このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

【メインストーリー第19話】降り注ぐ雨

投稿者:
【運営】鶏太朗

  • いいね (5)

○司令室

 

オフィサー
「壁際の安全地帯から抜けるぞ!
迎撃準備!」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「了解です。
地対空ミサイル発射します。」

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「…砲撃、すべて迎撃成功しました。
被害はありません。」

 

オフィサー
「よし、次の砲撃が来ないうちに
壁際の安全地帯まで戻れ!」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「はい、後退します。」

 

オフィサー
「…この結果は、やはり…。」

 

フェロー
「ちょっと船長さん。
さっきからいったい何をしてるの?」

 

フェロー
「何度も何度も
安全地帯から出たり入ったりしてるけど…。」

 

オフィサー
「ああ、すまないな。
確証があるまでは言うべきではないと
思っていたのだが…。」

 

オフィサー
「どうも、あの壁の上からの砲撃は
エリシア君を狙って行われているようだ。」

 

フェロー
「エリシアちゃんを?どうして?」

 

オフィサー
「どうしてかは判らんな…。
エリシア君が狙われている事だけは
確かだが。」

 

エリシア
「…私が狙われている…?」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「船長、今までの対空ミサイルの
迎撃成功率が出ました。
約90パーセントです。」

 

オフィサー
「うーむ…
地対空ミサイルだけでは完全に
砲撃を防ぐ事はできないようだな…。」

 

エンジニア
「ミサイルの誘導性能を
これ以上高めるのは無理だよ。」

 

エンジニア
「迎撃からもれたぶんの砲撃は…
電磁バリアが使えればいいんだけど…。」

 

フェロー
「バリア?
そんなすごそうなものが
ランドシップにあったの?」

 

エンジニア
「あるけど使えないんだよ。
今のランドシップの動力源だけじゃ
バリアのエネルギーには足りないんだ。」

 

 

フェロー
「動力源ね…。
たしか水際研究所に動力源に
なりそうな素材があるって話だよ。」

 

オフィサー
「…しかし、そこは
壁際の安全地帯の外だな…。」

 

フェロー
「狙われているのがエリシアちゃんとはいえ
今、のこのこ出て行ったら
他の人でも砲撃されるかもしれないね。」

 

オフィサー
「そうするとハンターたちに依頼して
行ってもらうのも危険か。」

 

エンジニア
「うーん、なにか、囮になるようなもので
砲撃の目標を逸らせればいいんだけど…。」

 

エリシア
「……。」

エリシア
「…私が囮になります!」

 

フェロー
「ちょ、ちょっとエリシアちゃん!
何を言い出すんだよ!
そんなの危ないよ!」

 

エリシア
「でも、囮になるなら私が一番いいはずです。
私が狙われているんですから…。」

 

オフィサー
「…ふむ、その案は
考えてみる価値があるかもしれん。」

 

フェロー
「ちょっと、船長さん
それはひどすぎるよ!」

 

オフィサー
「いや、先ほどまでの砲撃で
その規則性がつかめた。」

 

オフィサー
「ランドシップの巨体では無理だが
小回りがきく徒歩なら
砲撃を回避することは容易なはずだ。」

 

オフィサー
「そのためには、思い切って
壁から離れた所まで
行ったほうがいいかもしれんな。」

 

オフィサー
「そのほうが着弾まで時間がかかる。
射程外まで行くことができれば安全だ。」

 

フェロー
「でも、エリシアちゃんを
危険にさらすのは…。」

 

オフィサー
「…エリシア君を守る装備のために
エリシア君を囮にせねばならない
というのは本末転倒ではある。」

 

オフィサー
「他に何か良い方法があるならば
私もそちらを選ぶのだが…」

 

エリシア
「…大丈夫です。
私にその囮をやらせてください。」

 

フェロー
「…そこまでエリシアちゃんが言うのなら…。
でも、あたしも一緒に行くからね!」

 

エリシア
「え? フェローさんが?」

 

フェロー
「いやいや、エリシアちゃんを
一人で行かせるわけないでしょ。
道に迷ったらどうするの?」

 

オフィサー
「そうだな、フェロー君
エリシア君に同行してくれ。」

 

エンジニア
「フェローさん、ボクの作った
通信機を渡しておくよ。」

 

フェロー
「ありがとー。
いざという時になったら
これで連絡するよ。」

 

オフィサー
「エリシア君たちが囮になってくれる間に
君には水際研究所に向かってくれ。
頼んだぞ…。」

 

─ 数時間後…

 

○司令室

 

オフィサー
「動力源を取ってきてくれたか。
ご苦労だった。」

 

エンジニア
「それが、この原子力エンジンだね。
これなら電磁バリアを起動するだけの
動力源になるよ。」

 

ドクター
「これでどうにかなりそうね。」

 

オフィサー
「よし、エリシア君たちに
連絡を入れてくれ。
至急、戻って合流するように、と。」

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「…船長、大変です!
フェローさんたちと連絡が取れません!」

 

エンジニア
「ボクが渡した通信機には
発信機も付いているはずだよ!
その信号は!?」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「先ほどまではその発信機の信号を
捕らえていたのですが…。」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「今は何も反応がありません。
突然、信号が途絶えました…。」

 

オフィサー
「砲撃はどうなっている?」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「フェローさんたちはすでに
砲撃の射程外まで移動しています。」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「砲撃が届かない場所にいるはずなのに
…そこで信号が途絶えたんです。」

 

エンジニア
「どういうこと…?
なにがあったんだろう…。」

 

オフィサー
「…私の判断が間違っていたのか…?」

 

オフィサー
「いや、そんな事を考えるのは後だ。
今は二人を探すことが何より優先する!」

 

To Be Continued…


トップページに戻る