リング☆ドリーム

開発ロッカールーム

リング☆ドリーム

RECENT POSTS

VRサンプルボイス -その279-「サリー・T」


This movie requires Flash Player 9

●Sample voice1
FWWW、「魔王のメイド」の一人、サリー・Tと申します。
本名は鶴居柚樹。
サリーの名前は以前の職場でつけられたコードネームのようなもので……
それを、そのままリングネームとしました。
同じような自己紹介を、先にプロレス界に入った同僚がやっていると思います。

●Sample voice2
先にプロレス界に入った同僚の名はベッキー・K。
私と同じ戦闘メイドです。
前の職場では、よく組んでいました。
そしておそらく、プロレスのリングでも組む事になると思います。

●Sample voice3
お屋敷にいた頃のベッキーは、寡黙でほとんど感情を表に出さない人間でした。
そんな彼女が最近、変わりつつあるようで……一体、なにがあったのか。
興味を抱いています。

VRサンプルボイス -その278-「赤鬼 ふたば【4th】」


This movie requires Flash Player 9

●Sample voice1
FWWW、覇軍ナイトメアの「泣かす赤鬼」こと、赤鬼ふたば!
見ての通り、鬼をモチーフにしたレスラーなんよ!
鬼だけど、おマメ大好き!
乾燥豆はもちろん、納豆も味噌もどんとこいなんよっ!

●Sample voice2
あたし、漫画家兼業なんよ。
前は同人作家だったけど、
今は商業の仕事も入ってきて……
わりと忙しいんよ~。

●Sample voice3
鬼だからってワケじゃないけれど、あたしって丈夫で力持ちなんよ。
だから試合も、小細工するより正面からぶつかり合うのが得意。
やっぱ鬼だから。豪快にいきたいんよ~♪

VRサンプルボイス -その277-「シュバルツ・ネーベル【2019 バレンタイン】」


This movie requires Flash Player 9

●Sample voice1
東京女子プロレス正規軍のシュバルツ・ネーベルよ! 本名は黒井香澄!
ちょっと前までは女帝直下の仲間と一緒にやってたんだけど……
解散しちゃったからね。今は一匹狼。
といっても、千鶴と固定タッグ組んでるから完全に一人ってワケじゃないわ。
チーム名は「Tausend Kanone」。
しばらくは、そっちの方でよろしくね♪

●Sample voice2
それにしても、あたしがバレンタインねぇ。
いや……去年、菊池さんがやったから誰が来ても
おかしくないとは思っていたけれど。
うん、大丈夫。まーかせて!

●Sample voice3
あたしってバレンタインとは無縁の人生、送ってきたの。
小学校の時も、中学校の時も男子はあたしに寄りつかなかったから。
近寄るだけで怯えた顔されたものよ。
うん……まぁアレも、今となってはいい思い出ね。

VRサンプルボイス -その276-「円陣 光子【3rd】」


This movie requires Flash Player 9

●Sample voice1
FWWW、レジスタンスの光って回れるプロレスラー、円陣光子デス!
回転ギミックも体に馴染んだ今日この頃。
団体のため、仲間のために、さらに回転数を上げて頑張る所存デス!

●Sample voice2
「とにかく回れ、かっこいいから!」という師匠の言葉……
最初は疑問に思ったものデスが、
今では回り続けてよかったと思っています。
回るのって、確かにカッコイイですもんね!
ただ、回りすぎて「ぶぉえっ」ってなるのには警戒が必要デスが……

●Sample voice3
あ、私が言う「師匠」というのはデスね、
プロレスや学校の先生ではなくて、
師匠というあだ名の友達なんデス。

VRサンプルボイス -その275-「ヴァンプ鈴森【5th】」


This movie requires Flash Player 9

●Sample voice1
FWWWのヴァンプ鈴森よ。
平成も、いよいよお終いね。
新元号は、何になるのかしら?
これから始まる新たな時代。
私も、新たな気持ちでリングの支配を狙っていかなきゃ♪

●Sample voice2
新しい時代も大事だけれど、昔は昔で大切よ。
私ね、おばあちゃんっ子だったから、
おばあちゃんから料理とか教わったから、それをね。
次の世代へも伝えたいなって思ってるの。
おばあちゃんも、おばあちゃんのおばあちゃんから教わったって言うし。
そういうの、ステキだなって♪

●Sample voice3
吸血鬼を長くやっていたせいか、最近夜目がきくのよね。
夜、部屋の電気を消してもどこになにがあるか結構はっきり見えちゃうもの。

« 古い記事 新しい記事 »

トップページに戻る

過去の記事はこちら