このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

サクセスの企業風土(5)

Pocket

元気に働いてほしい

――うつ病はいまや珍しい病気ではないと思うのですが、他の業界に比べても罹患者数が多いと感じますか?

吉成 少し前までは日本では精神的な疾患に対する偏見が今よりもずっと酷かったので、「自分はうつ病です」とはなかなか言い出せないような風潮でした。だから統計と言えるほどのものはないのですが、僕はこの40年ゲーム業界にいて、本当にたくさんの人がうつ病を発症するのを見てきたんです。うつ病は業界全体が抱える大きな問題だと思っていますし、我が社もいろいろ対策をしています。

 

――具体的には、どんな対策をされているのでしょう。

吉成 日光を浴びないとうつ病にかかるリスクが高まるということなので、サクセスでは徹夜は原則禁止です。とはいえ朝に弱い社員もいるので、フレックスタイム制や、使い勝手の良い午前半休、午後半休という制度を導入しています。体調が良くない時やプライベートで少しだけ職場を離れたい、といったケースに柔軟な対応ができる勤務制度なので、社員には好評だと思います。

 

――いざというときに遠慮なく休暇が取れるのなら安心ですね。

吉成 それでもやはり、社員がうつ病にかかったり、うつ傾向が出ることもあるんですよ。サクセスでは月に一度、うつ病治療の得意な整体師の先生を長野県からお呼びしています。社員だけでなく取引先の人までが噂を聞いて治療を受けに来ています。

 

――うつ病の専門家というと精神科医やカウンセラーというイメージがあったので、整体でうつ病が改善するとは驚きました。

吉成 伝手をたどってお願いしたんです。整体だけでなくカウンセリングもしていただけるので、助かっています。
ほかにも社員の健康のために管理栄養士による健康指導もお願いしています。肥満も鬱同様大きな問題ですから。

 

お弁当作戦で劇的に改善

――ゲームクリエイターは一日中パソコンに向かいっぱなしになることも多そうですし、会社として取り組めることは色々ありそうですね。

吉成 仕事柄どうしても運動不足になりがちですから、社員にはスポーツを奨励しています。でも、運動どころか普段の食生活にも無頓着な社員も多いんですよ。健康診断で数値の悪い社員がけっこういたから、せめて昼食くらいはちゃんとしたものを食べさせようと思って弁当注文のシステムも導入しました。

 

――ここは五反田駅にも近いですし、昼食を食べる場所ならたくさんあるんじゃないですか?

吉成 それが、適当に済ませてしまう者も多いんです。

 

――たしかに、余裕がないときは安くて早いファストフードを選んでしまいがちですね。

吉成 それで、弁当屋さんと契約して、弁当を会社で一括注文するようにしたんですよ。その日に弁当を買いたい社員は、3種類の弁当から食べたい物を選んで申し込むというシステムです。
1食200円くらいで買えるように会社から補助金を出しているので利用者も多く、おかげで健康診断の数値もずいぶんと改善しました。

 

――昼食を変えるだけでも効果が上がるものなのですね。

吉成 年に1度の健康診断の結果が証明しています。色々な数値が確実に改善しています。

 

――ここまで手厚く面倒を見てくれると、自己管理ができなくても健康になれそうな気がします(笑)。

吉成 目指すところは、クリエイターにとってのユートピアです。

弁当

不健康な社員を救った「お弁当」

吉成社長のつぶやき(26)

趣味の柔道で週3回、合気で週1回の道場通いを欠かさない吉成社長は、運動不足とは縁がない。

『正確には柔道3回、合気1回です。柔道は無酸素運動なので、健康のためのスポーツとは言えないけど、ストレス発散効果は抜群に高いです。合気は有酸素運動なので健康にはいい』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ホームに戻る