このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

【第85回目】出したい戦車の話

投稿者:
【企画】 武藤

  • いいね (33)

どうも、企画担当の武藤です。
今回も戦車の話なのですが、『メタルサーガ』シリーズに登場していない&登場させたい戦車のお話です。

『60式 自走106mm無反動砲』
今回はこれを紹介しようと思います。
これは陸上自衛隊が1960年から2008年まで使用していた対戦車車両です。
名前で検索してもらえれば見た目や詳しいことが出てきます。

ざっくりした大きさは全長が約4メートル、幅が2メートル強、高さは1メートル30から40くらいと、小振りな車体です。
『モスキート』のモチーフとなっている『ヴィーゼル』に近い大きさですかね。

砲塔は無く、車体に106mm無反動砲を2、無反動砲の同軸上に12.7mm機関銃を1、それぞれ装備していました。
本作っぽく言うと「本体+足回り、砲塔装備不可」で「主2、副1」。S-Eは……頑張れば1、積めるか積めないか……。
装甲は一応ある、という程度。防御力には期待できません。

機関銃は照準用です。曳光弾(光る弾だと思ってください)を先に撃って、軌跡で照準するわけです。
機関銃の弾が当たるようなら無反動砲も当たる! という理屈ですね。
(しかし弾道が違うわ射程も違うわで使えないと判断され、後にちゃんと照準用の物に差し替えられたとか。射程距離の問題は解決しなかったようですが……)

無反動砲は後方にガスやカウンターウェイトを出して発射の衝撃を軽減する仕組みですので、

・反動は減るけど無くならない
・音がデカい
・ガスの場合、後方噴射がスゴい

こういう特徴があります。
撃ったら位置が即バレなので、すぐに移動する必要があります。
次を撃つにもこの車両には自動装填装置が無いため、次弾装填は手作業になります。
しかも予備弾は車外!

こういう面倒臭そうなクルマをどこで出したいかというと、やっぱりゲーム序盤でしょう。
できれば一台目の戦車にしたい。

ゲーム開始直後なので改造もできず、武装は主砲×2、弾数はそれぞれ1/1。序盤と考えれば威力は高いが、何せ一度撃ったらそれまで。
ザコ相手は降りて戦い(グループ攻撃武器が欲しい)、何とか賞金首までこいつを運び、開幕と二手目で主砲を撃ったら後は肉弾戦という流れ。

どうですかね。楽しそうじゃないですか? え、そうでもない?
こういう極端な特徴のやつは序盤にピッタリだと思うので、いつか何かで出してみたいですね。可能なら。
ちなみに今「1台目の戦車にしたい」やつは、これと『TK3』『L3』あたりです。機会があればまた紹介しようと思います。

というわけで今回は、いつか出したい戦車のお話でした。
それではまた次回。


トップページに戻る