このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

【メインストーリー第49話】中心部を目指して

投稿者:
【運営】鶏太朗

○グラウンド・ゼロ

 

ランドシップ一行はグラウンド・ゼロ西部に到着し、
出撃する準備をしていた。

オペレーター(子犬)
「グラウンド・ゼロ西部に到着しました。
ランドシップが入れる場所はここまででとなります。」

 

オペレーター(あつサバ)
「ランドシップ周辺は特にレーダーに異常ありません。」

 

オフィサー
「この周辺は比較的安全そうだな。
ここに停泊するとしよう。」

 

紅葉
「想像してたよりひどい状況ですわね…。」

 

フェロー
「さっき通った市街地もガレキの山だったけど…
ここは容赦無く破壊し尽くされてる感じ…。」

 

ドクター
「死の街って感じね…。」

 

マスター
「エルピス作戦の際に訪れた時より、
目も当てられないほどの惨状だな…。

ナノパンデミックの影響もあると思うが、
人類掃討の為に兵器が仕向けられ、
破壊の限り暴れたという可能性もある。」

 

オフィサー
「我々が訪れた際、人々はシェルターで細々と生活していたが、
エルピス作戦失敗後、シェルターからも人が撤退した影響もあり
ひと気が無く、あるのはガレキと凶悪なモンスターだけになったようだな…。」

 

フェロー
「とりあえず準備して、中心部に向かおうよ。」

オフィサー
「先程も言ったが、ここに居るモンスターの殆どが
ノアが人類駆逐用に作り出したという説が有力らしい。

地形の影響も大きく、モンスターも凶悪なものが多い。
可能な限り戦闘は避けた方が良いだろう。」

 

マスター
「俺もエルピス作戦の際、ここのモンスターと交戦した事があるが、
他の地方のモンスターと比べ段違いに強い。

何と言うか…人類抹殺を目的に鼓動しているような感じだ。
見かけたら出来るだけ退避しろ。」

 

白百合
「敵前逃亡はあまりしたくないのですが…
体力を温存する意味でも仕方ありませんね。」

 

マスター
「道中シェルターが幾つか存在する。
立ち寄って休みながら行くといい。」

 

紅葉
「こちらは準備出来ましたわ。」

 

白百合
「少しばかりですが、
食糧も携帯しておきました。」

 

オフィサー
「無事帰還してくれたまえ。
何かあったらすぐに連絡を。」

 

フェロー
「よし!じゃ~出発しよう!」

 

○シェルターK03付近

白百合
「本当にどこを見渡しても
ガレキの山ですね…。」

 

紅葉
「逆にビルが崩壊している事もあって
見通しが良いですわね。
敵が来たらすぐにわかりますわ。」

 

フェロー
「確かにね~…。
私とキミは戦車に乗ってるからいいけど、
二人とも平気?」

 

白百合
「問題ありませんわ。
こういうのは慣れています。」

 

フェロー
「そかそか~。
疲れたら交代するから行ってね~。」

 

白百合
「ありがとうございます。
しかし、砂埃もすごいですが電波障害がすごいですね。
耳鳴りが…。」

 

フェロー
「『キャンセルくん』を取りつけてるけど、
予想以上みたいだね…。壊れなきゃいいけど…。」

紅葉
「情報によるとこの近くにシェルターがあるみたいですね。
『シェルターK03』と呼ばれていたようです。」

フェロー
「あ、あそこじゃない?
入口みたいなのがあるよ!」

 

白百合
「戦車も入れそうですね。行ってみましょう。」

 

○シェルターK03

フェロー
「中はすごく暗いね…。
やっぱりこのシェルターに人はいないのかな。」

 

白百合
「懐中電灯では、万が一戦闘の時に
明かりを照らせないのでランタンを付けますね。」

 

紅葉
「さすがお姐様。準備が良いですわね。
さすがですわ。」

白百合はランタンに火を灯した。
周りが明るくなりシェルターの様子が浮かび上がる。

 

フェロー
「う~ん…。やっぱりもぬけの殻だね。
物も散乱してるし。というか酒瓶ばっかり転がってるね…。」

 

白百合
「このシェルターでは水や食料を作る装置があったそうです。
酒とオツマミを主に作っていたみたいですね。」

 

フェロー
「シロちゃん何で知ってるの?」

 

白百合
「ここに装置がありますわ。
もう動いてませんけれど…。」

 

紅葉
「こっちに記録が残された端末がありますわ。
故障はしていないみたいなので、動くかもしれませんわ。」

 

フェロー
「どれどれ…。ほんとだ。
住民の記録かな?ちょっと読んでみようよ。」

 

———————————————————-

記録
207X年1月XX日

軍とハンターオフィスによる作戦は
失敗に終わり、撤退したらしい。
…なんて無責任な奴らだ。

あいつらがあの作戦を行わなければ
事態はここまで深刻にならなかった。

機械や兵器の暴走、そしてハンター達も暴走を始め
街はさらに荒廃し、ガレキの下へと崩れ去った。

ここももうダメかもしれない。
近いうちに私達も地下通路を使って逃げることにする。

この記録を見ている方がもし居るとしたら…
これだけは覚えておいて欲しい。

全てノアが悪いわけでは無いと思う。
人間がそもそもの原因だ。
私達は軍とハンターオフィスを憎んでいる。

何が希望の作戦だ。希望なんてあるわけがない。
…あるのは…絶望だけだ…。

———————————————————-

 

フェロー
… …。

 

紅葉
「…軍が憎い…ですって。」

 

白百合
「…仕方ないわ…。我々が敗北しなければ
こんなひどい事にはならなかった…。」

 

フェロー
「ね!もう終わったことだし悔やんでも仕方ないよ!
この悲劇を繰り返さない為にも、
何としてもアラドを止めなきゃ!」

 

紅葉
「そうですわね…。」

 

白百合
「…!! 紅葉!敵ッ!」

暗闇から突然
魚のようなフォルムの飛行型ロボットが飛び出し、
紅葉をヒレで斬った!

 

紅葉
「きゃっ!!」

 

とっさに薙刀で受け止めたものの、
衝撃が激しく紅葉は壁際まで吹き飛んだ。

 

紅葉
「かハッ…!」

 

白百合
「紅葉…!!…貴様ァッ!!」

 

白百合は魚型のロボットに向かって行くが、
防衛するように射撃を繰り出した!

バババババ!!(カンッカンッカンッカンッ!)

白百合は刀で銃弾を振り払い、
魚型のロボットに斬撃を繰り出した!

 

フェロー
「…すごい!映画みたい!」

 

白百合
「はあっ!!

ガキンッ!!
大きな音を立てロボットは一瞬ふらついたが、
体制を立て直し、ぼんやりしている。」

 

白百合
「くッ…!硬い…。」

 

紅葉
「先程の…
お返しッ…ですわッ!!!」

チュドーン!

紅葉は背中に下げた自分よりも
大きな薙刀を振りまわすと
魚型のロボットは真っ二つになり爆発した。

 

紅葉
「はぁ…はぁ…。やりました…わ…。」

 

フェロー
「今の敵はデータベースによると『キリングマンボウ』
魚のようなフォルムの飛行型無人攻撃機みたい。
危険度は★4だね。」

 

白百合
「予想通り敵がタフですね…。」

 

フェロー
「うん…。船長さんの言う通り今までより敵が強い。
ましてやこの狭い空間じゃ
キミも砲撃出来ないから屋内は実質
シロちゃんと紅葉ちゃんの2人。
厳しいかもしれないね…。」

 

紅葉
「マスターさんが居れば…。」

 

フェロー
「ん…視線を感じる…。

ん!?あれは?!」

 

フェローが見上げると
偵察用と思われる無人機がこっちを見ていた。

 

白百合
「連ね斬り!!」

 

チュドーン!

 

白百合は無人機に向かって
瞬時に飛び、連続攻撃を繰り出した。
無人機は爆発し粉々になった。

 

フェロー
「今のは…『スカウトボール』威力偵察用と
思われる無人機みたい…。なぜ偵察機が…?」

 

紅葉
「もしかすると、未だ人間が存在しているか
何者かが偵察しているのかもしれませんわね…。
声を聞いて駆けつけてきたのかもしれません。」

 

白百合
「シェルターの中にも敵がいるという事は…、
休憩をしながら行くのは厳しいかもしれませんね。」

 

紅葉
「辛い道のりになりそうですわ…。」

 

フェロー
「とりあえず、中心部を目指そう。
モタモタしていられないからね。」

 

白百合
「そうですね、行きましょう。」

 

To Be Continued…


【メインストーリー第48話】爆心地『グラウンド・ゼロ』

投稿者:
【運営】鶏太朗

○司令室

フェロー達は貨物倉で見つけた設計図の事や
そこに書かれていた事をオフィサーに報告した。

 

オフィサー
「なるほど…。そんなものがあったとは…。
当時見つける事が出来ていれば
もう少し完成を早められたかもしれんな。」

 

エンジニア
「確かにそうだね。
構造とか理解するのも苦労したし大変だったよ~。」

 

オフィサー
「しかしこれでエリシア君の父親が
ランドシップの開発者であることは確定した。
それにまさか、ワクチンの技術が
ランドシップに活かされていたとはな。」

 

フェロー
「うん…。でもエリシアちゃんのお父さんは…。」

 

オフィサー
「…薄々感じてはいたが…。
だが、まだ確証はどこにもない…。

エリシア君には言わないようにな。」

 

エンジニア
「リバイブ・システムがあれば、
キャンサーの影響も大丈夫そうだねっ。
これで準備が出来たかな?」

 

オフィサー
「ではすぐにグラウンドゼロへ向かおう。
一刻も早くエリシア君の安否を確認したい。」

 

マスター
「そうだな。エリシアは鍵として必要だから
すぐに手を出さないとは思うが、急ごう。」

 

オペレーター(ゆるふわ)
「グラウンドゼロは旧市街地です。
安全が確認できていない地域ですので、
各自警戒体制をお願い致します。」

 

○旧市街地

ランドシップはグラウンド・ゼロを目指し、
旧市街地を走っていた。

 

フェロー
「うわぁ…。旧市街地には初めて来たけど
本当にガレキの山だね…。」

 

オフィサー
「ここは元々市街地で多くの人がいたらしい。
真相は不明だが、ノアが人類駆逐用に作り出した兵器によって
ガレキの山になったと言われている。」

 

フェロー
「グラウンド・ゼロってどんなところなの?」

マスター
「グラウンド・ゼロ地方は中心部に爆心地がある
大破壊の影響が強い場所だ。
統合軍関連、しかも中枢に近い施設があったらしい。」

 

フェロー
「統合軍って事は旧統合軍のこと?」

 

マスター
「そうだ。前にも本人が話をしていたが、
フォックスがグラウンド・ゼロにある
ヴリトラベースで『ヴリトラ』の警備をしていたみたいだな。」

 

ドクター
「私達が目指している『パンドラ』は爆心地の中心にあるの。
爆心地は何らかの手段でそれらを破壊した大きな痕跡らしいわ。

そこにノアによって更に強力な無人兵器が差し向けられ、
爆心地付近が混沌としたと言われてるわ。」

 

オフィサー
「オフィスで確認している情報では
『エリミネーター』『リントヴルム』等の
大型賞金首が確認されている。すでにエルピス作戦で
交戦しているので今はいない可能性があるが。」

 

フェロー
「なるほど…。
想像していたより危険な場所なんだね。」

 

オフィサー
「グラウンド・ゼロは地形の関係上途中までしか行けず、
中心部の爆心地には徒歩や戦車で
向かわないといけない。」

 

フェロー
「うわぁ~…めんどくさいなぁ…。」

 

オフィサー
「あと、ランドシップ乗船中は問題ないが、
外はキャンサーの影響を受ける可能性がある。
装備の選別は注意するように。」

 

フェロー
「あ、そっか。
リバイブ・システムは判明したけど、
その技術はまだわからないもんね。」

ドクター
「今私とエンジニアちゃんで調べているわ。
あと、姉妹に研究資料がないか
引き続き貨物倉を物色してもらっているわ。

かなり時間が掛りそうだけれど…、
うまくこの技術が応用できれば装備に反映できるかもしれないわ。」

 

フェロー
「シロちゃんと紅葉ちゃんの装備は
独自の技術で作られた物だから問題ないよね。

でも『大破壊前に造られたもの、もしくはその複製品にも影響した』だから
まず回避するのは無理だよねぇ…。
ランドシップにある装備は基本該当するし…。」

 

エンジニア
「ふっふっふ…。」

 

フェロー
「エンジニア急にどうしたの…。
気持ち悪いよ…?」

 

エンジニア
「こんなこともあろうかと思って装備を開発しといたよ!
白百合さん達に装備を見せてもらって応用したんだ。
時間も無かったから二人分しか無いけど…。」

 

フェロー
「二人分かぁ…。マスターは今回お留守番として…。
それじゃ、キミと私とシロちゃん、紅葉ちゃんの4人かな?」

 

ドクター
「私も行くわ。私は基本武装はしないから
キャンサーの影響も無いだろうし、
それにメディックが必要だと思うの。」

 

紅葉
「それなら心配いらないですわ。
紅葉はメディックの技術も
多少習得していますから問題無いですわ。」

 

ドクター
「なるほど。じゃあ私は引き続き
リバイブ・システムの解析を進めているわね。」

 

ロウ
「俺も一緒にいくぜェ!
キャンサーかクラブか知らないが、
そんなもん俺には関係ねェ!不死身だからな!」

 

フェロー
「キャンサーは蟹じゃないよ…。
それに、ロウは地上用の戦車持ってないでしょ?
普通の戦車は運転出来るの?」

 

ロウ
「あァ…一応、『テオス』は水陸両用戦車だから
地上にも上がれるが…。武装が弱いんだよな…。」

 

エンジニア
「そんな事もあろうかと、今ロウさんが乗る用に
ホバークラフト戦車をカスタマイズしてるよ。」

 

ロウ
「おォ、そいつはありがてェ!!
キャラピラの戦車はなんか操作しづれぇんだよなァ…。」

 

エンジニア
「さっき格納庫で戦車を試運転してるのを見て、
すごく操作しづらそうにしてたから、あえてホバークラフトにしてみたよ。
あまり凸凹の地形には向いてないけど、市街地なら問題ないはず。」

 

フェロー
「今日のエンジニアはなんだが冴えてるね…。」

エンジニア
「まかせてよっ!
何しろボクはランドシップで一番のエンジニアなんだから!」

 

フェロー
「しれっとパクったよね…。
まぁ、間違いないけど…。」

 

エンジニア
「だからロウさんはその戦車が完成次第
後から合流って感じになるかな。」

 

ロウ
「わかったぜ。
それまでトレーニングでもしてるわァ。」

 

オペレーター(ゆるふわ)
「そろそろ、グラウンド・ゼロの西部に到着します。」

 

オフィサー
「…こんなに早くまたこの地に来ることになろうとはな…。」

 

To Be Continued…


【メインストーリー第47話】リバイブ

投稿者:
【運営】鶏太朗

○ガレージ

 

エンジニアからいつも通り試作機が出来たよと
連絡が入ったのでガレージに来てみた。

エンジニア
「お、来た来た。お~い!」

 

フェロー
「えっ、もう完成したの?!」

 

エンジニア
「うん。フェローさんが持ってきてくれた資料に
電波障害における高周波電流の周波数や、
ノイズの種類などもわかったし、
すごい参考になったよ。」

 

フェロー
「おお~。
まあ、調査ならまかせてよね!
何しろあたしはランドシップで一番の…」

 

マスター
「お前が調査したんじゃないだろ。」

 

フェロー
「ちぇ~…、バレたか…。

しかし、結構小さい装置だね。これなら
戦車だけじゃなくて人間も持ち歩けそう!」

エンジニア
「ふっふっふ…。
名付けて!!

妨害阻止装置!!
『キャンセルくん』だよっ!」

 

フェロー
「…そのネーミングセンス、何とかならなかったの…。」

 

エンジニア
「えっ、可愛いと思うんだけどなぁ…。」

 

ドクター
「そのガスマスクは?」

 

エンジニア
「これは『シャークリーナー』や
『フィルターテント』の技術を応用した
名付けて!!

『ドクフセーグ』だよっ!どう?どう?」

 

ドクター
「… …。」

フェロー
「うん…。いいんじゃないかな…。」

 

エンジニア
「なんだよ、反応薄いな~。」

 

オフィサー
「これで、磁気嵐と毒の霧は何とかなりそうだな。
しかし、キャンサーは…。」

 

フェロー
「エリシアちゃんのお父さんの研究結果が手に入っていれば
良いんだけど、さすがに今から探すのは時間が無いもんね。」

 

オフィサー
「…うむ。実はエリシア君にはもう話をしたのだが、
このランドシップはエリシア君の父親が作った可能性が出てきた。」

 

フェロー
「え?そうなの?!」

 

マスター
「確かに…。俺もそこまで気にしていなかったが、
アマモ跡地の地下施設でランドシップは見つかった。
エリシアが発見された場所だ。」

 

ドクター
「そう言えばそうね…。ミトラもエリシアちゃんの
お父さんが作った可能性が出てきているし、十分ありえるわ。」

 

オフィサー
「もしかすると、貨物倉に何かあるかもしれない。
あそこは殆ど当時の状態のまま触って無いからな。」

 

フェロー
「貨物倉か…。あそこ、ホコリっぽいし
虫がいるから普段は入らないんだよね…。
1回入ったことはあるけど…。」

 

オフィサー
「では、頼んだぞ。」

 

フェロー
「何回も言うけどさ…、船長さんも『頼んだぞ』って
言うだけじゃなくて手伝ってよ~。」

オフィサー
「いや、その…
私は色々と忙しいからな…。」

 

マスター
「また酒場のピンボール台のメンテナンスか?」

 

オフィサー
「うぐ…、ゴホン。
最近調子が悪いとハンターオフィスに依頼が来てだな…。」

 

マスター
「ハンターオフィスは街の便利屋さんかよ…。」

 

フェロー
「はいはい。
とりあえず行ってきますよ~。」

 

○貨物倉

フェロー
「コホッ…ケホッケホッ…。
うぇ~…ホコリがすごい…。」

 

マスター
「クモの巣だらけだな…。
野ネズミもいるぞ。」

 

フェロー
「…うわっ!犬はいないよね!?」

 

マスター
「いるわけないだろ…。」

 

ドクター
「ここに詳しいらしいから
妹の子を連れてきたわ。」

売店の店員
「はい!ここはたまに売店の不要在庫を
置いたりしてるのでだいたいわかります。

え~っと…手付かずの物はあちらにありますね。」

 

フェロー
「うわぁ~…こりゃすごいね…。
ホコリだらけ…。」

 

マスター
「よし、何かないか探すぞ。」

 

─ 1時間後…

 

フェロー
「う~ん…。古い書物みたいなのは
いっぱいあるけど特に無いね…。」

マスター
「この書物は何かの研究に関する本みたいだけど…
さっぱりわからんな…。」

 

売店の店員
「これ何でしょう?
設計図みたいですけど…。」

 

フェロー
「どれどれ…。NOA’s Ark…?
あっ!これランドシップの設計図だよ!」

 

エンジニア
「設計図?!ちょっと見せて!」

 

フェロー
「ランドシップに関する詳しいことが書かれてるね。」

 

マスター
「そりゃ設計図だからな…。

当時は設計図が見つからなかったから、
自分達で設計して完成させたんだ。
まさか、こんなところにあったとは…。」

 

エンジニア
「このランドシップ全体を覆っている
シールドみたいな物はなんだろう…。
こんなのボク知らないよ。」

 

マスター
「『REVIVE SYSTEM』と書かれてるな。
リバイブ…。“復元する”“回復する”という意味だな。」

 

エンジニア
「あ、ここに『REVIVE SYSTEM』の説明が書いてあるよ!」

 

====================================================

◆REVIVE SYSTEM(リバイブ・システム)

リバイブ・システムとは、
『キャンサー』を無効化する手段、いわゆるワクチンである。

このシステムをこの地上艦に採用する。
その為、甲板を含む地上艦に乗船している場合は、
キャンサーの影響を最小限まで抑える事が可能になる。

ただし、キャンサーは学習し、成長するウイルスの為、
ずっとこの限りではない。場合によっては改良する必要がある。

====================================================

エンジニア
「『キャンサー』を無効化するワクチン…。」

 

フェロー
「やっぱりエリシアちゃんのお父さんは研究していて
ワクチンに開発に成功していたんだ!
その技術がランドシップに活かされていた。」

 

マスター
「という事はやはり、ランドシップは
エリシアの父親が造ったという事か…。」

 

フェロー
「ランドシップはエリシアちゃんが発見された
アマモ跡地の地下施設で見つかった。

お父さんはカベノオクに行った後、
そこでワクチンの研究していたんだね。」

 

売店の店員
「でも、なぜ地下で研究をしていたのでしょうか…。」

 

マスター
「あくまで推測だが…。
自分の命が狙われているのを知ってのことかもしれない…。」

 

フェロー
「なぜエリシアちゃんのお父さんが…?」

 

マスター
「エリシアの父親はキャンサーに関する様々な秘密を知っていた。
“キャンサー”がもしノアが生み出したものだとしたら…。
それに彼はノアの開発者だ。他にも色々知っていただろう。」

 

フェロー
「まさか…。」

 

マスター
「恐らくアラドに狙われ…、発見された際のランドシップの状態、
ミトラに入ったエリシア…。この状況からすでに父親は…。」

 

フェロー
「そんな…。アラドにすでに消されたって…。
この事実をエリシアちゃんが知ったら…。」

 

マスター
「… …。
どこかで生きててくれたらいいんだが…。
年齢もあるし、可能性は低いだろうな…。」

 

エンジニア
「ここにも何か書いてあるよ!」

 

====================================================

◆ノアの方舟計画

『ノアの方舟』こと地上艦の開発計画は
キャンサーの脅威、今後ノアの復活という最悪の事態を想定し、
安息の地を求め、人類が移住する為に開発された
最後の希望である。

====================================================

 

フェロー
「このランドシップって人類がノアの脅威から
逃げる為に作られたんだね…。」

 

エンジニア
「手に負えなくなる未来を想定して…という事だね。」

 

マスター
「確かにキャンサーは学習し成長するウイルスだ。

それに『パンドラ』にある”第二のノア”を悪用すると
また大破壊を招く可能性もあるという話だ。
それを危惧してのことだろう。」

 

フェロー
「でも、結局逃げまわっていたところで仕方ないと思う。
もちろん生きることは重要だけど、
私達の力で人類を再生しよう!」

マスター
「ふん…。そうだな。
たまにはいいこと言うじゃないか。」

 

フェロー
「へっへ~。
それじゃ、船長さんに報告しに行こう!」

 

To Be Continued…


【メインストーリー第46話】囚われのエリシア

投稿者:
【運営】鶏太朗

メタルサーガ~荒野の方舟~
メインストーリー 第四章「偽りの希望」

 

○司令室

 

エリシアがアラドにさらわれてから数時間後、
フェロー達がフォートポートから戻ってきた。

フェロー
「たっだいまーーっ!!

…ってあれ?
…みんなどうしたの…?」

 

オフィサー
「…エリシア君がアラドにさらわれた。」

 

フェロー
「…え!?エリシアちゃんが!?」

 

オフィサーはフェロー達に事情を説明した。

マスター
「くそ…!!俺達が離れている間に…。
なんて卑怯な奴だ…。」

 

オフィサー
「…アラドの事だ。
もしかすると、私達がフォートポートに行くのを
予想しての行動かもしれないな…。」

 

ドクター
「わざと生かしておいてって事…?
そんなまさか…。」

 

白百合
「エリシアさんってお仲間ですか?」

 

オフィサー
「ああ、すまない…。
そういえば、新しい仲間が来たんだったな。
紹介しよう。」

 

オフィサーは白百合達に
ランドシップクルーのみんなを紹介した。

白百合
「ご紹介ありがとうございます。

わたくしは元新統合軍『櫻花』
部隊長の白百合です。
よろしくお願い致します。」

紅葉
「私も、お姐様と同じく元新統合軍『櫻花』
副部隊長 兼 お目付役の紅葉ですわ。
お見知りおきを。」

ロウ
「俺は元新統合軍『白鯨』の
精鋭部隊『一角』の部隊長、
不死身のロウだ!よろしくな。」

 

サルーンガール
「あら、みんな元新統合軍なのねぇ。
アタシも元統合軍の特務機関に所属していたわ。」

 

白百合
「特務機関という事は、エージェントですか?」

サルーンガール
「そうよぉ。
ハニートラップも得意よ♪
そこのアナタ、かかってみない~?」

 

ロウ
「…ん?俺か?」

 

サルーンガール
「そうそう、そこのア・ナ・タ。
いい男ねぇ。ほれぼれしちゃうわぁ。」

 

ロウ
「…ハニートラップって何だ?
甘い食い物か…?
俺甘い物はあんまり得意じャねェぞ。」

 

サルーンガール
「んもうっ!!つれないわねぇ。」

 

オフィサー
「…ゴホン。
これからよろしく頼む。

すでに部屋は用意している。
あとで、オペレーターが案内しよう。」

 

フェロー
「…で、話は戻るけど、
エリシアちゃんはなぜアラドにさらわれたの?」

 

オフィサー
「エリシア君は、我々がエルピス作戦で目指していた
グラウンド・ゼロの施設、通称:『パンドラ』を
開く力を持っているとアラドは言っていた。」

 

紅葉
「『パンドラ』を開ける力ですって…?!」

 

オフィサー
「アラドはそのパンドラの中に存在すると言われている
『マスターコード』を手に入れるつもりだ。

あれがアラドの手に渡ると非常にマズイ事になりかねん…。」

 

白百合
「マスターコード…。
それが…”ノア”に対抗できる手段…。」

 

ドクター
「その話は白百合ちゃん達から聞いたわ…。
船長、なぜそんな大事な事を私達に隠していたの…?」

 

オフィサー
「…。君達に黙っていた事は申し訳ないと思っている。
すまなかった。

ただ、君達が『マスターコード』の存在を知ることで
何者かに狙われる危険があった為、安全を考えての事だ。
それだけは理解して欲しい…。」

 

ドクター
「船長、私達仲間でしょ!?
仲間の為なら命なんて惜しくないわ!」

 

マスター
「おい…、それぐらいにしとけ…。」

オフィサー
「…本当にすまない。

話に戻るが、アラドが言っていた”ランドシップ破壊計画”は
ランドシップに住む人もろとも、私を消そうとしている。

それは…私もアラドと同様
『マスターコード』を入手しようとしているからだ…。」

 

フェロー
「同じものを狙う者同士ってことだね…。
でも住人もなぜ殺そうとしているの…?」

 

オフィサー
「…恐らくアラドは人類を抹殺しようとしている。

ナノパンデミックの影響で多くの人類を失った。

各地にまだ人類は少なからず存在しているが、
ランドシップには全人類の約40%近くが共存しているからだろう。」

 

フェロー
「ランドシップを破壊すれば全人類の40%近くが消える…。
もし人類を抹殺しようと考えているんだったら
確かにここを狙うよね…。」

 

ドクター
「でもなぜ…。アラドも元は人間でしょ!?」

 

オフィサー
「詳しい理由はわからないが、
誰かに操られているのかもしれない。

今のアラドは私の知るアラドでは無い…。
明らかに昔と性格が違う。」

 

マスター
「とにかくグラウンド・ゼロに向かおう。
エリシアの身が危ない。」

 

ロウ
「俺達も一緒にいくぜェ!
アラドかアラモードか知らねェが、
ぶっ飛ばしてやらァ!」

 

白百合
「わたくし達もお供致しますわ。
戦車戦では力になれませんが、
白兵戦ならお任せ下さい。」

 

オフィサー
「うむ、ありがとう。大変心強い。

アラドはグラウンド・ゼロにある
爆心地の中心部へ向かったはずだ。
そこに『パンドラ』がある。」

 

フェロー
「でも、爆心地って磁気嵐が起きていて、
電波障害によるジャミングがすごいって聞いたよ。

ランドシップと連絡取れないかもしれないし、
電子系の武器や戦車のコンピュータユニットも
正常に動作しない可能性があるね…。」

 

ドクター
「あと、グラウンド・ゼロは致死性の毒霧が充満してるらしいわ。
カンパニーの活躍によってだいぶ清浄化されたみたいだけれど…。

まぁ、死んだら最悪蘇らせれるけど…、厄介よね。」

 

フェロー
「その『死んだら生き返らせればいいや』みたいな考え方
すごく頼もしいんだけど、ちょっと怖いよ…。」

 

マスター
「あとはキャンサーによる影響だな…。
キャンサーに浸食されたモンスターがいれば、
感染する可能性がある。

…もう俺のような被害者を新たに出したくない…。」

 

ドクター
「マスター…。」

エンジニア
「毒の霧に関しては『シャークリーナー』や
『フィルターテント』の技術を応用すれば
何とかなりそうだけど…。

電波障害によるジャミングに関しては、
妨害を阻止する装置の開発が必要だね。」

 

フェロー
「たしか研究施設にグラウンド・ゼロの
調査結果があったはずだったから
それを参考にするといいかも。」

 

エンジニア
「フェローさん助かるよ。
じゃ、すぐに取り掛かるね。
調査結果があるなら、そんなに時間は掛らないと思う。」

 

オフィサー
「うむ。よろしく頼む。」

 

ドクター
「マスター、今回のエリシアちゃん救出に
あの人にも協力を頼めるかしら…。」

 

マスター
「ん?フォックスか。
…恐らく難しいだろう。」

 

フェロー
「あの人は何か自由人って感じだもんね。
助けてはくれるけど、協力はしない感じがする…。」

 

マスター
「いやそれもあるが、そもそも俺とフォックスの体は
サイバーウェアだ。キャンサーの影響をもろに受けるから
グラウンド・ゼロを歩くことすら困難だと思う。」

 

ドクター
「なるほど…。
という事はマスターも出撃できないわね。」

 

マスター
「すまん…。悔しいが今回は仕方ない。」

 

白百合
「大丈夫です。マスターさん程の腕はありませんが、
わたくしと紅葉がいれば戦力になれるはずです。」

 

紅葉
「そうですわね。
サルモネラとの戦闘で疲れが見えますし、
マスターさんはゆっくり休んで下さいな。」

 

ロウ
「ったく、しゃらくせェ。
キャンサーか何だかしらねーが、
そんなもの消し飛ばしてやらァ!」

 

ドクター
「キャンサーは目に見えないウイルスよ…。」

 

ロウ
「げッ!?そうなのか!?
目に見えないとは卑怯だなァ!!」

 

フェロー
「本当にロウってバカだよね…。」

 

マスター
「おまえが言うな。」

 

To Be Continued…


【メインストーリー第45話】証を持つ者

投稿者:
【運営】鶏太朗

○司令室

 

その頃ランドシップでは…

オフィサー
「先程フェロー君より連絡があった。
フォートポートで目的を終え、
今こちらへ帰ってきているらしい。」

 

エンジニア
「じゃあボクが作った『ミズグモ』や
『ホバー』が役に立ったという事だね!」

 

オフィサー
「いや『ミズグモ』は皆怖いと言って
結局使わなかったらしい。」

 

エンジニア
「えー!?
せっかく苦労して作ったのに…。」

 

サルーンガール
「今度私が使ってあ・げ・る。
私は乗りこなせるから~。」

 

エンジニア
「さすが新統合軍の元エージェント…。」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「そういえば、新しいお仲間が
3人増えるそうですよ。」

 

売店の店員
「3人も増えるんですか?すごいですね!」

 

メタルショップ店員
「新しい仲間… … 楽しみ… …。
女の子 … … いるかな… …?」

 

オフィサー
「フェロー君の話では、男性が1人と
女性が2人だそうだ。3人とも
元新統合軍出身らしい。」

 

サルーンガール
「あら、私と同じ軍出身なのね~。
イイ男かしら。な~んてね。」

 

エンジニア
「余ってる部屋ってあったっけ…。
たしか今は2部屋しかないような…。」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「姉妹のように仲良しの2人みたいですし、
同じ部屋で良いとの事でしたよ。」

 

オフィサー
「そういえば、エリシア君の姿が見えないが…
誰か知らないか?」

 

売店の店員
「エリシアさんならさっき会いましたけど…。」

 

オフィサー
「うむ。私もさっき会って話をしていたんだが、
その後見かけていない。どこに行ったのだ…。
どこかで迷ってなければ良いが…。」

 

その時、ランドシップが大きく揺れた。

 

オフィサー
「む、何事だ!?」

オペレーター(天真爛漫かわいい系)
「…襲撃!ランドシップが襲撃されてる!
艦内に警報発令!」

 

オフィサー
「襲撃だと!?モンスターか?!」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「今の衝撃は…ミサイルです!」

 

オフィサー
「ミサイルだと…?
グレートウォールではあるまいし、
どこから飛んで来たのだ…?」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「弾道の状況から推測すると…
海中から発射されています…!」

 

オフィサー
「海中だと…!?
それよりも被害状況はどうなっている!」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「電磁バリアにより被害はまだ最小限に留まっていますが…
このままだと危険かもしれません。」

 

オペレーター(あっさりサバサバ系)
「船長、発信元不明の通信が来ています。」

 

オフィサー
「発信元不明!?…まさか。
すぐつないでくれ!」

 

オペレーター(あっさりサバサバ系)
「正面のモニターに出します。」

アラド
「プレゼントは受け取ってくれたかね。」

 

オフィサー
「アラド…!貴様…!!」

 

アラド
「しばらくぶりと言うのに、
歓迎してはくれなさそうだな。」

 

オフィサー
「そこは…、ランドシップの甲板か!!
今度は何をするつもりだ!」

 

アラド
「これを見たまえ。」

アラドが指示した方に画面が切り替わり
そこには見たことも無い機械から発する
粒子線によって捕えられたエリシアの姿があった。

 

エリシア
「船長…、ごめんなさい…。」

 

オフィサー
「…な、なんだと…!!
エリシア君!!」

 

アラド
「こいつがどうなってもいいのか?」

 

オフィサー
「…なんて卑怯な…。」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「エリシアさんをどうするつもりですか!!」

 

アラド
「まぁ、こいつは我々にとっても
重要な存在だからな。殺したりはせんよ。
まぁ、もう死んでいるようなものだが…。」

 

エリシア
「…私が…死んでいる…?」

 

オフィサー
「…どういう事だ。」

 

アラド
「何だ知らないのか?
こいつは…。

ぐッ!!!」

アラドがそう言いかけた時、
物凄い勢いでアラドに向かい
強烈な蹴りをお見舞いした!

その姿は…サルーンガールだ。

 

エンジニア
「サロンの人さすが!!ナイスだよっ!」

 

サルーンガール
「こっちも私のセクシーな足で
強烈なキックをプ・レ・ゼ・ン・ト。

どう?受け取ってくれたかし…、キャァ!!!」

 

アラドは体制を整え、
サルーンガールを思いっきり振り払った。

サルーンガールは倒れ込み意識を失ったようだ。

 

サルーンガール
……。

 

オフィサー
「…サルーンガール!」

 

エリシア
「…よくも…
サルーンガールさんを…!!
よくも…!!!」

エリシアの左腕の紋章が光り
左目の色が黄色に変わった。

 

エリシア
……。

 

エリシア
「目標:アラド
脅威ヲ排除シマス。」

 

アラド
「…そうはいくか。」

 

アラドがそう言葉を放つと
エリシアを捕えていた機械が
怪しげな光をエリシアに浴びせた。

エリシア
「…うぅうぅぅぅうわぁぁぁぁぁぁ!!!」

 

エリシア
……。

 

エリシアはガクリと肩を落とし
ぴくりとも動かなくなった。

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「エリシアさん!!」

 

アラド
「…何か言ったかね?エリシア。」

 

エリシア
……。

 

エリシアは突然
顔を上げると虚ろな表情でこう言った。

エリシア
「イエ…ナンデモアリマセン…。」

 

オフィサー
「アラド、エリシア君に何を!」

 

アラド
「何、ちょっと脳を
コントロールしただけだ。

この少女にはこれから重要な
役割を果たしてもらわなければならない。」

 

オフィサー
「重要な役割だと…?
どういうことだ。」

 

アラド
「『パンドラ』は知っているだろう。」

 

オフィサー
「エルピス作戦で我々が目指していた
施設『パンドラ』の事か!」

アラド
「そうだ。この少女は
『”救世主(メシア)”の証』を持つ者。
すなわち『パンドラ』を開く力を持っている。」

 

オフィサー
「…やはり、エリシア君は、
『マスターコード』に関係しているのだな…。」

 

アラド
「さすがオフィサー。
そこまで察していたか。」

 

オフィサー
「…お前の目的は一体何だ!」

 

アラド
「…フン。いずれ、わかるさ。
それでは、生きていたらまた会おう。」

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「通信、切れました…。」

 

オフィサー
「…くそ…!!」

 

その時、またランドシップが大きく揺れた。

 

オフィサー
「…何だ!?」

 

オペレーター(あっさりサバサバ系)
「また、ミサイルです。
海中より発射されている模様です。」

 

エンジニア
「やばいよ~…。このままでは
電磁バリアがもたない…。

あ!電磁波による誘導装置での
ミサイル迎撃は!?」

 

オペレーター(あっさりサバサバ系)
「了解しました。誘導装置発動。
敵のミサイルを迎撃します。」

 

エンジニア
「ふぅ。とりあえずこれで安心だね…。
迎撃状況はどう?」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「地対空ミサイルでのミサイル迎撃は順調。
現状問題ありません。」

 

エンジニア
「どこからミサイルが飛んでくるか
わからないなんて本当に物騒だよね…。
グレートウォールの一件で強化しておいて良かったよ、ほんと。」

 

オペレーター(ゆるふわ清楚系)
「船長…、エリシアさんが…。」

 

オフィサー
「うむ。フェロー君達と合流次第、
アラドを追い掛ける必要がある。

このままではエリシア君もそうだが…。
人類が危ない…。
あれがアラドの手に渡ってしまう前に
阻止せねばなるまい。」

 

エンジニア
「アラドはエリシアちゃんを
連れてどこへ向かったの?」

オフィサー
「始まり、そして終わりの地…
グラウンド・ゼロだ。」

 

第三章 『叛逆の少女』 完

 

To Be Continued…


« 古い記事 新しい記事 »