このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

【メインストーリー第12話】望まなかった再会

投稿者:
【運営】担当

  • いいね (5)

○司令室

 

その日も司令室ではオペレーターたちが
いつもと同じように仕事をしていた。

 

オペレーター(天真爛漫かわいい系)
「うーん、座りっぱなしだと
やっぱり疲れるなぁ。」

 

オフィサー
「油断するな。
ただでさえ、最近はおかしな事が
相次いでいるのだからな。」

 

オペレーター(天真爛漫かわいい系)
「もー船長ー。
もちろん仕事は真面目にやってるからー!」

 

その時、ランドシップが大きく揺れた。

 

オフィサー
「何事だ!?」

オペレーター(天真爛漫かわいい系)
「…襲撃!
ランドシップがモンスターに襲撃されてる!
艦内に警報発令!」

 

オペレーター(天真爛漫かわいい系)
「今の衝撃は…
アイアンボアの仕業みたい!」

 

オフィサー
「またモンスターの襲撃だと…?
被害状況はどうなってる?」

 

オペレーター(天真爛漫かわいい系)
「被害はまだ軽微にとどまってるけど…
このままだとヤバイかも…!」

 

オフィサー
「慌てるな!
ただちに迎撃態勢を取るぞ。
ハンターオフィスに連絡をとれ!」

 

─ 激闘の末…

 

○司令室

 

モンスターを討伐すると
オフィサーから司令室に呼び出された。

 

オフィサー
「討伐を終えたばかりなのに
わざわざ来てもらってすまない。」

 

オフィサー
「こうも襲撃が続くようだと、
私が指揮から離れるわけにもいかんのだ。」

 

オフィサー
「それで、エリシア君について
なにか判った事があるのかね?」

 

フェロー
「うーん、判ったのは首の装置からして
エリシアちゃんにはすごい力があるかも…
ということくらいかな?」

 

オフィサー
「まだ詳しいことまでは不明、か。」

 

エリシア
「すみません…
私、何も思い出せなくて…。」

 

オペレーター(天真爛漫かわいい系)
「船長!
発信元不明の通信が来ているよ!」

 

オフィサー
「発信元不明…?
…つないでくれ。」

 

オペレーター(天真爛漫かわいい系)
「じゃあ、正面のモニターに出すね。」

謎の男
「……。」

 

オフィサー
「お前は…!」

 

オフィサー
「まさか…アラドなのか!?」

 

アラド
「ああ、久しぶりだな。」

 

オフィサー
「アラド…生きていたのか…?
お前はあの時死んだはず…。」

 

アラド
「こうして元気にしているさ。
モンスターにランドシップを
襲撃させるくらいな。」

 

オフィサー
「…な、なんだと…?
あれをお前がやったというのか?」

 

アラド
「こちらからの要求を伝える。
1つはカプセルの中に入っていた女を渡すこと。」

 

エリシア
「え、私…?」

 

アラド
「そしてもう1つは
ランドシップの破棄だ。」

 

オフィサー
「ふざけるな!
そんな要求が飲めるか!」

 

アラド
「…せっかく俺が生き残るチャンスを
くれてやったのに愚かな事だ。」

 

オフィサー
「アラド、何が目的だ!
こんなことをして何になる?」

 

アラド
「お前が知る必要はない。」

 

アラド
「俺の要求を飲まないなら
力づくでやらせてもらうだけだ。」

 

アラド
「これからランドシップの
破壊を本格的に遂行する。」

 

アラド
「今までの襲撃は小手調べにすぎない。
お前たちがどう足掻こうが
その先にあるのは確実な死だけだ。」

 

オペレーター(天真爛漫かわいい系)
「あ、通信、一方的に切れたね…。」

 

オフィサー
「アラド…!」

 

エリシア
「あの、船長…。私は…。」

 

オフィサー
「…安心したまえ。
エリシア君の過去に何か
秘密があろうがなかろうが関係ない。」

 

オフィサー
「君のような少女を
差し出して助かろうなどと思う者は
ここにはおらんよ。」

 

エリシア
「でも、私の事でみんなを巻き込んだら…。」

 

オフィサー
「いや、先ほどの男、
アラドは私の旧知の者だ。」

 

オフィサー
「このランドシップを敵視しているようだ。
エリシア君を巻き込んでしまったのは
むしろ私のほうかもしれん。」

 

オフィサー
「それにしても判らない事が多すぎる。
エリシア君は気にせずに
記憶の回復に専念してくれ。」

 

エリシア
「…はい、ありがとうございます…。」

オフィサー
(アラド…
お前の思うとおりにはさせんぞ…)

 

To Be Continued…


トップページに戻る