このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

【メインストーリー第18話】新天地を求めて

投稿者:
【運営】鶏太朗

  • いいね (4)

○司令室

 

グレートウォール。
巨大な人工壁によって
東西が分断されている地域である。

フェロー
「着いたー!
でっかい壁が見えてきたよ!」

 

オフィサー
「落ち着きたまえフェロー君。
壁の大きさから考えて
目的地まではまだ距離があるはずだ。」

エリシア
「…すみません船長。
わたしのためにこんなところまで
ランドシップを動かしてもらって…。」

 

オフィサー
「気にするなエリシア君。
話を聞く限りではニコラという人物は
我々にとっても重要人物だと思われる。」

 

オフィサー
「エリシア君の父親だということを
抜きにしても少しでも情報がほしい。」

 

オフィサー
「何しろ、分からない事が多すぎる。
彼の手がかりが掴めればいいのだが。」

 

その時、ランドシップに衝撃が走った。

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「左舷に被弾!
壁の上から砲撃されています!」

 

オフィサー
「砲撃だと?
噂には聞いていたが
本当に壁の上から撃ってきたのか?」

 

フェロー
「うーん、おかしいよ…。
壁の上からの砲撃はもう無くなっていて
安全だって聞いていたけど…?」

 

オフィサー
「実際に撃たれているのだから
そんな事を言っている場合ではない!」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「次の砲撃、来ます!」

 

フェロー
「うわー!
避けて避けて!
そうだ、ジャンプして!」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「無茶言わないでください!」

 

オフィサー
「総員、着弾の衝撃にそなえろ!」

 

フェロー
「けっこう揺れる…!
エリシアちゃん、大丈夫?」

 

エリシア
「だ、大丈夫です…!」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「さらに次の砲撃来ます!」

 

オフィサー
「地対空ミサイルで迎撃できるか?」

 

エンジニア
「無理だよ!
目標が熱源のないただの砲弾だと
ミサイルを誘導できないよ!」

 

オフィサー
「ならば全速前進!
ランドシップを壁に寄せろ!」

 

オフィサー
「そこは壁自体が邪魔になって
砲撃の死角のはずだ!」

 

 

フェロー
「ふぅー、ようやく砲撃が止んだよ…。」

 

エリシア
「危なかったですね…。」

 

オフィサー
「しかし、これでは
ここからうかつに動く事もできんな…。」

 

エンジニア
「ならボクの出番だね。
地対空ミサイルを改造して
砲弾を迎撃できるようにしよう。」

 

オフィサー
「そんなことができるのかね?」

 

エンジニア
「熱源誘導じゃダメだから
電磁波による誘導装置が必要だね。」

 

エンジニア
「必要な素材があれば
すぐにでもボクが作るよ。」

 

オフィサー
「うむ…素材か…。」

 

フェロー
「あ、たしかすぐ近くに
廃倉庫があったはずだけど。
そこに使えるものないかな?」

 

オフィサー
「そこならば素材が入手できるかもしれんな。
至急、必要な素材をピックアップして
ハンターたちに依頼しよう。」

 

オフィサー
「君も素材集めを手伝ってほしい。
詳細はハンターオフィスで話そう。」

 

─ 数時間後…

 

○司令室

 

オフィサー
「君のおかげで素材が集まったようだ。
ご苦労だったな。」

エンジニア
「これで地対空ミサイルを改造できるよ!
ありがとう!」

 

エンジニア
「早速、誘導装置を作るよ!
あ、フェローさん
邪魔はしないでよね。」

 

フェロー
「そんな事、しないって。
それより船長、あたしが調査員らしく
調べて来たんだけどね。」

 

オフィサー
「何かね?
ニコラという人物についてでも
何か判ったのかね?」

 

フェロー
「ああ、そっちのほうは成果なしだったよ。
ごめんねエリシアちゃん。」

 

エリシア
「いえ、いいんです…。」

 

フェロー
「あの砲撃なんだけど、
やっぱり、もうずっと止まっていて
撃たれる事はなかったらしいよ。」

 

フェロー
「それなのに、今回は
急に動き出したって…。」

 

オフィサー
「ふむ…。
このランドシップが狙われたのか…?」

 

オフィサー
「まさか…これはアラドの仕業か?」

 

オフィサー
「いや…
ヤツが壁の上の砲を動かせるとは
思えないな…。」

 

オフィサー
「…しかしそうすると…
ランドシップに何か狙われる理由は…?」

 

エリシア
「……どうかしましたか、船長?」

オフィサー
(もしかして彼女を狙って…?いや…まさかな。)

 

To Be Continued…


トップページに戻る