このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

【メインストーリー第13話】謎の男「アラド」

投稿者:
【運営】担当

  • いいね (5)

○司令室

オフィサーはアラドについて
知る限りの事を話し始めた。

 

オフィサー
「アラドとの通信を見て判ったと思うが
私とあいつは昔からの知り合いだ。」

オフィサー
「隻眼の亡霊、隻眼のアラドと
と呼ばれていた有名なソルジャー
それがあいつだ。」

 

オフィサー
「私が現役のハンターだった頃、
アラドとは肩を並べて戦った戦友だった。」

 

オフィサー
「詳しくは知らないが
元はどこかの軍の部隊に
所属していたらしいと聞いたな。」

 

オフィサー
「…三年前、ある大規模な作戦があった。
私とアラドはともにその作戦に
参加していたのだ。」

 

オフィサー
「だが、その作戦は失敗…。
アラドの部隊は戦闘の中で通信が途絶えた。」

 

オフィサー
「遺体は確認できなかったが
状況から見てアラドが戦死したのは
間違いないだろうと思われた。」

 

フェロー
「でも、生きていたんだよね?」

 

オフィサー
「ああ、そういうことになるな…。」

 

フェロー
「ランドシップを破壊するとか
言っていたよね…。」

 

フェロー
「あとエリシアちゃんを渡せって…。」

 

オフィサー
「そんなことはさせん。
…断じてな。」

 

フェロー
「一応聞いてみるけど
エリシアちゃんは、あのアラドって人
見覚えあるかな?」

 

エリシア
「…判らないです…すみません。」

 

フェロー
「いや、いいんだよ。
考えてみると、二人に接点あるわけないか。」

 

フェロー
「エリシアちゃんはずっとカプセルの中に
いたんだし、アラドは3年前から
行方不明だったんでしょ。」

 

フェロー
「それに怖がることないよ。
ランドシップの中にいれば
アラドもそう簡単に手を出せないし。」

 

オフィサー
「いや、そうも言ってられん。
アラドのことだ、今までの襲撃は
ランドシップの戦力を計るためだろう。」

 

オフィサー
「今後の襲撃に対抗するためには
ランドシップの強化が必要だな。」

エンジニア
「はいはーい!
船長さん、それならランドシップの
地対空ミサイルを強化するのがいいよ!」

 

エンジニア
「ランドシップって上空の
防備が手薄だし
遠距離から攻撃をされたら危ないと思う。」

 

オフィサー
「地対空ミサイルか…。
確かに有効だろうが、できるのかね?」

 

エンジニア
「大丈夫! 任せてよ!
…ただ、かなりの素材が必要なんだよね。」

 

オフィサー
「判った、ハンターオフィスに
必要な素材を依頼しておこう。」

 

オフィサー
「そうだ、君も素材の調達を頼んだぞ。
必要な素材が多いなら手分けしなければな。」

 

オフィサー
(しかしアラド…なぜお前が…
我々を裏切ったのか…?)

 

─ 数時間後…

 

○司令室

 

オフィサー
「ご苦労だった。
これで地対空ミサイルの強化に必要な
素材は集まったな。」

 

エンジニア
「ありがとー!
キミのおかげで
思ったより早く素材が集まったよ!」

 

エンジニア
「これで地対空ミサイルの強化ができるよ!」

 

フェロー
「よーし、エンジニア
私も何か手伝おうかな!」

 

エンジニア
「え? うーん
フェローさんはいらないかな…。」

 

フェロー
「いらないって何!?
私はいらない子!?」

 

エンジニア
「いや、だって…
フェローさんは技術者じゃないよね。」

 

フェロー
「そこはそれ、
なんかすごい翻訳機能付きの
このオーパーツのゴーグルが…。」

 

エンジニア
「ミサイルの強化に
翻訳機能使わないし…。」

 

フェロー
「私はこのオーパーツの
機能が判明したばかりで
使いたくて仕方ないんだよ!」

 

エンジニア
「それはどこか他所でやってよ!」

 

エンジニア
「まったくもう邪魔しないでよね…。
ボクはさっそくミサイルの強化に
取り掛かるから!」

 

オフィサー
「ああ、頼んだぞエンジニア。」

 

オフィサー
「フェロー君は…そうだな。
後でマスターに軽食でも作ってもらって
エンジニアに差し入れしてくれ。」

 

フェロー
「ゴーグルの機能関係ないねそれ…。」

 

オフィサー
「エンジニアの邪魔はしないように。」

 

フェロー
「はーい、わかったよー。」

 

オフィサー
(アラド…お前の企みは
必ず阻止してみせる…)

 

オフィサー
(しかし…お前に何が…
お前はこんな事をするような
人間ではなかったはずだ…!)

 

オフィサー
(一体、何がお前をここまで
変えてしまったんだ…?)

 

To Be Continued…


トップページに戻る