このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

アミューズメント事業部

Blog

9年越しの完結。

こんにちは。
くろねこです。

アミューズメント事業部では、毎年卓上カレンダーを作成し、
取引先のご担当者様にお配りしております。

2021年版は2か月並んで見られる2連式。

例年のように年末年始のご挨拶に伺うことは難しくなっておりますが、
カレンダーの完成により、もう年末か…としみじみしております。

 

今年中になんとかしなくてはと思っていたことなのですが、
長年お世話になったiPhone6sを卒業し、iPhone12に機種変更しました。

データ移行は億劫だし、大きさはiPhone6sの方が良いなと躊躇していましたが、
ようやく機種変更できました。
5年間の沈黙を破り、ダブルスコアの飛躍です。
ここ数年、通勤時には既に充電が死んでいる日々だったので、
1日中充電がもつことがこんなに快適なんだと驚いています。

 

携帯の画面が大きくなったのをきっかけに、
ついに、動画配信サブスクリプションデビューをしました。
見逃したドラマや見たかった映画を通勤時やお昼休みに楽しんでいます。

最近見終わった作品は、
『それでも、生きてゆく』
友人に妹を殺された兄と加害者の妹が出会い、
悲しみを乗り越え、明日への希望を見出そうとするヒューマンドラマです。

2011年の放送時、あまりに感情移入してしまい
ドラマが終わってしまうのが耐えられず、
最終話を見ることが出来なかったのですが、ついに完結させました。

セリフの表現や感情の描写が素晴らしく、
豪華な俳優陣の繊細かつ鬼気迫る演技は当時と同じように感動でした。

その一方で、視点が変わることによって、
見えるもの、感じるものが変化するのだと感じました。

9年前の当時と今では、
出会った人が増え、経験も少なからず増え、
自分の中の言葉や表現も増えました。
同じインプットでも、感情のアウトプットは異なり、
今だからこそ持つことが出来た感情の感覚がとても新鮮でした。

『表現の引き出し』を多く持つことは仕事をする上で重要だと思っています。
今話題のモノや新しいコンテンツに触れ、感覚をアップデートしていく。
それと同じように、昔のモノや名作コンテンツを見返して、
『視点の引き出し』を増やすことも面白いのかなと思いました。

 

今年もあと少し。
コロナで大変な日々でしたが、充実した1年だったと思えるように
インプットとアウトプットの時間を大切にしたいと思います。

とりあえず、お休みの日は家でゆっくりドラマ見ます。

ではまた次回🐈

もう今年も11月か・・・

どーもー、ヴェスパです。


いやーもう今年も残りちょっとになりましたね!毎年思うんですけど、1年って早く感じません?高校生の時とか長かったんですけどね。

そんな疑問も心理学的に説明されてるそうです。

ジャネーの法則
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャネーの法則(ジャネーのほうそく)は、19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書[1]において紹介された[注 1]法則。主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。ジャネの法則とも表記する[2]。
簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)と主張したものである。

へぇ~ですね。

でも言われてみれば確かにそうなんですかね。
体感が違うだけで実際は同じなんですけど、主観時間って不思議ですね。
感情でも違いますよね!
パチンコスロット打ってると、はまりは超絶長く感じるけど出玉があるときは早いとか。
時間って不思議です。

皆さんはどうでしょうか。
同じように感じてらっしゃいますでしょうか。
もしそうであれば、今年の残りを大事に過ごしましょう!!

ではでは~