このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

アミューズメント事業部

SucSucBlog

デザイナーとしての誉れである!

Pocket

コンチャ!
画像や映像を作ったり直したりする仕事をしている「ララァ」(男)です!
あけましておめでとうございます!

画像や映像を作ったり直したりする仕事をしていると、
家族、友人から「画像や映像を作ってくれ!」と頼まれることがあります。

過去には、友人の結婚式のプロフィールビデオや、
地元のイベントのチケットとポスターのデザインなど、
近しい人からのお願いに限り、いろいろ作ってきましたが、
この前の年末のお休みの時に
デカい「お願い」が舞い込んできました……。

 

 

 

弟の結婚式のウェルカムボードだっ!
(いつも私事ですみません)

3月の中頃、とても大きな会場でやるらしく、
「ふたりのデカい似顔絵」が欲しいとのことです。

「やったぜ!」「おめでとう!」「がんばるよ!」
と素直に思えればいいのですが、
普段、画像や映像を作る仕事をしているため、
真っ先に思うのが以下の3点でした……

「いつまで?」「サイズは?」「参考にふたりの写真をよこせ!」

そして返ってきたきた返答は

「写真はないです」

ちゃんとイチャイチャしたところを写真に収めなさいよォォォ!

「特徴を掴んでればいいよ」

その特徴を掴みたいんだよォォォォォッ!

……という、やりとりがありました。

デザイナーとして成果物を見せたときに、聞いて悲しいのが
「違います」と言われることだったりします。
なので、作業着手前には少しでも多く「資料」が欲しい!

普段のパチンコ、スロットのお仕事でも、
「違います」と言われないための「資料集め」がとっても重要で、
この資料集めが不十分だと、
・アイデアや方向性を掴めず、考える時間が増える
・わからないところを想像で補うしかない(しかも間違っているかもしれない)
・出来上がったものを「違います」と言われる可能性がグンとアップする

……これは良くないですよね。
なんせ、頼まれたのは似顔絵なので、
「似てないと話にならない!」
嬉しくなければウェルカムボードじゃない!
大至急今すぐにでもイチャイチャしてもらわなければ……!

本来ワタクシ、ララァは、
映像編集やロゴ・テロップ、エフェクトづくりなどが作業の中心で
キャラを描いたりするイラストレーターではないですが、
こういった自分の技術を見込んでお願いをされることは、
兄として、デザイナーとして、とても名誉な事なので、
ふたりの門出のために頑張ります!

……今月はキツいので来月から。

前のページへ戻る