このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

【メインストーリー第2話】謎のカプセル

投稿者:
【運営】鶏太朗

  • いいね (12)

○ガレージ

エンジニアからアマモ跡地で見つかった
例のカプセルについて判った事があるから
ガレージに来てほしいと連絡があった。

 

エンジニア
「やあ、ようやく来てくれたね。
待ってたよ!」

 

エンジニア
「判ってる、このカプセルの事だよね。
あれからいろいろ調べて
すごいことが判ったんだよ!」

 

エンジニア
「これは、生命維持カプセルと
呼ばれているものなんだよ。」

 

エンジニア
「いわゆるコールドスリープとは
ちょっと違ったものだけど…。」

 

エンジニア
「この中に入っている者を
長期間眠らせて生命を維持する
ことができるんだ。」

 

エンジニア
「そして、この生命維持カプセルは
今も稼働中なんだ…。
つまり…。」

フェロー
「つまり、この生命維持カプセルの中には
誰かが入ってるって事だね!」

 

エンジニア
「ちょっとフェローさん!
ボクのセリフを取らないでよ!」

 

フェロー
「だってさ~ 黙って見ていたら
エンジニアはいつまでたっても
あたしを紹介してくれないし!」

 

エンジニア
「…ああ、そうだったね。
この人はフェローさんって言って
この調査を手伝ってくれてるんだよ。」

 

フェロー
「まあ、調査ならまかせてよね
なにしろあたしはランドシップで一番の
調査員なんだからね!」

 

エンジニア
「一番ってランドシップの調査員は
フェローさん一人だけしかいないはず…。」

 

フェロー
「それはいやその…
そ、そうだ、まだ生命維持カプセルの
説明が途中だったでしょ!」

 

エンジニア
「まあ、そうだけど…
でもその辺のことはフェローさんのほうが
詳しいんじゃないかな?」

 

フェロー
「じゃあ、後はあたしから説明するよ。
この中に誰かが入っていることは
さっき説明があったけど…。」

 

フェロー
「この生命維持カプセルは、
厳重にロックされていて
開けることができないんだ。」

 

フェロー
「ロックを解除するには
キーとなるものが必要なんだけど…。
君、持っていたりしない?」

 

フェロー
「うーん、持っているわけないよね…。
じゃあ、探しに行かないとね。」

 

フェロー
「カプセルはアマモ跡地にあったんだよね。
そこにキーみたいなものなかったかな?」

 

エンジニア
「キーと言っても電子的なロックだから
たぶんカードとかだと思うよ。」

 

フェロー
「そう、カード!
カードみたいなのだよ!」

 

フェロー
「何か心当たりあるかな?
とりあえずアマモ跡地に行ってみようよ!」

 

フェロー
「あ、今回からあたしが同行するからね。
船長さんもこの件は重要視していて
君に協力しろって言ってたんだよ。」

 

フェロー
「これからよろしくね。
ナンバーワン調査員のあたしを
頼ってくれていいよ!」

 

エンジニア
「だからナンバーワンもなにも
調査員は一人しかいないって…。」

 

フェロー
「さあ、アマモ跡地に出発!」

 

 

○ガレージ

 

アマモ跡地でICカードを見つけ、
ガレージに戻って来た。

 

エンジニア
「ICカードが見つかったんだね?
それなら生命維持カプセルを開けられるよ。」

 

フェロー
「ちょっと待って!」

 

エンジニア
「どうしたのフェローさん?」

 

フェロー
「いや、考えてみたらこの中に入っているの
人間と決まったわけじゃないよね?」

 

フェロー
「モンスターとか犬とかが
入っていたら危ないかも…。」

 

エンジニア
「なんでモンスターと犬が
同列なのか判らないけど…。」

 

エンジニア
「大丈夫だよ。
人間用の生命維持カプセルなんだから
中にいるのも人間だって。」

 

フェロー
「じゃあ、死体だったりするかも…。」

 

エンジニア
「生命維持カプセルは稼動中なんだから
中の人も生きているよ!」

 

エンジニア
「もう、邪魔しないでよフェローさん!
キミ、ICカードをここに入れて。
それだけで開くはずだから。」

 

言われた通り、ICカードを
生命維持カプセルに差し込んだ。

 

フェロー
「…あれ?
ICカード入れたけど開かないよ。」

 

エンジニア
「ちょっとは時間かかるんだよ。
眠っている中の人を覚醒させるんだから。」

 

フェロー
「なるほど、解凍中ってことだね。
あ、生命維持カプセルが開く…!」

謎の少女

 

エンジニア
「女の子…?
生きているよね?
まだ眠ってるみたいだけど…。」

 

フェロー
「…おかしいな。
生命維持カプセルが開くと中の人も
目覚めるはずなんだけど…。」

 

エンジニア
「たぶんだけど、長く眠りすぎて
衰弱しているのかもしれない。」

 

エンジニア
「人の体はボクの専門外だよ。
ドクターを呼んでこよう。」

 

生命維持カプセル中にいたのは謎の少女だった。
少女は目覚めないまま、ドクターのラボへ
移されることになった。

 

フェロー
「あの子の首の装飾…首輪…?」

 

フェロー
「気に障る事なんてないはず…なのに…」

 

To Be Continued…


トップページに戻る