このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

アミューズメント事業部

SucSucBlog

ムカーシ、ムカシ、平成の最初のころ

Pocket

コンチャ!
画像や映像を作ったり直したりする仕事をしている「ララァ」(男)です!

前回の記事のオチですが、
無事、ウェルカムボードは完成し、
披露宴は無事、幕を閉じました。

……しかし、似顔絵完成後にまさかもう1枚、
「似顔絵じゃなくてオシャレな看板も追加で作ってくれ!」
なんて言われるとは思わなかったよ!

さて、話題は変わりますが、
先日、珍しいゲームで遊んだのでその紹介をいたします。

『Bob Ross The Art of Chill Board Game』

ムカーシ、ムカシ、平成の最初のころ。
(確か)BSでやっていた海外の絵画番組があり、
その番組内で美しい風景を描いちゃうおじさんをテーマにした
海外のボードゲームです。

プレイヤーは、このアフロのおじさん、
ボブ・ロス先生よりも早く美しい風景がを描くのが目的なのですが、

このおじさん。
めちゃくちゃ手が早い!

ボブロス画法と呼ばれる手法で
あっという間(当時の番組の放送時間となる30分)に美しい風景画を描くため、
このおじさんを知っている方々は、
自分を含め「なにを無茶な…!」と思うのですが、
だれでも楽しくお絵かき気分が味わえるゲームです。

(内容物の随所にあるボブの似顔絵アイコンがじわじわくる!)

こちら、海外のゲームではありますが、
和訳をしていただいた方のおかげで楽しむことができました。

当時、チビッコだった自分は、
楽しそうに絵を描くこのおじさんに憧れて、
TVの前で水彩絵の具を並べてマネしてたのですが、
使ってるの、油絵具ですよね……
TVを見ながら自分なりにマネしていたら
『このナイフで……』「ナイフ!?」
と、小学校入りたて(だった気がする)の当時の自分には
未知の領域がたくさんありました。

現在、画像や映像を作ったり直したりするお仕事に就いているのは、
このボブの番組を見て、
当時の自分なりに頑張ってマネしていた
そんな経験によるものなのかな?と思います。

新たなる時代となる『令和元年』
あの頃の憧れを忘れずに立ち向かってゆきます!

それでは!

前のページへ戻る