このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

【メインストーリー第44話】さらば愛しき人

投稿者:
【運営】鶏太朗

  • いいね (49)

○フォートポート

 

次の日の朝、港では
ビーチタウンに戻る準備をしていた。

フェロー
「そう言えばシロちゃんと紅葉ちゃんは
戦車を持ってるの?」

 

白百合
「持っていません。
わたくし達二人はソルジャーですし…。
一応運転ぐらいは出来ますが…。」

 

フェロー
「えっと…今ある戦車は3台。

ロウの『ゴライアス』は1人乗りだし、
マスターの戦車はドクターと。
で、アタシとキミ。

やっぱり戦車が足りないね。
これじゃ帰れないよ~…。」

 

マスター
「そういえば、『ミズグモ』があっただろう。」

 

白百合
「ちょっとアレは乗りこなす自信が無いです…。」

 

紅葉
「紅葉も海に落ちる自信がありますわ!」

 

マスター
「ダメか…。」

 

ロウ
「ん?それなら『テオス』に乗るといい。
少し狭いが、紅葉は小柄だしなんとかなるだろ。」

 

フェロー
「えっ?持ってきてるの?」

 

ロウ
「お~、一応なァ。
もしかしたら釣りするかもしれねーから
牽引して来たんだよ。」

 

ドクター
「そういうとこちゃっかりしてるわね…。」

 

紅葉
「じゃ、遠慮無く使わせて頂きますわ。

って臭ッ…!!

なんかこの戦車生臭いですわね…。」

 

ロウ
「仕方ねェだろ。漁専用の戦車なんだからよォ。
文句言わず、さっさと乗れ。」

 

紅葉
「うぅ…臭い…。耐えられませんわ…。」

 

白百合
「ま、まぁ、少し臭いはしますが…、
ビーチタウンまでの我慢ですね…。」

 

マスター
「そっちはどうだ?
こっちの準備は終わったぞ。」

 

フェロー
「マスター…。
何をそんなに積んでるの…。」

 

マスター
「ん?ああ、これか?
フォートポートで買った海産物だ。
酒場で調理して出そうと思ってな。」

 

フェロー
「マスターもちゃっかりしてるよね…。」

 

ロウ
「さァ、準備出来たかァ?
そろそろ出航するぞ!」

GORO’S
「あとの事はおれ達に任せろ。」

 

白百合
「ありがとうございます。
では、行って参ります。」

 

○海

準備を終えたフェロー達は
ビーチタウンに戻るためフォートポートを後にしていた。

 

白百合
「海に出るのは久しぶりね。」

 

紅葉
「そうですわね、お姐様。
ずっとフォートポートに籠りっぱなしでしたものね…。」

 

ロウ
「何度も言うがビーチタウンまでは結構距離がある。
道中モンスターに襲われないよう警戒しとけよォ!」

 

マスター
「了解した。」

 

フェロー
「ここら辺には他にも賞金首がいるの?」

 

ロウ
「ん?溶岩洞にいるオケラマグラぐらいじゃねェか?
海にはもういねーと思うぞ。」

 

白百合
「以前にいた賞金首はカンパニーが倒してしまったみたいで
今は一部の賞金首しかいないようですね。」

 

紅葉
「最近、賞金首も全然倒していませんし、
少し体が鈍っちゃいましたわ。
突然新種の賞金首とか現れないかしら。」

 

フェロー
「物騒な話だね…。」

マスター
「… …ん?
また何か様子がおかしいぞ…。」

 

ドクター
「あら、また霧…?
!! もしかして…。」

 

フェロー
「ひぃぃ…!!また幽霊船だ…!!!」

霧の向こうに
巨大な船の影がぼんやりと現れた。

 

ロウ
「来たか…。
今度は絶対逃がさねェ…。」

 

白百合
「巨大な船…?」

 

紅葉
「え?え?!どうしたんですの?!」

 

マスター
「説明は後だ。
ロウ!!行くぞ!」

 

ロウ
「あったりめぇだァ!!
行くぞコラァ!!」

 

ロウとマスターは全速力で
巨大な船に近付いて行った。

 

フェロー
「キミ!アタシ達も行くよ!
シロちゃんも紅葉ちゃんも行くよ!!」

 

白百合
「わかりました!」

 

フェローと白百合は
ロウとマスターを追い掛けた。

 

…数分後、幽霊船にようやく追いつき、
フェロー達の船は横付けをした。

 

フェロー
「で、でかい…。」

 

マスター
「近くで見るとデカイな…。
装甲艦のようだ。軍の船か…?」

 

ドクター
「元々は旧統合軍の海軍が保有していた
船かもしれないわね。」

 

ロウ
「グダグダ言ってる場合じャねェ!
とりあえず縄梯子を貸せ!登るぞ!!」

 

フェロー
「不気味だね…。
船に近づいてからびくとも動かないし、
まるでアタシ達を呼びこんでいるみたい…。」

 

○幽霊船の甲板

フェロー
「はぁ…はぁ…登るの疲れたぁ…。」

 

ドクター
「さすがに装甲艦だけあって高かったわね…。」

 

ロウ
「オイ!!出てこい!!ぶっ殺してやるッ!!
… …メアリーを返せェ!!」

 

マスター
「なんか変な音がしないか…?」

 

白百合
「… … 来ます!!」

 

突然甲板にあった船室につながる扉が大きな音を開けて開き、
大量の骸の兵士が飛び出した。
骸の兵士達はカラカラと不気味な音を立てながら襲い掛かって来た。

紅葉
「骸の兵士ですって…!?」

 

フェロー」
「ガ、ガイコツだ!!…ひ、ひぃぃ…!!

 

マスター
「軍服…?やはりコイツら
海軍の成れの果てだ。」

 

ロウ
「同じ海軍として恥ずかしいぜェ…!!
…死んでまで何やってんだお前らはよォ…!!!」

 

ドクター
「誰かに操られてるのかしら…。
もしかして、ネクロハイム…!?

いや…まさかね…。」

 

マスター
「とりあえずコイツらを倒すぞ。
白百合、紅葉。応援を頼む。」

 

白百合
「わかりました。紅葉、行きますよ。」

 

紅葉
「はい、お姐様。」

 

白百合は骸の兵士向かって走り、
素早く連続斬りを繰り出し、
紅葉はそれに続き、ピョンっと飛び、
大きな薙刀を振り回し回転斬りを繰り出した。

 

カラカラと兵士達が一斉に崩れ落ちる。

 

マスターも続き、両手に装備したパイルバンカーを
骸の兵士の身体に叩き込んだ!

 

骸の兵士がバラバラに崩れ落ちる。

 

マスター
「ふぅ…。」

 

紅葉
「たいしたことないですわね。」

 

白百合
「油断は禁物ですよ。」

 

その時、カラカラと音を立てて
バラバラになった骸の兵士の身体が
再形成し始めた。

 

フェロー
「ひ、ひぃぃ…!!復活してるよ!!」

 

マスター
「な、なんだと…。」

 

ロウ
「コイツらは既に死んでいる骸だ。
普通に攻撃しても無駄だ!
殴ってダメならこうするしかねェ!」

 

ゴオォォォォォォォゥ!!
ロウは火炎放射機を骸の兵士に放射した。

 

ボロボロと骸の兵士が崩れ落ち灰になった。

 

ドクター
「なるほど。骨もろとも焼き尽くそうって考えね。
ロウ、準備がいいじゃない。」

 

その時、扉から小さな女の子のようなボロボロになった
服を着た骸が出てきた。よく見ると首からキラキラ金に輝く
ペンダントを付けているようだった。

 

ロウ
「!!!あぁあああ…あぁ…あぁ…。」

 

ロウは手から火炎放射機を落とし、
その場に崩れ込んだ。

 

マスター
「ロウ、どうしたんだ!」

 

フェロー
「ま、まさか…あれが…。」

 

ロウ
「…メアリーだ…。
…あんな姿になっちまって…。

…クッソがァ!

…クソがァァァァァァァァァl!!!!!」

 

フェロー
「ロウ…。」

 

メアリー?
「オ…ニ…イ…」

 

ロウ
「…!!メアリー?!」

 

メアリー?
「…チ…ャ…ン…

オ…ニ…イ…チ…ャ…ン…」

 

ロウ
「メアリー!!!
俺がわかるのか…!?」

 

ロウは小さな女の子の骸に
駆け寄り、そっと抱きしめた。

 

ロウ
「メアリー!!ごめんな…!!
寂しかっただろ!!!ごめんな…!!!」

 

メアリー?
「オ…ニ…イ……チ…ャ…ン…

オ…ニ…イ……カカカカ!!!
カカカカカカカカカ!!!!」

 

ロウ
「…メアリー!?
うぐッ!!!メアリー!?何を!?」

 

小さな女の子の骸は小さな手で
ロウの首を絞めていた。

 

メアリー?
「カカカカカカカカカ!!!!」

 

マスター
「…もう正気を失っている…。
この骸はもう…。」

 

ロウ
「ははは…。メアリー…
そんな、か弱い手で首なんか締めやがッて…。

そうか…、1人で寂しかったんだよな…。
遊んで欲しかったんだよな…。
メアリー…すまない…。」

 

フェロー
「ロウ…。」

 

ロウ
「…白百合…、すまない…。
頼めるか…?俺には…。」

 

ロウは白百合に言葉をかけ、
メアリーだった”モノ”を手から離した。

 

白百合
「…ッ!!はい…。
わかりました…ッ!!」

 

白百合はロウの持っていた火炎放射機を
持ち小さな女の子の骸に向け放射した。

 

ゴオォォォォォォォゥ!!

メアリー?
「カカカカカ…オ…ニ…イ……

…チ…ャ…ン…」

 

ボロボロと小さな女の子の骸が崩れ落ち
灰になり、そこには首に付けていた
金に輝くペンダントだけがその場に残った。

 

ロウ
「メアリー…。
お兄ちゃんを…許してくれ…。」

 

○孤島の社

 

幽霊船でやるべきことを終えたロウ達は
海浜工場地帯の近くにある『孤島の社』に来ていた。

ロウ
「…これでよしッと…。」

ロウはメアリーの付けていた
ペンダントを社の土に埋めた。

 

ロウ
「白百合、嫌な役任せちまって
すまなかったな…。」

 

白百合
「いえ…。大丈夫です。」

 

ロウ
「ここは、海の守り神がいると言われている社なんだ。
ここならもう海賊に襲われる心配もねェからな。」

 

ドクター
「ロウ…。」

 

ロウ
「さて…。
メアリーにもあんな形だったが最後に会えたし、
こうやってペンダントだけだが取り戻す事も出来た。
もうこの海に悔いはねェ…。

俺もおまえ達と一緒に行く。
色々世話になったからなァ!」

 

フェロー
「…これでロウも正式な仲間入りだね!」

 

ロウ
「まぁ、俺は海の上でしか本領は発揮できねェが
多少肉弾戦も出来る。あと料理は任せとけ。ハハハハ!」

 

マスター
「心強いし、助かるよ。」

 

ロウ
「さ、ちょっと寄り道しちまったが、
ビーチタウンに向かおうぜ!」

 

マスター
「ああ、そうだな。」

 

ロウ
(メアリー、元気でな…)

メアリー?
(お兄ちゃん…、ありがとう…。)

 

ロウ
「メ…アリー…?」

 

潮風に乗った波の音はまるで
妹が話かけてくれたかのように聞こえた。

 

To Be Continued…


トップページに戻る