このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

投稿フォームは2015年12月28日16時を持って終了させて頂きました。
たくさんのお声を頂き、誠にありがとうございました。
お寄せ頂きましたコメントに関しましては、81プロデュース様へお送りさせて頂きます。
本サイト公開終了時期に関しましては、また後ほどお知らせさせて頂きます。

  • フミ より:

    まずはサクセス様、このような場を設けていただいて本当にありがとうございます。
    私がアカイイトをプレイしたのは中学生の時でした。「和風伝奇」「女性主人公」といったジャンルを初めて手に取った瞬間でした。その時はあまり細かい演出や展開を見ずにさらっとクリアする程度で終えてしまい、なんてもったいないことをしていたのだろうと、二度目にプレイした大学1年の時に懺悔したのは良い思い出です。桂ちゃんの刀を構えているCGは今でも私の生涯ベストCGランキング1位に君臨し続けております。そのシーンの松来さんの演技も何度も聞いたものです。
    桂ちゃんがこんなにも愛されるキャラクターたり得たのは松来さんの素晴らしい演技なしにはあり得なかったことでしょう。可愛らしい声の中にある確かな力強さは羽藤桂というキャラを一層確固たる存在とし、それは画面を超えて私自身の信念にも大きく響きました。彼女のように芯のある女性であることが私の目標。そして社会に進出する時期を控えた私の心の支えでもあります。もし私が何かに疲れてしまったときは、ディスクをそっと取り出して松来さんの声を聞きに行こうと思いますので、よろしくお願いします。
    今まで本当にありがとうございました。
    それでは、次にまた会う時まで。

  • ヨノヨノ より:

    突然の訃報でしたが後ろ向きな発言は避け、まずは松来未祐さんが命を吹き込んでくださった
    「世界」をサクセス様が忘れずにいてくださったこと、感謝を申し上げると共に嬉しく思います。

    やはり自分が印象に残っているのは『アカイイト』の羽藤桂ですね。
    自分がこの作品に出会ったのは結構遅く、2011年の夏頃になります。
    和風伝奇の魅力的な世界やキャラクターが登場する物語に惹き込まれました。
    そして、美しい音楽や声優さんのお声がそれらを彩られていました。
    自分は基本的には気弱な女性より強い女性のほうが好きなはずなのですが、
    一見ドジでひ弱な桂ちゃんを作品を通してどんどん好きになっていきました。
    そのおっちょこちょいな性格に癒されるようになったというのもありますが、
    一番の大きな理由は彼女の心の奥の芯が強く描かれていたからだと思います。
    その真っ直ぐな性格を松来さんはしっかりと演じられていた…いえ、
    お声を収録されている時は松来さんが桂ちゃんそのものになられていたのでしょうね。

    今後もし続編などが開発されてもあのお声はもう聴けないのは残念ですし、
    別の方が桂ちゃんを演じられることになった場合を想像したら複雑な心境です。
    しかし、松来さんのためにも『アカイイト』シリーズは続けてほしいと思うのです。
    松来さんが命を吹き込んでくださった「世界」を、どうか終わらせないでほしいです。

    前途したように後ろ向きなことは言いません、少し遠いところへ旅立たれてしまっただけです。
    ですからお悔やみの言葉に代えて、自分が同じく敬愛する糸井重里さんのお言葉をお借りして…

    “また会おう。”

  • Y より:

    サクセス様。このような場を設けて頂き、大変嬉しく思います。

    松来さんの訃報から少し時間がたった今でも現実を直視できずにいます。
    故人に私が出来ることは何か?それを考えた時、彼女が遺してくれた作品を伝え広め、後世に残していく事、それが唯一自分に出来る事なのではないかと思い至りました。

    私にとって松来さんと言えば今でもアカイイトの桂ちゃんが真っ先に浮かびます。
    松来さんを知ったのもアカイイトがきっかけでしたし、私の中で不朽の名作ゲームとして今でも不動の地位を築いています。

    これを機に久しぶりにアカイイトをプレイしようと思っていた矢先に追悼サイトの存在を知り、投稿させて頂きました。

    松来未祐さん。これからも作品の中であなたはずっと生き続けています。沢山の素敵な作品を遺してくれて本当にありがとうございます。貴女が遺してくれた作品をこれからもずっと大切にしていきます。

  • ケイ より:

    サクセス様のこのような特別なご配慮、松来さんの一ファンとして本当に嬉しく思います。
    81プロデュース様、サクセス様、関係者の皆様方、本当にありがとうございました。

    大好きな松来未祐さん。
    そしてその松来さんの演じられたキャラの中でも、私にとってアカイイトの桂ちゃんは特別な存在でした。
    アカイイトのサイト更新が終了してもぅだいぶ経っていましたが、それでもついつい月に一、二度は更新がないか確認してしまう。
    桂ちゃんはそれくらい本当に魅力的なキャラで、是非 続編をと ずっと待ち焦がれておりましたが…
    松来さんによる新たな桂ちゃんの活躍という可能性が失われてしまい、本当に胸にポッカリ穴が空いたようです。
    そんな中で麓川先生、ひととせのひとひら・睦月の掲載 本当にありがとうございました。
    松来さんの声で脳内再生しつつ、何度も楽しませて頂きますね。
    アカイイトを始めとする、これまで松来さんの演じられてきた全てのキャラクターや作品群、ラジオや曲の数々は、今後も私の中で生き続けるでしょうし、心を癒す大きな支えにもなってくれると思います。
    松来未祐さん。 生まれてきて下さって、そして声優という道を選んで下さって、本当にありがとうございました。
    これからも、ずっと貴方のファンでいさせて下さいね。

  • 匿名 より:

    思い返せば数年前。滑り止めにしか受からなかった後に1ヶ月遊びまくっていたときにアカイイトの分岐100%やったなぁ。タイトルの意味は百合を直感できる者としては素晴らしいかったです。そんな作品に出演できて松来さんは幸せでしたね。

    そういえばアオイシロのラジオのmp3をHDD保存してたな。あとで聞き直そう。

  • OXYGENE×幻想惑星JMJ より:

    他の作品で松来さんの名を知ってましたが、彼女が演じた羽藤桂は私にとって憧れの対象であり、アイドルみたいなそんざいです。
    それほど悲しみも大きいけど、冥福をお祈り申し上げます。そして、いい旦那さまを出会えて幸せになるように・・・。

  • 絲絽 より:

    私事で恐縮ですが、アカイイトのドラマCD「京洛降魔」を聴いたのが奇しくも松来さんがお亡くなりになられる2日前でした。
    資格試験の追い込みでストレスがピークになっていた私のささぐれだった心をほんわかと癒してくれました。
    アカイイトの続編が出るかどうか解りませんが、もし続編が作製になった時、松来さんの声が聴けないと思うと残念です。
    私も松来さんの様に「私は、私に生まれて幸せです」と言えるような人生を送れるよう頑張りたいと思います。
    謹んで哀悼の意を表します。

  • 松来乃山 より:

    まずサクセス様。このような場を設けて頂き、ありがとうございます。

    一カ月経った今でも何を語るべきなのか、気持ちの整理がついておりません。
    ですが、これだけは心から言えます。私は松来さんのファンで居られたことを誇りに想います。
    松来さんと繋がった全てが宝物です。特に松来部屋の「あなただけの着ボイス」は今聞いても恥ずかしいやら嬉しいやらで、にやけてしまいますね(笑)
    本当にありがとうございます。

    最後に81プロデュース様にお願いがあるのですが、ライブDVD…は難しくても三十路バンドオリジナル曲の販売等はできませんでしょうか?あのキャッチーなme&youがもう一度、聴きたいです。