リング☆ドリーム

開発ロッカールーム

リング☆ドリーム

9月2017

VRサンプルボイス -その196-「リトルデビル鈴木【2nd】」


This movie requires Flash Player 9

●Sample voice1
FWWW、覇軍ナイトメアのリトルデビル鈴木なのだ。
プロレスラーではあるけれど、痛い思いをしたくないのだ。
甘い汁だけ吸っていたいのだ。ローリスクハイリターン……
それが私の生きる道なのだ。

●Sample voice2
どこかに楽して強くなる方法はないものなのか?
苦しい思いをしても結果が伴わなければ絶望しか残らないのだ。
そして私は……どんなにトレーニングをしても結果が伴わないのだ。

●Sample voice3
負けてばかりで嫌と思ったこともあったけれど……
いまや私はナイトメア最弱。何でも一番は気持ち良いし、
せっかくなのでこの道をもっと究めることにしたのだ。

VRサンプルボイス -その195-「ベッキー・K【2nd】」


This movie requires Flash Player 9

●Sample voice1
FWWW、「魔王のメイド」ベッキー・Kと申します。
本名は小春信子。ベッキーという名前は、
以前の職場でつけられた名前で……
それを、そのままリングネームとしました。

●Sample voice2
私の前の職場は、とあるお屋敷でした。
表向きは「奥様に仕えるメイド」で……
真の役割は「護衛」。海外風に言えば、シークレットサービスでしょうか。
なので腕には覚えはあります。奥様も、私の強さを認めていました。
ええ、認めていたが故に……お知り合いの言葉に乗せられて、
私をプロレスラーとして送り出したのです。
「あなた、明日からプロレスラーね」と言われた時の衝撃は、
今も忘れられません。

●Sample voice3
幼少の頃よりお屋敷で育てられたので、
誰かに「仕える」のが当たり前の感覚です。
プロレスラーになってからも、誰かに仕えていないと不安と言いますか……
なので、今は「魔王」ことヴァンプ鈴森。
杏菜お嬢様に仕えることしています。
なかなかにワガママなお嬢様で、ご奉仕し甲斐のあるご主人様です。

VRサンプルボイス -その194-「スパイダー菊池【3rd】」


This movie requires Flash Player 9

●Sample voice1
東京女子プロレス悪役(ヒール)軍、
凶獣(きょうじゅう)のスパイダー菊池だ。
好きな事はしばきあい。特にギリギリの勝負が大好物かな。
覚悟と実力があるヤツは歓迎するぜ?
私と一緒に、楽しいひとときを過ごさねぇか?

●Sample voice2
凶獣では党首なんてモンを引き受けているが……
正直、人をまとめるのは得意じゃねぇ。
頭として方向性は示すが……実際の仕切りは、
仲間にかなりの所を任せている。
まぁ、適材適所ってヤツだ。

●Sample voice3
女子力って言葉、正直好きじゃ無いんだよな。
炊事にしても掃除にしても洗濯にしても……生きてくための基本的技術だろ?
男も女も関係ねえ。皆が身につけておくべきモンだ。
それを「女子力」とか、特別みたいな言葉で括られるとなぁ……
むずがゆくてしょうがねぇ。

VRサンプルボイス -その193-「チェルシー森近【3rd】」


This movie requires Flash Player 9

●Sample voice1
東京女子プロレス正規軍、ディスティニーのチェルシー森近です!
好きなものは、今も昔も楽しいこと!
何か楽しいこと見つけたら……私にも、教えて欲しいなっ。
約束だよっ。

●Sample voice2
最近、ボクシングを習い始めたの。
「左を制するモノは世界を制す!」。
拳を使うのは反則だけど、
別に一発二発で負けをとられるわけでもないからね~。
頼り切りにはしないけど、試合の流れを引き寄せるため、
「ここぞ」って場面で使うんだ~。蜂の一刺しみたいに♪

●Sample voice3
私の悩みは、今でも子供に見られること。
昼間、街を歩いていると「あなた、学校はどうしたの?」って。
それはまだいいんだけど……「どこの小学校?」って!
私、社会人! 社会人ーっ! 失礼しちゃうよね! もぉ!!

VRサンプルボイス -その192-「孫月星【3rd】」


This movie requires Flash Player 9

●Sample voice1
オレの名は、孫月星!
FWWWって団体に所属しているプロレスラーだ。
孫でも月星でも、好きに呼んでくれ。
あ、でもアイドル時代の呼び名はかんべんな!
特に「ゆゆゆ」なんて呼びやがったら……
恥ずかしさのあまり、言ったヤツをぶっ飛ばしかねないから!
今のオレは、孫月星!
斉天大聖の子孫って設定のレスラーさ!!

●Sample voice2
オレがアイドルやってたのは……小学生の頃だったんだ。
あの頃はガキだったし、
かわいいフリして大人が喜んでくれるならそれでいいかって思ってたんだよ。
でも、だんだんアイドルっぽく振る舞うのに違和感を感じてさ……

●Sample voice3
オレがプロレスラーになるきっかけになったのは、ある番組だったんだ。
「アイドルがプロレスに挑戦」っつーコーナーがあって、
体力に自信のあるアイドルがプロレスラーを目指すって内容だった。
中学や高校のアイドルに混じってオレも参加したんだけど……
やり始めてすぐ「これだ!」って思ったね。
オレが求めていたものはこれだったんだって!

トップページに戻る

過去の記事はこちら