このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

【メインストーリー第20話】覚醒

投稿者:
【運営】担当

  • いいね (8)

○司令室

オフィサー
「エリシア君とフェロー君の
反応が消えたのはどの辺りだね?」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「はいそうですね…
おそらく、人食い砂漠を
中心としたこの辺りです。」

 

オフィサー
「かなり広いな…。
全ハンターに二人を探すように
ハンターオフィスから依頼を出そう。」

 

オフィサー
「君も頼んだぞ。
どんなものでもいいから
エリシア君たちの手がかりを見つけてくれ。」

 

オフィサー
「もちろん、本人たちを
見つけてくれるのが一番良いが…。」

 

オフィサー
「手がかりとなるものなら
些細なものでも持ち帰ってほしい。」

 

マスター
「俺も知り合いのハンターに
昔の伝手で動いてもらっている。」

オフィサー
「そうか…。
すまんな、迷惑をかけるマスター。」

 

マスター
「この事態なんだ。
気にするな。」

 

ドクター
「私は何かあったときのために
ラボに待機しておくわね。」

 

オフィサー
「何もなければいいが…。」

 

─ 数時間後…

 

○司令室

 

オフィサー
「これは…エリシア君のものか?」

 

ドクター
「そうね…見覚えがあるわ。
エリシアちゃんの
左手に付けてた布の切れ端ね。」

 

オフィサー
「見つかったのはこれだけか…。
これでは…二人はもう…。」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「船長!
エリシアさんとフェローさんです!」

 

オフィサー
「何? 通信が入ったのか?」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「い、いえ、外を見てください。
二人と…あともう一人いますが
姿が見えます。」

 

オフィサー
「なんと…自力で帰ってきたのか…?
とにかく、迎えにでよう。
早く話を聞きたい。」

 

 

○荒野

 

フェロー
「あー、ひどい目にあったよ…。
ようやく帰ってこれた…。」

 

オフィサー
「フェロー君
いったい何があったのかね?」

 

フェロー
「えーと、モンスターに襲われて
攻撃を通信機で受け止めたら
なぜか通信できなくなっちゃって…。」

 

エンジニア
「なぜかじゃないよ!
そんなことしたら壊れて当然だよ!」

 

フェロー
「ああ、やっぱり壊れてたのかな。
あたしもその後、直そうとしてガンガン
ぶっ叩いてみたんだけど…。」

 

エンジニア
「叩いて直るわけないだろ!
ああ、ボクの通信機がこんなに
ボコボコになって…。」

 

フェロー
「それでその時に
助けてくれたのがこの人だよ。」

フードをかぶった女
「……。」

 

フェロー
「もう、強いのなんのってこの人。
その辺のモンスターなんか
千切っては投げ千切っては投げって感じで。」

 

オフィサー
「そうか…。
二人を助けてくれた事には礼を言おう。
君は…?」

 

マスター
「…船長、俺の知り合いだ。」

 

オフィサー
「ああ、マスターの言ってた
知り合いのハンターか。」

 

フードをかぶった女
「別にリザードに頼まれたから
その子を助けたわけじゃないよ。」

 

フードをかぶった女
「元々、どうしようもない状況だったら
ギリギリで助けに入る気でいたからね。」

 

オフィサー
「…どういうことだ?」

 

フードをかぶった女
「そんなことよりも
アタシは怒ってるんだ。」

 

フードをかぶった女
「アンタたち、危ない事を
この子にさせすぎだろ。」

 

フードをかぶった女
「取り返しのつかない事になったら
タダじゃおかないよ?」

 

オフィサー
「それは…いや、その通りだな。
言い訳もできん。
私の見通しが甘かった。」

 

オフィサー
「エリシア君、すまなかった。
こんな危険な目に合わせてしまって…。」

 

エリシア
「いえ、私はこうして無事でしたし…。」

 

フェロー
「でも、あの手袋みたいな布、
無くしちゃったね。」

 

エリシア
「ええと、あれは気づかないうちに
外れて落としたみたいで…。」

 

オフィサー
「それならこちらで回収してある。
必要なら直して返そう。」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「船長!
壁の上から砲撃です!」

 

オフィサー
「砲撃だと!?
そうか…エリシア君を狙って…。」

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「地対空ミサイル発射します!
…迎撃成功です!」

 

オフィサー
「全ての弾着を確認したか!?」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「次弾来ます!
電磁バリア展開…。
…! ダメ! 外にまだ乗組員が!」

 

オフィサー
「早くランドシップの中へ戻るんだ!」

 

エリシア
「…ダメ…間に合わない…。」

 

フェロー
「うわーもうダメだよー!?」

 

フェロー
「…あれ、なんともない…?」

 

エリシア
「……。」

フェロー
「ど、どうしたのかな?
エリシアちゃん…?
左腕の紋章が光っている…?」

 

フードをかぶった女
「今のは…砲弾の弾道を曲げたのか…?」

エリシア
「脅威ヲ排除シマシタ。」

 

フェロー
「ちょっと!
どうしたんだよエリシアちゃん!?」

 

フードをかぶった女
「あーはっはっは!」

 

フェロー
「今度はこっちの人まで変に!?」

フードをかぶった女
「そう! これだよ! これ!
アタシが求めていた力は!
あーはっはっはっは!」

 

エリシア
「……。」

 

第一章「人類再生への軌跡」完

 

To Be Continued…


トップページに戻る