このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptが無効になっている場合は、有効にしてください。

アミューズメント事業部

SucSucBlog

欲しいものは電気ケトルです

こんにちは。たろーです(・ω・)ノ


だんだんと、日常生活が戻りつつありますね。
あと月曜日が15回来たら、今年が終わります。

今年過ぎるの早すぎないかああああ( ꒪﹃ ꒪)
と思いながら、自粛生活を振り返り、
変化があったことを3つにまとめてみました。


①お菓子が作れるようになった
 友人オリジナルの激うまチーズケーキのレシピを教えてもらい、
 連日連夜、製造してました。

 ※紅茶のチーズケーキです🧀

②痩せた
 ダイエットに励んでた時は、一向に痩せなかったのに、
 4キロ痩せました。今までどれだけ外食してたんだ・・恐ろしや。。

③甥っ子が成長した
 1月生まれの彼は、すくすくと成長しております。
 きっと将来、コロナベイビーと言われるでしょう。
 (ちなみに私はゆとり世代と言われています。)


自力で動くことができなかった甥っ子が、
今は自分でひっくり返って、ハイハイしているのを見ると、
”自粛中だから”という理由で、何もしないが正しい、だから何もしない。
と、自分を怠けさせていた気がします。


日々成長する甥っ子を間近でみて、我々大人たちも成長しなきゃ!
と、いま家族で資格受験ブームです。
私もお休みしていた勉強を再開しました。


合格して、サクセスの資格奨励金制度を活用して、
欲しいものを買いたいと思います!
(調理器具を新しくしたい・・!)


ではまたっ(・ω・)ノ

ララァの奥儀伝承

コンチャ!
画像や映像を作ったり直したりする仕事をしている「ララァ」(男)です!

サクセスへ入社してから4年が経ち、
なんとワタクシは今年度、新入社員の教育担当に任命されまして、
意気揚々と研修メニューを考えていたら――




というアクシデントがありながらも、
4月からの在宅期間を乗り越えた6月より、
AfterEffectsを使った、エフェクトづくりを中心とした
各種指導をすることになりました。

(さらに…)

【パチンカスの養分日記】

11回目ということで今回は遊技機から離れて
個人的な趣味のご紹介をさせて下さい。

その趣味とはズバリ「金魚」

2年目を迎える程度の初心者なのですが、
子供が掬ってきた一匹の「和金」からスタートして、
みるみるうちに200匹程度に増えてしまいました(汗)

一番の魅力は掛け合わせで自分の好きな「形」や「柄」を創れるところです。
自分の理想の金魚を創るには、水温、給餌量、水換え頻度の3要素が重要で、
本気でやろうとすると尋常ではない労力がかかりますが、
ペットとして飼育する分には全く手間もかからないですし、5年~10年は楽しめますので、興味のある方は是非お声がけ下さい。

なかなか癒やされますよ。

《つづく》

ウィズコロナ

先日行きつけだった飲み屋がつぶれていて悲観しているじゃがビーです

みなさんの周りの生活もかなり変化していると思います

急激な変化で精神的にまいってしまう方もちらほらいるようで
「早く収束してくれ」っと願っています

が………

都内の感染者数も日に日に上がり続け
緊急事態宣言解除されたとはいえ
個人にできる事といえば感染リスクを避ける為の不要不急外出が主になりストレスもたまっていくばかり


そんなコロナ渦で Web飲み会、LIVE配信と、新たな発見!?挑戦!?もする事ができ
これはこれで良い機会だと前向きにとらえて日々生活しています

 

AM事業部でももちろんウィズコロナ!!

出退勤の時間変更 デスクの間隔をあける 社内会議での密を避ける 
打ち合わせはWeb会議 社内セミナーは基本NGなど様々な対策をしつつ
7月からほぼ全スタッフが出社して引き続きより良い作品を目指し頑張っています

 

そんなAM事業部の受付映像がこの度リニューアル
4月から新たに加わった若きクリエイターが作成してくれました
こんなご時世ではありますが来社する機会があれば映像をじっくりご覧いただき感想などきかせて頂けると励みになります

 

それではみなさん、ウィズコロナで頑張って生活していきましょう!

星に願いを…

はじめまして。
くろねこです。

2020年も半分終わりましたね。
7月です。七夕です。

コロナウイルスの影響により、ご来社のお客様も少なくなっており、
ご覧いただく機会がなかなかないかもしれませんが、
受付に笹を飾り、社員の願いを短冊にしたためております。

私も星に願いを…
と思ったのですが、全然思い浮かばない!
「Switchの抽選当たらないかな…」ぐらいしか思い浮かばない。

願いや望みが次から次へと湧いてくるようなキラキラした日々ではなく、
起きて身支度して、仕事して、帰ってごはんの支度して…
淡々とした日々になっているのかなと考えてしまいました。

働き始めると、新しいことを始める機会は自ら積極的に作らないとなかなかありません。
歳を重ねるごとに、他者との距離感も含め「自分」というものが確立されて、
「自分はこうあるべき」
「これが自分だから」
という半ば強制的な思考に支配されていくように感じます。


先週、福利厚生の「エンタメ利用補助」を活用して、
映画『水曜日が消えた』を観に行きました。

(もちろん、ソーシャルディスタンスを意識した間隔をあけた座席、
 人が少ないレイトショーで安全に十分配慮して鑑賞しております。)

中村倫也さんが演じる青年は、
幼い頃の交通事故が原因で、曜日ごとに7人の人格が入れ替わる日々を過ごしています。

彼らは互いを曜日で呼び合い共同生活をしていますが、
その中でも地味な火曜日は、
他の曜日に掃除や荷物の受け取りなど面倒なことを押し付けられます。

そんなある日、火曜日が目覚めたのは水曜日。
いつもと違う1日を満喫しますが、
水曜日が消えたことで心と身体のバランスが崩れていく…


多重人格のSFサスペンスかと思っていましたが、
「どんな自分でありたいか」
「他者を認めることの大切さ」
そんなことを考えてしまうヒューマンドラマでした。

新しいことを始めると、おのずと願いや望みが湧いてきますよね。
一歩踏み出すのはとても勇気がいることですが、思いがけない自分に出会えるかもしれません。
それこそ、人格が入れ替わるような感覚すら感じられるかもしれません。

2020年後半戦。

会いたい人に会えなかったり、行きたいところに行けなかったりと
もやもやする日々がまだ続きそうですが、
星に頼るだけでなく、自分で願いを叶えるくらい攻めの姿勢で過ごそうと思います。

みなさんの願いも叶いますように。

ではまた次回🐈

« 古い記事