!」

 

エリシア
「はい!マスターさん待ってて下さいね!」

 

 

ドクター
「本当にいい子達ね…。」

 

マスター
「ああ…、そうだな…。あいつらには
これ以上危険な目に合わせたくない…。」

 

ドクター
「ええ…。あの子達には悪いけど…
私達でなんとかしないと…。」

 

マスター
「ああ…、すまないな。
俺が、こんな身体で…。」

 

ドクター
「いいえ…。私とあなたの仲でしょ?リザード。」

 

マスター
「…ふん…。」

 

─ 数分後…

 

バイオチップを手に入れ、
サイバーウェアのメンテナンスを行い、
一息ついたドクター達の姿があった。

 

ドクター
「これでひとまずは安心ね。」

 

マスター
「すまない…。」

 

ドクター
「フォックスもそうだけど、サイバーウェアは
定期的にメンテナンスしないといけないの。」

 

フェロー
「しないとどうなるの?」

 

ドクター
「体が言う事を聞かなくなり、
最悪死に至るケースもあるわ。」

 

エリシア
「死…。」

 

ドクター
「まぁ、身体機能強化の代償みたいなものね。
サイボーグのように不死身では無いの。」

 

ドクター
「マスターは最近忙しくてろくに
メンテナンス出来てなかったから
限界が来ていたみたい。」

 

マスター
「まぁ、酒場の仕事もあったし
お前らとも行動してたからな。」

 

フェロー
「なんかごめんね…。
そんな事になってるとは知らなくて。」

 

マスター
「いや…無理もない。
俺がそもそも事情を説明していなかったからな。
お前らは何も悪くない。」

 

エリシア
「マスターさん…。
今後は絶対に無理しないで下さいね。」

 

マスター
「ああ…、わかっている。」

 

フェロー
「今回の『無敵鉄道組合』と『ビースト』の件って
同じって言ってたけど原因は何なの?」

 

ドクター
「ナノパンデミック…。
恐らくナノマシンの暴走だと思うわ。」

 

フェロー
「ナノパンデミック!
この前船長が言ってやつだ。
結局ナノパンデミックって何なの?」

 

ドクター
「そろそろあなた達にも説明しないとダメみたいね…。」

 

マスター
「そうだな…。」

ドクター
「ナノパンデミック…。
人々は『カンパニーの落日』と呼んでいるわ。」

 

ドクター
「三年前『エルピス作戦』が行われたのは
この前船長から聞いたわよね。」

 

フェロー
「うん。」

 

ドクター
「その作戦の目的はグラウンド・ゼロにあった
とある施設を目指す作戦だった。」

 

マスター
「その作戦には俺と船長
そしてドクターも同じ部隊で参加していたんだ。」

 

フェロー
「えっと、マスターはソルジャーで船長はハンター…。
ドクターはメディック?」

 

ドクター
「本職はメディックだけど、その作戦には
メカニックとして参加していたわ。」

 

フェロー
「あ~、確かにドクターは戦車の修理を行えるもんね…。
本当に何でも出来るよね…。ある意味怖いよ。」

 

ドクター
「どういうことかしら?」

 

フェロー
「いや、何でもないです…。」

 

マスター
「で、その作戦中先陣を切っていた部隊の
通信が途絶えた。妙に思った他の部隊が
その部隊のところに向かうと…。」

 

マスター
「互いに殺し合う者。
動けず無防備になり一方的にモンスターに殺される者。
暴走した兵器に殺される者。まさに地獄絵図だった。」

 

フェロー
「それってビースト暴走事件や
無敵鉄道組合の件と同じだね…。」

 

マスター
「ああ、そうだ。全く同じだ。」

 

ドクター
「そして暴走した兵器や兵士は
残りの部隊にも襲い掛かり事態はパニックになって…。
結果、作戦は失敗。」

 

マスター
「俺達はそこまで致命傷は負わなかったが、
その影響で俺は戦闘力を失い、戦う事が出来なくなった。」

 

ドクター
「”なぜ”暴走したのか、”なぜ”マスターは戦闘力を失った
のかまでは、結局わからなかったのよね…。」

 

マスター
「ただその作戦の先陣を切っていたのは、
新統合軍から選り抜かれた改造兵士たちの部隊だった。
要はビーストの兵士と同じだ。」

 

ドクター
「サイバーウェアは人間が持つ身体機能を機械や
電子機器などの装置に置き換える技術なのは知ってるわよね。
無論ナノマシンも改造に用いられていた。」

 

ドクター
「サイバーウェアとナノマシンは
いわば、ネットワーク制御された装備品のようなものなの。」

 

マスター
「恐らく誰かの手によってハッキングされたと考えられている。」

 

ドクター
「もしくはウィルスね…。」

 

フェロー
「ウイルス?風邪とかのやつ?」

 

ドクター
「コンピュータウイルスってあるわよね?
コンピュータに被害をもたらすプログラム。
あれと似たようなものよ。」

 

フェロー
「なるほど~。あれもネットワークを通じて
感染するもんね。」

 

マスター
「恐らくビースト暴走事件で
俺とフォックスが生き残ったのは
当時まだサイバーウェア化されていなかったからだと思っている。」

 

ドクター
「ただ、全てが強化兵士では無かった事から、
恐らくその時はカンパニーが持っていた
武器や防具にも影響したと見られているわ。
だからサイバーウェアやナノマシンのみでは無いの。」

 

ドクター
「共通しているところと言えば、
『大破壊』前の発掘品か、そのレプリカ。
それぐらいの情報しか無いのよ。」

 

ドクター
「これが迷宮入りさせる原因で結局
対策手段が講じられる事は無かったわ。
お手上げだったんでしょうね。」

 

フェロー
「それがナノパンデミック…。」

 

エリシア
「ちょっと待って下さい…。」

 

フェロー
「エリシアちゃんどうしたの?」

 

エリシア
「今ドクターさんが言ったこと…
この前カベノウエで見つけた宿帳に
お父さんが書いていました…。」

 

(回想)

少し得た情報によると、ナノマシンのみならず、
「大破壊」前に造られたもの、もしくはその複製品にも影響したようだ。

 

(回想終わり)

 

ドクター
「ほんとだわ…。」

 

エリシア
「もしかすると…お父さんは
ナノパンデミックについて調べていたのでしょうか?」

 

ドクター
「でもナノパンデミックって三年前の出来事よ…。
すでにその時、町は崩壊しているはずよ。」

 

エリシア
「あ、そうですね…。
では…一体お父さんは何を…。」

 

フェロー
「とりあえず、マスターが回復したら
カベノオクに向かおうよ!
何か他に情報があるかもしれないし。」

 

マスター
「ああ、すまない。
しかしサルーンガールの報告も
まだみたいだし、気にはなるな。」

 

エリシア
… …。

 

フェロー
「エリシアちゃんどうしたの?」

 

エリシア
「…いえ!何でもないです…!」

エリシア
「… お父さん…。」

 

To Be Continued…


トップページに戻る